堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

妙法寺名物あげまんじゅうのために

2020年01月03日 | 突然な出来事

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう  手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。新年早々三代目のアクシデントで清水屋を守るために

頑張らねばと自分に強く言い聞かせ、何んとか目の前の現実を受けとめようと思うのですがほんの瞬間でしたがパニクっている自分がいました。

大晦日の11時30分から妙法寺の開門と同時に初詣でにおいでの皆さまが清水屋の名物揚げまんじゅうを求めて立ち寄ってくださいます。

正月の清水屋を支えてくださっているのは妙法寺に初詣においでになる多くのお客様と揚まんじゅうを販売するためのスタッフです。

こんなにも力強い味方がいてくれる清水屋の営業をしなければと自分は揚まんじゅうをひたすら揚げる、

毎年、大晦日の夜中の手伝いをしてくれる女性2名、三代目の友人が助っ人に来てくれて午前3時過ぎに大晦日の販売が終わりました4時間の仮眠を。

1月1日の朝。7時過ぎに目が冷めて、旦那さんも暮から無理をしていたので体調が悪い様子なので本人に任せておくことに。娘もあのギックリ腰では到底無理

このままにしておけないし販売の準備をしながら思い悩んで、だめでもともと

自分がいつもお世話になっている治療師さんにパソコンのメッセージで娘がギックリ腰で動けずに、いたがっているので助けてほしいと無理なお願いを

なんと11時頃来てくださるとの返事があり、ありがたいことで感謝のきもちで思わず手を合わせていました。ありがとうございます。

スタッフに連絡をして営業を休むかどうか決めようとしてみたところ後藤裕子さんが一番に心配して駆けつけて来てくれて

すご~く嬉しかった。頑張ってくれると言ってくれたので、やはり営業をしようとはっきり決断しました。

なんと、いつものメンバーの半分の5人の力であげまんじゅうの販売をさせていただくことができました。

朝から何も食べずに働いていて4時30分にスタッフの一人が帰る予定で何もしてあげれないと思っていたら寿司屋からお寿司が届きました。

三代目が申し訳ないと用意してくれたようようでみんなだ美味しくごちそうになりました。

昨夜は腰が落ちて今にも座り込んでしまう姿勢だったのに治療していただいた結果 体が真っ直ぐに立っていました。

ギックリ腰になったときにはどうしよう?どうしよう?2日からのそば打ちができるかなあ?どうしよう?とパニクっていましたが

治療してくださった先生が2,3日は無理をせずに休ませて上げてくださいと言われていたので

無理せず体を大切にしなさいと本人に伝へると安心したのか2日に休みを決意したようです。

1月2日の朝

三代目のギックリ腰を公表して営業をさせていただきました。スタッフのみんなも頑張っ手伝ってくれているので

自分もあげまんじゅうをしっかり4時30分までずーっと上げ続けることができました。

旦那さんは手伝いの男性と一緒につぶあんの揚まんじゅうを製造することができて安心しました。

揚まんじゅうの販売も5時すぎに終了し、旦那さんたちが製造した揚まんじゅうを片付けて7時過ぎに

三代目がみんなに申し訳ないと言って昼と夜に食事の用意をしてくれて昼はハッシュドビーフ(美味しかった~♫)

 

夜には鍋が用意してあり、いつもお世話になっている商店会の栄寿司さんからの差し入れがありみんなで分けていただきました。

鍋の後は雑炊と最後に清水屋特製の羊羹と(三代目が買い求めてあった)日本茶で美味しくお腹一杯になりなりました。

1月3日

暮からほとんど休むことができず新年の挨拶もできないことが気がかレですがまずは一度寝ないとと昨夜は10時過ぎにとこに入ることができました。

不思議なことに地震の揺れで起こされて、ブログを書いています。あとひとつ気がかりが千日紅作業の水やりが心配なのでこれから作業をしてきてから

清水屋の営業準備ををすることに。本日の営業が終わったらお世話になった皆様に新年のご挨拶をしたいと。

堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します。

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 手打ちそば清水屋三代目から... | トップ | 妙法寺名物揚まんじゅう清水... »

コメントを投稿