堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

清水屋と千部会

2019年05月13日 | 清水屋の一日

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋二代目おかみのブログ。妙法寺の千部会二日目。妙法寺の千部会は、自分にとって、堀之内のおもてなしとして「千日紅市」を始めたきっかけになった大切な行事でもあります。

5/12日。妙法寺においでになる方からお電話での注文をいただきましたが早い時間なので一日の作業をすべて前倒しでこなさなければ。暑い日が続いているので商店街のプランターにたっぷりのお水を上げる作業がまずいちばん。交通安全週間でお花を横におかせてもらっています。もう少しあとになると、環状七号線の交通量が多いので、児童たちを安全に通行できるように見守りながら旗をふるおじさんが、きれいに咲いているね~♬いつもご苦労さんだね、ありがとうございます。健康のために頑張っています!!と挨拶を交わすのが朝の日課になりつつあります。

     コンビニの弁当で朝ごはんを済ます。

赤飯と、山菜おこわ、揚まんじゅうの注文を10:30分までに仕上げなければならず、旦那さんがフライヤーの準備をしておいてくれたので揚まんじゅうから用意開始。毎年、千部会に来たら清水屋のおこわと、揚まんじゅうを買わないと!!麩まんじゅうがないのが残念だけどな。と電話でのお話でした。旦那さんが手が少し不自由になってから商品の製造を諦めたのに・・・・・未だに思っていただけることが嬉しいです。

  

20人のお世話になった方にお茶請けで出したいとのことでしたので小分けして包装します。粒あん・こしあん・かぼちゃ・黒糖の四種類がセットです。

 清水屋で赤飯も人気ですがこの頃は山菜おこわの注文が増えていて、出汁の香りが和菓子の作業場にも漂っていてなぜかホッとする。

 注文された方が喜んでお持ちいただき、朝、頑張ってよかたと、こちらまで嬉しい気分に。女将さん!お客様がみえています! 手打ちそばのスタッフに声をかけられて店に。商店会のイベントに協賛してくださる東京メトロの方々がにこやかに立っておいででした。早速、妙法寺の境内に!渡り廊下に出店しているので頼まれた品物を持っていくので先に行ってもらい、あとから妙法寺境内に。三人が一列にならんでいる様が東京メトロさんらしいと勝手に思ってしまい、なんかとても微笑まし光景でした。

   

しっかりと場所決めをされて、イベント当日には様々なことを計画していて、ジャグリングを披露してくださる方もご一緒くださるとのこころ強いことを約束して、お帰りになりなりました。

  

渡り廊下に出店されているお隣の方は山梨の身延からおいでになっている母娘です。一年に一度3日間ご一緒するだけですが家族のようにお付き合いさせていただいています。お母さんは身延に戻って、明日の朝また、おいでになるそうで娘さんが一人で頑張っていらしゃいます。

  

午後の読経も終わり上人様が退席されるときの厳かな雰囲気がとても身が引き締まる瞬間です。

            

毎年、千部会に渡り廊下で出店させていただき、上人様方のお顔を拝見し、地方から参拝に来られた檀信徒の皆様とお会いできることが、清水屋での過ごした50数年お世話になった皆様との懐かしい光景が目に浮かび皆様が健康でこの時期においでくださるのを楽しみに待っている自分がいます。この頃ではお顔を存じない上人様方も多くなっていることに、自分も歳を重ねたことにあらためて気づいた千部会の一日でした。明日13日は、茨木のお寺の皆さんにお会いできるのを楽しみにお待ちしています。

  

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 柏餅と手打ちそば | トップ |   

コメントを投稿