堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

清水屋のつきたて餅をどうぞ!

2019年12月31日 | 清水屋の仕事

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう  手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。恒例の餅つきも無事に終わり一年の終わりが・・・・・。

前日に餅米を研ぎ水を張っておきます。

      

蒸気でしっかりと蒸した餅米の匂いが作業場に餅米独特な甘くやさしい何故か懐かしい匂いが充満しています

昔は、石臼と胴突きで作業していましたが、三代目が手打ちそば店を始めるときに立て直しと同時に

今流の自動餅つき機に変わりました。手が不自由になった旦那さんにはとても助かっています

熱を冷ましながら餅を撹拌しながらついていきます

 

店に飾る鏡餅と、お客様から注文ののし餅を仕上げていきます。

旦那さんがついて自分が鏡餅を丸く型取りし、のし餅も、のして二人で協働で作業をします。 

                             

近隣のお寺様に毎年、沢山の鏡餅をお届けしていたのですが、あまりにも量が多いので

昨年からすべてのお寺様のお届けを断念させていただき、お店で注文されている方に

つきたてのお餅をお渡して、喜んで頂くことを張り合いに

旦那さんと二人力を合わせて頑張っています。

さて、餅つきが終了すると、いよいよ新年に向けてあげまんじゅうの製造準備です。

清水屋の仕事で、自分が一番好きな光景は旦那さんが餡の製造準備をしているときです。

途中で一番気に入っている場面が茹で上がった小豆をこれから煮詰める段階の

この小豆の姿です。

明日から揚まんじゅうの製造をひたすら頑張り三が日に妙法寺に初詣においでになるお客様に

揚げたての揚まんじゅうを召し上がっていただけるように沢山製造しておきます。

自分たちが部屋に戻る時間にも三代目は作業場で一人黙々と働いています。

何か手伝う?できることがないのでゆっくり休んで!と言われ、

おじいちゃんが昔、しげちゃん俺にできることがあったら何でも言ってくれよ!!の言葉が

急に蘇ってきて自分も今、おじいちゃんとおなじだな~と

しみじみ感じました。

堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します。

コメント   この記事についてブログを書く
« 歳末感謝祭終了しました | トップ | 手打ちそば清水屋三代目から... »

コメントを投稿