堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

清水屋の3が日と仲間たち

2021年01月03日 | 清水屋の仕事
杉並区妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。2021年をまたぎ妙法寺の除夜の鐘を聞きながら清水屋では揚まんじゅうの販売をしています。コロナウイルスで自粛を呼びかけられていてもお隣の妙法寺様が開門したら清水屋も営業することに。
 
 
      
 
コロナ対策を実施しながらの営業をさせていただきました。大晦日の夜中からひたすら揚まんじゅうを揚げていて
腰や、肩、腕と指がとても痛く例年になく疲れを感じやはり歳を感じてしいまいます。(笑い)
今回は、お客様も状況をしっかりと受け止めていらっしゃって大声を出すこともなく急がせるでもなく順番通りに並び喜んで揚まんじゅうを求めてくださっていました
 
 
 
清水屋にお嫁に来て54年目を迎える今年。
自分たちは家業として働くのは当然で、疲れていても頑張らないと!と自分に言い聞かせて頑張っていますが、正月でも清水屋のために働きに来てくれているメンバーにとてもとても助けられています。
 
      
 
忙しくっておせちなど作ることができないだろうと、昔からの知り合いが届けてくたり、買い物ができないだろうと言ってお野菜や、惣菜、漬物まで送ってくださる皆さんに清水屋は支えられていることにありがたく感謝の気持でいっぱいです。
三代目が今年から3が日は手打ちそばを休み全員で揚まんじゅうを売ろうと決めてスタッフの食事を作ってくれているのでみんなも頑張ることができているようです。
 
   
 
元旦の夜の食事の際に喜んでくれたのは三代面仲間の男性二人でだったり、遅くまでがんばったスタッフにおすそ分けしたりとみんなで美味しくいただきました。
自分と旦那さんも連日とても役立って救われました。
 
   
 
 
 
旦那さんをなくされて、正月を一人で過ごすより清水屋で頑張っている方がいいと言って頑張ってくれているスタッフや三代目のお仲間が来てくれたり、今年新たに入ったスタッフも三代目の仕事ぶりを間近に見ていて大変だろうからと3が日を手伝いますと頑張ってくれてなんとか2日めが終わり、やっとゆっくり眠ることができました。
 
3日めの朝
疲れ切ったまましっかりと寝てしまったので、部屋の窓をすべて全開にし空気の浄化をしました。
洗濯機を回し家事をする時間を少しと、これから仕事をするための旦那さんとの食事を用意して今日も元気にお客様に揚げたての
揚まんじゅうをお買い求めいただきたいと思います。
 
がんばっていきましょう!!

妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:11:00〜15:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
日曜・祝祭日 11:00〜15:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休 祝祭日は営業します。

 

 
 
 
コメント   この記事についてブログを書く
« 清水屋と一緒に頑張ってくれ... | トップ | 清水屋の正月を支えてくれた... »

コメントを投稿