堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

堀之内のおもてなし千日紅

2019年08月31日 | 商店会イベント

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。8月30日。今朝は5時に目が冷めちゃった!と、旦那さん。なんで?今日は朝の仕事を早く済ませて千日紅の作業を手伝うって約束したからだよ!じゃあ注文の「有吉忌」の注文も早く仕上げちゃうのでお願いしますね。昨日注文のまんじゅうを作ってあったので今朝は仕上げだけ。

 作家の有吉佐和子さんは、妙法寺のすぐ近く堀ノ内にお住まいでした。

   毎年8月30日には祈念碑前にて祥月命日忌の法要「有吉忌」が行われています。

   

仕上げ途中に、くにたちから金子さんが注文してあった培養土を届けにきてくれて指定の場所に収めて、祭りが終わったら白い鉢を持って、そのときに特大の鉢植えの植え替えを手伝わせてもらいますと行って国立ち居に戻っていかれました。

   

 午後には、たまたまお蕎麦を食べに来ていたパソコンの先生のみどりさんが伸びすぎた千日紅の枝を剪定、と、朝から手伝うと言っていた旦那さんが黒ポットに土を入れる作業をそれぞれにこなしてくれてとても助かりました。

   

急激な暑さのために育ちすぎた千日紅の花を切り取り新しい花が咲くために剪定して風通しの良い場所に移しました。三人で手分けして作業をしたので後少しの切り取りだけで済みそうです。

                

旦那さんのしてくれた作業に明日から最後の苗をポットに移し、千日紅の根が張るまでを待ち、2ヶ月後の千日紅市に無料配布する千日紅の鉢植えにもう一度植え替えて皆様に差し上げることになっています。  

切り取った千日紅は、余分な葉などをきれいに取り除き乾燥させます。後々、千日紅の三人の姫たちの冠になったり、千日紅のワークショップ「ハーバリュームに」使用します。

   

時折、揚まんじゅうの注文をこなしながら三人で作業を。昨年までの三人のお姫様の内紅姫と・千姫が卒業となりました。     日姫              紅姫            千姫

今年から地元杉並区でお姫様を募集することになり、只今、その準備をしているところです。

   

千日紅市でのメインである千日紅姫と御稚児様奉納行列の様子です。数年前からシャッター通りとなった妙法寺門前通り商店会を地元の皆様と一緒に千日紅の花を一本一本種から育てた千日紅の花です。

朝はやくに作業をしているとき、ちょうちょが傷つきながら必死で千日紅の花にたどり着いたのを目にしたとき、この傷ついたちょうちょが千日紅の妖精に見えました。大切に千日紅の花を育てて妙法寺に参拝においでの

方や地元商店街においでの皆様に千日紅の花でおもてなしをしてみようと感じた瞬間を覚えました。歴史ある妙法寺様に代々守られて反映したっ商店街を地元の多くの皆様のお力をお借りして未来ある子どもたちとともに千日紅の活動をもっと、もっと広げていきたいとっ強く願っています。11月3日に、千日紅市を開催いたします。

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« まんじゅうの注文承りました | トップ | 無邪気な内のやるき »

コメントを投稿