堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

清水屋のお客様に助けられて

2020年07月13日 | 清水屋の一日

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋二代目おかみのブログ。朝から暑さが半端ない。旦那さんが心配で見に行くとやはりまだ横になっていた。

昨日、朝からずーっと仕込みをしたり、昨夜から仕込んでいたモナカのつぶあんを炊いたりと頑張っていました。

窯の暑さに耐えきれず、水分補給のホッとした瞬間をパチリしちゃいました。

 

3代目も、そばの仕込みの前に、水ようかんを仕込んでいました。親子でよく頑張っています。

朝の店回りを確認しながら自分にも一呼吸入れて気分を切り替えます。

手打ちそばの店内に花をいけて、あとはスタッフにおまかせします。

旦那さんとの昼食は久しぶりにナポリタンスパゲッティーを作ってみました。懐かしいな~と、言いながら美味しく食べました 

旦那さんは食欲が落ちるとすぐに痩せてしまうので、できるだけ好みのものを作るようにしている。仕事を頑張ってもらい健康でいてもらうために食事は大切にしたいといつも気をつけている。

7/12血圧が低すぎて置きれない旦那さん。薬を飲む都合があるので先に朝食の準備から始める。朝はできるだけ早くできるようにパンに

旦那さんには苦手なパンのときに少し盛り付けに気を使うと、おっ!うまそうだねといいなが食べる。

 

牛乳と大好きなバナナがあると喜んで食べている。

少々体重増加が目立ってきた自分にはネバ ネバ野菜にしてみる

朝食ができたので、よびに行くと旦那さんがいない。作業場に行って朝の仕込みをしていました。

仕込みだけしたらあとは休ませてもらうから。無理しないでくださいな

朝食を食べていると3代目から

揚まんじゅうが忙しくってスタッフ二人がオロオロしてるから見てやって!と呼び出しがかかる。

揚まんじゅうは大丈夫なんですが菓子折りをお願いしますとのことで、じゃあどれ?と聞いたら

お客様が自宅用だからそのままで良いとおしゃったので渡しましたとのこと。

山梨の知り合いか恒例のたくさんのとうもろこしが届く。

 

おじいちゃんがいたときにはいつもこんなに送ってもらって~、うまそうだなと言いながら自分と二人で100本近くをむき

旦那さんがせいろで蒸してくれて、商店街の皆さんに熱々を人数分配り喜ばれています。

今では70本で足りている。昔から周りに配ってもいいようにたくさん送ってくれて感謝しています。

旦那さんが蒸してくれている間に、千日紅の水やりの作業を頑張り蒸したてのとうもろこしを早く食べてもらいたいので

アチラコチラにお届けをして途中、体に異変が

大汗をかきながら動き回っていたので身体が冷え切リ水分も不足して下半身がつってしまい、

なんとか店まで戻りましたが痛い!痛い!足が両足つってしまい、ちょうど3代目とお仲間が店内にいて

「筋肉がつったときにはこの薬を]と言って漢方薬を、娘はひたすら両足をこすってくれて

お仲間の一人も見かねて背中を擦ってくれて、片付けていたスタッフにはお湯を沸かしてもらい

散々迷惑をかけてしまいました。 お客様に助けられた一日でした。

大いに反省と、同時に娘やお仲間の皆さんの優しさに本当にありがとうございました。 

 

妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:11:00〜15:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜15:00 夜、予約のみ
日曜・祝祭日 11:00〜15:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休 祝祭日は営業します。

             

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 清水屋の和菓子コーナーの見直し | トップ | 清水屋の店周りがきれいにな... »

コメントを投稿