堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

柏餅と手打ちそば

2019年05月06日 | 清水屋の仕事

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋。二代目おかみのブログ。5月5日、端午の節句、和菓子屋にとってイベント当日です。

柏の木の新芽が出て育つまで古い葉が落ちないことが、子孫繁栄を象徴しているようで、縁起の良い食べ物として柏餅を食べ、邪気を払い健康祈願するのだと言われているようです。

    

柏餅を提供できたのが5月に入ってからだったので、お客様が気づいてくださるかどうか、とても心配でした。

朝早くから製造し、お客様のおいでを待つ緊張の瞬間を味わったのは数年ぶりでした。

店のイベントの際に、店にたつ瞬間に深く深呼吸を二度ほどし、ほっぺを両手で軽くたたく、肩の力を抜き、目いっぱいの笑顔を作り

いらしゃいませ~♬と、お客様をお迎えします。(若い時を思い出しました~♬)

清水屋の柏餅を提供させていただく。美味しく召し上がっていただくことが一番の目的。一つ、一つの生地にあんを包み両手で兜のイメージで形を作ります。

 

蒸し器で蒸し、途中、泡抜きなる作業を入れるのが良いのだと旦那さんいわく。柏餅は冷めないと柏の葉で包めないのでうちわで少し扇ぐと照りが増します。

味噌餡はないの?との声が多いのですが、今の清水屋では、餡の製造が間に合わないので粒あんと、こしあんの二種類ですが、愛情込めてお作りさせていただいていますので召し上がってみてくださいな~とお声がけさせていただきお渡ししています。

ご自宅用と、進物に分けて包装させていただき喜んでいただきました。

清水屋で人気の赤飯と、久しぶりに山菜おこわも提供することができてホッとしています。お客様が喜んでくださることが何よりのことと頑張って行こう!!と自分自身に気合を入れた嬉しい一日でした。おかげさまですべて売り切れとなり、最後は拍手でした。👏👏👏 ありがとうございました。

 

手打ちそばのスタッフのみんなも途切れることのないお客様の対応に頑張って三代目を助けてくれていました。三代目も忙しい中、富山の知り合いから送られてきた山菜のコシアブラを天ぷらにしてお客様に提供して喜ばれいました。帰り際に、おいしかった~♬と帰えられるお客様の笑顔が嬉しかったです。

 

端午の節句の一日無事終了しました。まるでご褒美のように、富山の知り合いから大好物のトマトがたくさん送られてきて大歓声です。

  

自分たちにできることを、お客様に喜んでいただけるよう、これからも頑張って行くパワーがいただけて、とてもやりがいのある一日でした。

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 清水屋の柏餅と、コシアブラ | トップ | 清水屋と千部会 »

コメントを投稿