堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

清水屋の一仕事のたのしさを~

2019年03月21日 | 清水屋の仕事

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう手打ちそば清水屋。いろんな出来事に遭遇しながら仕事をなんとかこなしていました。何十年ぶり清水屋の仕事がこんなにも楽しいのかと思える一日でした。3月19日。和菓子の清水屋の朝は、揚まんじゅうのフライヤー掃除から始まる。ウオーターフライやーで水と油が半々に入り油の鮮度が長持ちします。

 

揚まんじゅうをお求めのお客様ほとんどの方が初めてお買い求めのときに胃を抑える仕草をなさいます。それなのに食べると軽いね!うまい!と。

旦那さんがパーキンソン病になってから女将の手習いとして様々な仕事に挑戦してみました 。おはぎ、桜餅、道明寺、団子など大分できるようになりました。

 

本日、20名様の注文があり、糸切り団子に。旦那さんが仕込み、搗付き終わってからこ自分が切り分けました。 

 白、赤、黄色、草と、そこに餡を絡ませて出来上がりです。喜んでいtらだけると嬉しいです。

 

道明寺を、おはぎを、作り、揚まんじゅうを揚げて、お赤飯を計ったりと、昨日は和菓子の手伝いがいましたが、今日は一人なので、製造をこなしててんてこ舞いです。お客様にもご迷惑をおかけしてしまいますが、嬉しいことに優しい方ばかりで、反対に、よく動くね!お彼岸にしかこないけどあなたに会えてよかった!お嬢さんのお蕎麦美味しかった!旦那さんを大事にしてあげなさいよ!などなどみなさんと言葉を交わす楽しさと、注文をいただける、こんな幸せな商売ができることに感謝の気持ちでいっぱいです。外のベンチに置れている毛糸の座布団は一人住まいの女性の方が暇だからと言って編んできてくれたものです。 

テーブルの上に妙法寺さまで年に2回開催される子供食堂のチラシをおいてあり皆さんに見ていただいています。こちらには個人的にお菓子を提供させていただいています。

ちょうど京菓子の業者さんが大阪から見本を持ってきてくれて、こちらに決めました。お抹茶が振る舞われる際のお菓子です。

 

ドタバタした一日でしたがよく頑張った!!と自分を褒める。今日一日、清水屋の仕事に燃えて見て、こんなにたのしい~♪と思えたこと初めてかもしれない

お客様に助けていただいたおかげです。ありがとうございました。

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 清水屋の一日 | トップ | 縁日と清水屋の赤飯 »

コメントを投稿