堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

清水屋での自分の仕事は

2019年10月19日 | 清水屋の毎日

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。妙法寺門前通り商店会主催のイベントが11月3日に開催のため7月から企画と準備が始まりました。ある方の考え方に当てはめた自分は、商売をしているが商売人ではない。利益を追求する考え方が足りていない。10月の清水屋を振り返ってみよう。10月1日。起きると、イベントのための千日紅の作業から。休みの朝は久しぶりにゆっくり起きてはじめる。   .

虫の被害に会った千日紅のポット一つづつ葉の後ろを点検するとほとんどの葉が切り取ることになってしまった。自分だけでは間に合わ無いと思い国立の知り合いに応援の依頼をする。それは大変と言って明日の朝一番に来ると約束を。

定休日なのだがこしあんの揚まんじゅうを旦那さんと製造する。                 10/2、千日紅の作業を朝早くからしようと早起きをして階段を降りるとなんとだんなさんが俺もてつだうよ!!

     

青白い顔をしているのに無理にvサインをして待っていてくれた姿に胸が苦しい。おじいちゃんとにてきた(100歳まで頑張った義理の祖父がよく言ってくれた言葉が有りました。

しげちゃん!忙しくって大変だな~俺にできることがあったら言ってくれよ!おじいちゃんありがとう~気持ちだけいただきますね~♬)旦那さんありがとう~明日、揚まんじゅうの製造が待っているので休んでいてくださいな。

約束通り薬をたくさん持って国立から応援に来て千日紅を見て、今日来てよかった、もう少し遅かったら全滅してたよ!短い時間しかいられないからと、薬の使用方法と、被害にあった千日紅の花をすべて確認して、葉の裏にいる虫ごと切り落とす作業を教わりました。大きなプランターの植え替えをしてくださって、次の仕事があるからと帰っていかれました。やりかけだっから近いうちにもう一回来るから頑張っていて!!

 

     

 

10月3日妙法寺縁日、手打ちそばのスタッフがいる間に旦那さんと朝からあげまんじゅうの製造をする。6日に、立正佼成会の御会式に出店を頼まれているので浸すたら揚まんじゅうを作る

本日の製造は、休みの日に旦那さんが仕込んだつぶあんの揚げまんじゅうを目一杯作りました。

    

 

10月4日。朝の千日紅の作業を少しだけ。虫取りのため端を切り落とすのでイベントまで300鉢を作らないとの不安が毎日心にのしかかってきている。元気な花に応援されているようだ。

    

作業を 終えてから揚まんじゅうの黒糖と、法事に使用する黒糖のまんじゅうを製造する。黒糖をん前日から溶かしておいて両方のまんじゅうを一気に製造しました。

 

    

夜には千日紅市野奉納行列の照明にいい方法は無いかと相談していた人が蝋燭の点滅のような電池を持ってきてくれたので以前、阿佐ヶ谷美術専門学校から受けた支援の灯籠を保管していたので試してみるとなんといねーじ通りでした。なんとか工夫して活かしたいと試してみる。

    

 千日紅の花の心配と千日紅市でのきたいと 、清水屋の出張販売とが頭の中でぐるぐると回っていることが疲れるのだがなぜか充実感に・・・・・。

 

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します。

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 清水屋 臨時休業させていただ... | トップ | 千日紅市当日です »

コメントを投稿