堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

かぼちゃ揚まんじゅうと嬉しいお話

2017年12月08日 | 清水屋の一日

 杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう手打ちそば清水屋 おかみのブログ。旦那さんが病院から戻ってきて早速清水屋の仕事に。12/7日 まだ、作業が負担になってはいけないので本日から正月準備のため、・あげまんじゅうの販売は通常どうりさせていただきますが・せきはん・おこわ・団子など(土)・(日)・(祝)と予約注文のみとさせていただきます。ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが宜しくお願いいたします。揚まんじゅうも四種類あって餡が全部違うので、順番に作っても間に合わないことがあります。本日はかぼちゃあんの揚まんじゅうを製造しています。餡は前もって作っておきます。

           

朝から仕込んでも、結果的には製造が始まるのは夕方になってしまい、旦那さんの準備時間に今までの倍の時間がかかってしまいます。お客様に御迷惑をおかけしますが、それでも、羊羹はできた?最中の折り箱はできる?とお電話で品物ができるのを待ってくださる方、店に足を運んでくださる方に、励まされながら仕事をさせていただいています。

          

かぼちゃあんを包み終えたまんじゅうに、小さく切ったかぼちゃを一つひとつまんじゅうに載せてから一気に蒸します。かぼちゃあんは若い方や女性に人気がありますので、とても作りがいがあります。

          

出来上がってからしっかり冷ます時間を要し、それからあげまんじゅうように揚げるのです。注文を頂いてからあげますので、熱々を召し上がっていただくのが清水屋の揚まんじゅうです。

         

仕事中に商店会で嬉しいお話が飛び込んで来ました。妙法寺前に、セブンイレブンが只今建設中なのですが、そこでコインランドリーを開業された方がご挨拶に見えて、1月から妙法寺門前通り商店会に入会くださると約束をし頂きました。商店会も地域の方のご支援のお陰でイベントも年に2回もできるようになって、縁日に会員さんも通りに出店するおかみさんたちが、さらに今季限りで旦那さんが会長職を退くことになりましたが、若手の皆さんがあとを引き継いでくださることも決まって10年計画のシナリオ通りになって更に清水屋も三代目の娘にバトンタッチでき、自分たちのつなぎの役目が良い結果になってきてとても嬉しいです。旦那さん商店会の活動も頑張ってきてよかったですね。これからゆっくりした自分たちの時間を多くしましょうね。

        

       早速見に行ってきました。ちょうどお客様がいたので使い心地はいかがですか?と尋ねると、初めてきたんですが近くにこんな施設ができてとても助かります~とのお返事でした。外では子どもたちが珍しげに 中を覗いていました。会員さんが増えてくださるお話が自分たちへのご褒美でした。

 

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 

東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725
和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します。

         

 

 

 

 

 

 

 

         

 

 

         

                                                                                                                                                        

                                                                   

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 一人の時間 頂きました | トップ | 清水屋の毎日の出来事 »

コメントを投稿