堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

清水屋の一日と注文の製造

2020年10月29日 | イベント

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。今朝も千日紅の作業から始まった清水屋の定休日

三代目は都の振興公社の商店街支援を受けて、本日は竹内幸次先生のZoom対応などの指導を受けているようです。

連日仕事で時間に追われていながらも頑張っています。

10月に入ってから妙法寺様で法事をなさる方も少しづつ増えて清水屋和菓子部門も連日、製造に追われていて旦那さんと2人あたふたと嬉しく働かせていただいています。

本日は、つぶあんの揚まんじゅうを製造です。

久しぶりに大きなお供え餅の注文が入り、もち米の蒸されたいい匂いが作業場中に漂っていて何故かホッとした気分になれました。

この大きさが自分には限界かな?と思いつつ旦那さんの指導を受けながらなんとか仕上げることができました。重かった~。

 

二十三夜様の大祭でお供え餅とおまんじゅうを作らせていただき仕事ができる喜びを感じています。

焼印を押しながらほんのりと焦げ臭い匂いをかぎながら作業をしていると、和菓子を製造する仕事をできて嬉しいなと感じる

材料ごとに様々な季節ごとの原材料の~色合い、匂い 出来上がりの姿の変化がそれぞれに見えて楽しい~思えるようになっている自分に

ちょっと驚いている。

清水屋の仕事を終えると、11月3日開催の千日紅奉納祭の準備を手伝いに、しごとを終えてから来てくれた

橋本くんと一緒に作業を片付ける。橋本くんは咲き終わった花と残土を分ける作業をとても丁寧にしてくれるし

重たい残土をいともかんたんに整理してくれてとても助かっています。夕方から始まり

終わるともう真っ暗です。

最後にはミーテイングに集まった女性の集まりでイベントに向けてやり残しの作業をピックアップ

それぞれのグループに分けて分担して作業を頑張ることが決まりました。

集まったメンバーは10数年来のイベントのためのパートナーでそれぞれの役割分担ができるのでとても助かっています。

朝からなが~い一日が終わり、遅い旦那さんとの簡単な食事を

遅い時間なので、冷蔵庫にあるもので具だくさんの味噌汁になりました。

美味しい~。テレビを付けても目が閉じてきておやすみなさい~・・・・・・。

さあ、明日は千日紅奉納祭の最終仕上げにみんなが集まってくるので資料まとめなければ!

妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:11:00〜15:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
日曜・祝祭日 11:00〜15:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休 祝祭日は営業します。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加