堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

清水屋の自粛休業の振り返り

2020年05月01日 | 緊急事態宣言

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう手打ちそば清水屋二代目おかみのブログ。

緊急事態宣言を受けて【清水屋はコロナに負けない】と心ひとつにしたことからコロナ対策が始まりました。

営業時間を15時までとして、風通しのためドアを開放し、テーブルを外し、お客様との距離をとって椅子を置く。入り口には消毒薬を起き従業員もマスク着用を徹底して営業をはじめましたが・・・・・

緊急宣言を受けて、三代目は、お客様、従業員にコロナ感染から身を守るために、あんぜんの確保のため清水屋を臨時休業を宣言しました。従業員の生活もあるので交代で出勤していただき、店内をくまなく清掃するように作業日程を組みスタッフに通告がありました。

追加として、パーキンソン病の旦那さんと、喘息の持病を持っているお母さんは、マスク着用を徹底して

注文がない限り部屋から出ないように❣❣との命令がありました。

お客様に対しては

「コロナ感染拡大防止の為の自粛営業について

4月8日~22日まで手打ちそばの飲食部門は休業いたします。

揚まんじゅうやお赤飯などは、店としての準備ができ次第販売を始めたいと思っております。

休業中であっても、すでにご注文いただいております商品はご用意いたします。

営業再開後も、皆様が安心してご来店いただけるようスタッフ一同努力してまいります。

終息するまでの間、お客様にもご理解とご協力のほどお願い申し上げます。」

看板が出されて清水屋の臨時休業が更に日にちが伸びました

この看板を出してから清水屋のスタッフにより店内清掃が始まりました。

プロの人、顔負けな程に細かい部分まで丁寧に拭き取っている。

 

 

三代目とスタッフが、連日店内の清掃に励んでいる中、

和菓子部門も揚まんじゅうの製造に励む日もありました。

清水屋はコロナに負けないを合言葉に連日清掃に励んでいます。

スタッフが頑張っているので自分でもできることをしなければ!千日紅の作業をしながらマスク作りに

挑戦してみることに。自分が裁縫が苦手なことを知ったスタッフの一人が手を貸してくれて

ミシンを扱ってくれることになりました。裁断とアイロンがけを自分が担当。

スタッフの清掃場所が和菓子の作業場に移ってきました

つるし雛も片付けましょうと言いながら清水屋のコロナ対策のためのお掃除はまだまだつづく。

妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント