堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

清水屋の振り返り

2020年02月14日 | 商店街視察に

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋二代目おかみのブログ。

1/21日 清水屋の新年会 明治製菓の宣伝みたい!!爆笑\(^o^)/

三代目の体調もどうにか戻ってきたところで清水屋の新年会が行われました

二名ほど欠席でしたが手打ちそばのスタッフはみんなにぎやかで楽しいひとときを過ごすことができました。

1/22日 昼 堀之内小学校二年生の授業で千日紅の刈り取りと、ハーバリュームの指導に伺いました。

千日紅の花だけと言われていますが、やはり多めの種類を用意しておいてよかった。

グリンキーパーの皆さんと二年生のお子様をおもちの、おかあさん

方もたくさんの方が手伝ってくださってとても助かりました。

         

目をみはる作品が次々にでき、みて!みて!写真撮って!!次から次に得意顔で見せてくれました。

 

1/22 夜 臨時役員会出席したのだが・・・・

前回の役員会で杉並区の補助金でイベントを2つに渋る必要ができ、夏のふれあいまつりと、

歳末感謝祭を会長以下、若手の役員さんで開催を決めて

千日紅市は自分の仲間の千日紅同好会で開催を持続すると言うことで決定していたのに

役員会に何年も出席していない若手の役員さんが3名出席されてイベントが商店会で開催しないことが

わずか数分で決定されたのには言葉も出ませんでした。 

わかりました。

流石にこの場所にいる必要がないと早々に退席させていただきました。

中小企業診断士の先生もあまりにもの状態にただ呆然とされていました。

1/23日 気分転換

 

12年間 商店会と地元の方々のお力添えで妙法寺門前通り商店会のイベントで14,000人の来場者がおいでになるイベントをなんの説明もなくやめると言われた地域の方のことを思うと心が痛い。

 

千日紅の花がないときに通りにデビューを待っている花たちに水やりをしながら心落ち着かせてみる。

1/24日・25日 旦那さんとの朝食

気持ちがまだ落ち着かず、自分自身を取り戻すため毎日の生活を見直している。 

         

25日 旦那さんとの朝食  頂いた山芋を連日食べている二人。

 

1/25日 旦那さんと三代目の優しさに・・・・

自分では気をつけているつもりだが・千日紅市を頑張ればいいじゃないかなにかのときには手伝うぞ1!

 

やる気のある人がたくさんいるんだから商店会の人に助けてもらわなくってもできるって!!どうしても困ったら

私も手伝うから!!

   

吹っ切れた瞬間でした。

 

 

旦那さんも、三代目も自分の仕事で目いっぱいなのに落ち込んでいる自分に気遣って元気になる言葉をかけてくれて

嬉しかったけれど、心配させて申し訳なかったとの思いでおおいに反省しました。清水屋の仕事があることが嬉しい。

名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

商店街視察旅行に。

2017年11月23日 | 商店街視察に

 

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋おかみのブログ。11月21日・22日清水屋の定休日を利用して杉商連主催の ㍻29年度商店街視察会に旦那さんと二人で参加してきました。最初の視察先は甲府市城南商店街振興組合。こちらでは七福神の「えびす神」を祀るえびす講祭りの行事が大きなイベントとしてつながっているようです。オリオンスクエア-に込められた~夢~光あふれる、~降り注ぐ~星が(人)通りが「広場」街の広場の象徴に全面ガラス張りの明るいアーケードがあり、様々な出会いの広場として地域の方々のロビーやステージとして活用されているようです。

 

    

妙法寺門前通り商店会の狭い空き店舗があり、出店してみたいとおしゃって先日お店に来て下さ方の参考になる店舗を見つけたので帰ったら早速お話をしてみようと思いました。縁日やイベントの際にも役に立つ情報をゲットできました。

 

 

 

昼食は甲府駅からすぐの、甲府名物の小作のちゃんこほうとうで、かぼちゃも里芋も柔らかく、とても美味しくいただきました。お腹いっぱいになりました。満足~♫

朝日通り商店街 こちらの商店街ではハナミズキを商店街のシンボルに様々なイベントを地域の皆さんと開催している協働で地元密着型商店街のようです。

 

 

 

            

 

ハナミズキのみ頃には、イベントとしてハナミズキ祭りが多くの人を集めているそうです。花が中心と地元密着型、近隣の学校の皆さんに協力していただいて様々なイベントを開催しているなど妙法寺門前通り商店会と似通った活動をされていて、とても参考になることが多い商店街で、千日紅の花の活用法がひらめきました~☆彡

一日目の最後は サドヤワイナリー見学でした。

 

 

ワインの蔵の中を説明をしながら案内していただきました。時代を感じさせる光景に皆さん見とれていました。

    

 

   

 

ワイナリーの見学を終えて今夜お世話になる下部ホテルに到着。楽しみな宴会と夕食です。席につくと本日の料理の準備が用意されていました。

    

 

   

 

この他にも、煮物、焼き物、五目炊き込みご飯、汁物、デエザートなど目一杯ごちそうになりました。

 

 

 

    

 

 

 

  

 

宴会の後はロビーで和太鼓や餅つきのイベントが賑やかに開催されていて多くの方が餅つきに参加されてつきたてのお餅もいただくことができました。幸せ~♫

一日目終了~おやすみなさい~。

視察二日目。「身延駅前 しょうにん通り商業協同組合」「平成の古都」と名づけられた美しい和風の街並み。ポイントとして、個人的な利害よりも街の将来像を優先させようという住民の思いが街作りを成功させ、商店街を活性化へと導いた。とのことでした。三人の理事さんから20年前からの取り組みのお話をお聞きして、補助金の活用額にとても驚きました。人力車などの活用をお聞きしたとき、やはり国からのお金を使うとこんなにも街を統一できるんだ~。

 

頑張ってきた商店街も後継者となるべく若者がいないためかなりご苦労があるようです。理事の方が商店会活動もまちづくりも女性の力が大きく助けられていることがとても多いと話されていることがゆいつ頷ける言葉でした。

 

 

 

     

 

清水屋の家紋と同じ建物があり同じやまなしだからかな?

