堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

お彼岸と月見団子

2018年09月25日 | 清水屋の仕事

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう手打ちそば清水屋。お彼岸と月見団子。素朴な生新粉の香りと少々固めに練った団子を噛み締めて食べてみる。半端な数が出たときにはオープントースタなどで焼いて醤油をつける、さらに2~3回繰り返す、香ばしい醤油の香りと、もっちりとしていながらしっかりと歯ごたえのあるだんごの味を楽しみます。素朴なそして昔なつかしい醤油の味が感じられて好きな味です。

  

 残念ながら現代ではお月見団子も忘れられている。自分でさえもここ数年お月見をゆっくり楽しむ時間がありません。

  

 手打ちそばのスタッフがこのメニュー本日限りなので~あまりにも美味しそうに食べているのでパチリです。(笑い)

  

 久しぶりに、山菜、五目おこわの仕込みをしています。コブと鰹節で出汁を取りもち米に染み込ませて使用します。作業場が出汁の香りで包まれて、思わず鼻の穴が大きく開き、目一杯の深~い深呼吸をしてしまいます~♬

 

この秋からの新作の味見を旦那さんが挑戦しています。自分はつけトロで元気をいただきました。歳を重ねた自分たちが娘の頑張りを頼もしく思える時間だね、、、と旦那さんの一言でした。

 お彼岸中には多くのお客様がお見えになります。おはぎは、定番ですがなぜか清水屋では、皆さんのお目当てはお赤飯やおこわです。本日もたっぷり仕込みました。

  

赤飯の仕込みからしっかり教えていただきながら、作業を見ていますが以外に塩水の打ち方や、蒸し時間などのかげんがまだまだです。旦那さんの元気な間に絶対覚えたい作業です。 

 

 仕込みは旦那さん製造は自分、二人三脚でゆっくり丁寧に仕上げたまんじゅうです。揚まんじゅうは機械で製造しますが他のまんじゅう類は手作りで製造し提供させていただいています。注文が多いので店頭に出るときが少ないのですが遭遇したときに味わってみていただけたら嬉しいです。

 製造中の楽しみが、、、内緒ですが

フカフカの出来たてをパクリと。おいしい~。頑張っているご褒美です。

仕事は、朝からたくさんすることがありますがおいでになったお客様が喜んでくださるので苦労もたのし~いです。\(^o^)/

清水屋は親子三人がが、スタッフのみんなと力を合わせて頑張っていますので今後もどうぞ応援宜しくお願いいたします。

 

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 祭りの注文 | トップ | 懐かしいかたがたがに »

コメントを投稿