堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

清水屋の 世代交代 まじかに

2020年10月19日 | 清水屋の毎日

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。清水屋も世代交代が急ピッチに進んでいます。

旦那さんが、仕込み中に良く転ぶようになり、見かねた三代目が、そばの営業終了後、旦那さんの手助けをかって出て注文用の餡の製造工程にチャレンジしています。

三代目も旦那さんの餡が好きなので、旦那さんの手順に従って楽しそうに頑張っています。

重たい餡も軽々とこなしているさまを見て、若さにはかなわないと目を細めている旦那さん。

後で、本当は重さがきついと三代目が申していました(笑い)

10月に入ってからお客様からの注文が増え、まんじゅうやお供え餅など自分にも役割が回ってきました。

女将の手習いの効果が出てきたかな?お供え餅も形が良くなったと旦那さん言われてルンルンです。

おまんじゅうも女将の手習いを続けてきた効果があると言われて喜んで頑張っています。

蒸したての熱々とフワ~フワ~感をお客様に提供出来たらどんなに喜ばれるだろうか?と引きびわ間近にも感じてしまう。

揚まんじゅうも四種類を交代で製造しスタッフのみんなが販売を頑張っていてくれるのがとても嬉しいです。

  

自分たちも徐々に仕事から離れていて、注文があったときには頑張りますが、スタッフのみんなが三代目を中心に活動していて手助けをされることが多くなってきました。旦那さんの頑張りも見るに忍びないことが多くなってきて自分たちの引き際が近いと感じています。

 

清水屋の朝、三代目のそば打ちから一日が始まります。

スタッフのみんなに助けられて、のれんがかけられて清水屋の営業が元気に開店です。

 

清水屋は家族三人が、お互いにできることを根気よく頑張って来ました。

お客様に喜んでいただけるようにスタッフの皆さんと想いを一つにして

妙法寺名物揚まんじゅう手打ちそば清水屋として、これからも皆様の喜ぶ笑顔をいつも思い浮かべながら

自分たちの選んだ仕事に、自信と、誇り、を持って働かせていただいています

三代目を中心としたスタッフともども今後もどうぞ宜しくお付き合いくださいます様

お願い申しあげます。

二代目は、「千日紅の花と笑顔のおもてなし」を念頭に地域の皆様のお役に立てるよう頑張って行こうと心に決めています。

もちろん旦那さんと一緒に歩んでいきますので応援宜しくお願いいたします。

妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:11:00〜15:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
日曜・祝祭日 11:00〜15:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休 祝祭日は営業します。

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 清水屋はまんじゅうの注文承... | トップ | 清水屋の一日と注文の製造 »

コメントを投稿