堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

お彼岸の中日と清水屋のおはぎ

2021年09月23日 | 清水屋の仕事

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。お彼岸になると旦那さんのおじいちゃんとのことがいつも頭に浮かびます。

100歳間近になってもお世話させていただいていました。

しげちゃん!しげちゃんとお呼びがかかります。(笑い)お彼岸におはぎを作るのがいつの間にか自分の仕事になっていて

朝食を済ませて、これからおはぎ作りしてくるからね、デイケアーのお迎えが来るまでの間まっていてくださいな

しげちゃんは、もうおはぎ作りの職人さんだね。いつもすまないね、なにかようじがあったら言ってくれよ俺も手伝うからな!

ありがとうおじいちゃん。お気持ちだけ頂いておきますね~♬

いつもは三代目とスタッフに任せていますが、お彼岸と中日には自分で、昔からおいでのお客様に

頑張っている姿を見ていただき、自分で作るおはぎを提供させていただいています。

おじいちゃんとの二人の会話が思い返されて胸が熱くなります。

嫁に来てはや53年が過ぎました。清水屋を旦那さんと二人で次の代に渡すまでと頑張ってきて

自分たちも歳を重ね、旦那さんはパーキンソン病を患いながらも三代目の支えになろうと必死にできることを頑張ろうとしています。

自分もボランテイア活動で千日紅繋和会として地域と商店街の活性化に日々取り組んでいます。

お彼岸の中日は、清水屋の仕事だけを頑張ろうと心に決めています。

三代目の仕事はとても丁寧で見ていても気持ちがいいです。久しぶりに朝の作業を親子三人で

させてもらえていることに気づきなんとも言えない充実感が~♬

団子は三代目が受け持って、旦那さんは彼岸団子を更に23日は妙法寺落語が開催されていて木戸銭をいただくために

清水屋のお菓子が出されています。

 

たまにはおまんじゅうではなくみたらし団子をカップに入れてお持ちして見ようと!

珍しいと喜んでいただけるといいねと三人で決めました。

夕方ご近所さんが自分の大好物の五目寿司を差し入れしてくださって

ちょうど電球を旦那さんの代わりに、つけ変えに来てくれた娘と三人で分けていただくことにしました

忙しかった中日も無事に終わることができ、いただきもので夕食もでき、久々の清水屋の一日の仕事をこなせてよかったと

ホット胸をなでおろしています。

明日は、おはぎを作ったら千日紅の花の作業を頑張らせていただきます。\(^o^)/

妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋                

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:11:00〜15:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
日曜・祝祭日 11:00〜15:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休 祝祭日は営業します。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 千日紅の花摘みをご一緒に | トップ | 千日紅市に向かって作業は続く »

コメントを投稿