理事さんたちにお見送りさて何故かとても課題を突きつけられたような、心のなかに何か忘れ物をしたような~不思議な感覚なままにお別れしたのが少し心残りの視察で終わってしまいました。自分たちの商店街の将来にも目を向けなくては。。。。。。あとでゆっくり考えてみよう。

最後に紅葉まつりに行く途中雨が降ってきたので旦那さんと途中で諦めて、綾小路きみまろのお店に立ち寄ってバスに戻りました。

 

      

 

    

 

 

今回の商店街視察に来て多くのことを振り返るタイミングができました。自分たちの商店街活動の方法や、よその商店街の取り組み方もとても参考になるお話が聞くことができたり、日本の昔からの文化の継続の必要性などまだまだ知らないことが多いことに気づいた旅でした。よかったことは旦那さんと一緒にゆっくり時間を過ごせたた旅でした。

 

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725
和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します。

 

 

  

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手打ちそば清水屋を貸し切りに。

2017年10月20日 | 商店街視察に

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 おかみのブログ。10月16日、福島県南相馬鹿島商工会から10名のみなさんが妙法寺門前通り商店会においでになりました。妙法寺門前通り商店会活動公開と今後の交流に関する意見交換&懇親会 平成29年10月16日:午前11時 しんせん愛ランド似て。

最初に商店会長の挨拶で、始まり次に

   

 鹿島商工会代表草野様~出席者の皆さんに自己紹介をしていただきました。橋本さん、若松さん、西さん、星さん、渡部さん、高野さん、金子さん、星さん、鈴木さん千日紅市にわざわざ南相馬から物産展に昨年と今年とお出でいただきました。本日は、観光課のみなさんが妙法寺門前通り商店街の地域の皆さんとの街作りの活動と・千日紅市の取り組みについてお話をお聞きしたいとのことでしたのでイベント実行委員   山田 重子としてイベントができるまでをお話させていただきました。商店会活動について役員の立場から 織田久美子が10年間の商店会活動について会長さんとともに力を合わせて体験したことを説明させていただきました。

一番皆さんの元気のもとになると考えて「商店会とロックについて 」 しんせん 小笠原健悦社長の生き様とロックを商店会のイベントに取り込んだお話をさせていただき皆さんの驚きと年代が同じ方が多く話が盛り上がり皆さんとの距離がぐっと縮まり、和やかな雰囲気になりました。

   

話が盛り上がってきましたので、場所を変え食事をしながら、お話をしましょうと言うことで手打ちそば清水屋に移動しました。三代目が貸し切りの状態にして皆さんを迎え入れてくれて感謝です。80歳すぎてのご婦人二人が、コンビを組んでずーっと活動されているお話の中で、様々な取り組みをしてきたことを楽しそうにお話をされて要るかと思えば、原子力の被害でせっかく3つの村が統合されたのに、通り1つ違いで見舞金、補助金が、支給されたところと、されないところの、いがみ合いができてしまったことなど苦労が多かったにも関わらず、前向きに考えられる素晴らしさに敬服し見習いたいと思いました。ひょんなことから双葉郡川内村の千日紅の慰問に行っていることを話したときに、新妻幸子さんの名前が出てきて、商工会議所の活動で一緒に活動されていたとのことでとても深いご縁を感じました

   

デザートに揚まんじゅうを頂き妙法寺散策に伺いました。厄除け祖師妙法寺の仁王門をくぐると上人様が妙法寺内を案内してくださると待っていてくださいました。皆さん妙法寺のすべてが木造建築ですごいと口々に。祖師堂の中に入ると皆さんすごい~すごいと口々に感激しきりでした。寺院内を案内していただいていた際に、勉学に励んだ上人が目を患い、見えなくなったときお勤めをして、見えるようになったと日朝堂の説明が終わったときに、皆さん自発的に賽銭箱に賽銭を入れ手を合わせた姿を見たときに、頑張る人たちは自分の体にも気を配っているんだと感心させられました。これからお互いに友好関係が結べられるようになったら良いですねと、

どうぞお元気でまたお会いしましょうと、約束をして皆さんをお見送りさせていただきました。11月3日に南相馬に清水屋が出張販売に杉並区交流課の皆さんとお邪魔しますと伝えると、イベント会場に行くから会えるねと!コンビのお二人が嬉しい言葉を残してくださいました。困難にあっても過ぎたことを嘆いてばかりではなく次に自分たちができることはないかと力を合わせて模索している皆さんの顔はとても輝いていて素敵でした。皆さんにお会い出来たことに感謝です。

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋
東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725
和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加