堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

清水屋の人気商品をイベントに

2020年11月08日 | イベント

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。何年ぶりでしょ?杉並フェスタに伺ったのは・・・・

コロナウイルスの自粛生活が数ヶ月も続き清水屋の和菓子部門も9月すぎまでとてもつらい時期がありました。そんな中久しぶりの大きなイベントに出店するにはとても大きな決断と体力が必要でした。

 

旦那さんも力を振り絞って久しぶりの大きなイベントで販売する赤飯や山菜おこわを前日に遅くまで仕込みを頑張っていました。

普段の数十倍の量の赤飯を炊き上げて、三代目と、蕎麦のスタッフと三人で朝の5時から計り切った当日の朝。

久々に山菜おこわも仕込んでもらいイベント会場での清水屋の人気商品が揃い踏みです。

イベント会場まで揚まんじゅうのフライヤーと揚まんじゅうを4種類用意し、8時30分までに桃井原っぱに搬入です。

店開きの準備をしていると、保健所の方々が販売商品の届け出通りか?確認に。更にイベントスタッフの皆さんが人数の確認、検温と回ってきていよいよ販売です、

土曜日のせいもあって始まると同時に揚まんじゅうをお求めのお客様でいっぱいになって、あれよあれよと売れていきました。

知り合いの皆さんが立ち寄ってくださってとてもなつかしく感じました。2時30分過ぎに3時までに終わるようにとの声がかかりました。

今回の会場には、テントの横幕も無く機材を置いていきたいのだがこのまま置いていっていいのかイベントスタッフにお聞きするとすべて持ち帰るのが原則とのことで、結局油が覚めるまで一人残ることになってしまいました。

自分たちの前での会場は、無いやらバッテイング会場のようでした。今回は周りを見て回ることができずに終わってしまった

三代目の知り合いのお二人が搬入から搬出まで受け持っていただき出店ができています。

二度目の荷物を取りにもどって来るまで待っている間にカメラの汚れを拭き取りながら試し撮りをして時間と、寒さをしのいでいました。

最後のフライヤーを店まで持ち帰るためにお二人と旦那さんが来てくれましたが、疲れ切った旦那さんの姿が・・・・・。

お二人が朝から助けてくださって杉並フェスタに出店でき、お客様にも喜んでいただけてとても助かりました。

店に戻ると、三代目も昨夜から、今朝に旦那さんの手助けをして、手打ちそばの営業を終えたので、こちらもお疲れの様子です。清水屋の仕事はとても力仕事が多く、なれない仕事を頑張った疲れが出ていました。みんなで朝から食事らしいものを食べれてないのでお腹が空いていたので娘が用意してくれていたお寿司が届き、美味しくいただきました。旦那さんは食べるとすぐに休みました。

イベント会場での手伝いをしていただいたことを振り返って商売の楽しさと人様の対応などについてしばらくお話をさせていただき疲れ切っていた体が少しづつ元気が蘇ってきた気がしました。明日も早くから赤飯の注文が重なっているので、先に、休ませていただくことに。

助けていただきありがとうございました。

妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:11:00〜15:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
日曜・祝祭日 11:00〜15:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休 祝祭日は営業します。

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千日紅奉納祭に向かって | トップ | 清水屋の11月の出来事の振り... »

コメントを投稿