堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ち蕎麦 清水屋

揚げたての名物揚まんじゅうと原料にこだわり作った季節の和菓子と手打ち蕎麦をご賞味ください

清水屋三代目 揚まんじゅう製造に挑戦

2020年05月18日 | 三代目の願い。

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚げまんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。本来なら15日~18日まで、旦那さんと二人ハウステンボスに旅行を予定していたが、新型コロナ感染の影響で中止となりました。清水屋の仕事は三代目に任せ、旦那さんと自分は連日千日紅の作業に力を合わせていました。

 

5月17日 三代目揚まんじゅう製造に初挑戦です。スタッフに指示をしながら本人も旦那さんの支持に従っている

旦那さんが揚まんじゅうの種を計測しながら仕上げます。だんだん力がなくなってきているので気にかけてくれている。

協力金の申請などの書類提出もできたので、三代目と手打ちそばスタッフのみんなが一緒に揚まんじゅうの製造を

旦那さんから伝授してもらうことになりました。

旦那さんからの指示を受けながら三代目が機械の組み立てと拭き取りをする

本日の揚まんじゅうは、かぼちゃです。

揚まんじゅうの頭にかぼちゃを小さく角切りにして載せる、蒸して出来上がりです。

機械を操作、揚まんじゅうの製造、かぼちゃを小さく切る、蒸し器にかける、仕上げる

出来上がってからの三代目の的確な指示を受けスタッフのみんなで作業分担をしている様子を見て

良いスタッフに恵まれ、三代目の人としての魅力を垣間見ることができた気がします。

    

清水屋はコロナの影響でやむなく休業と自粛の中でスタッフとともに清水屋全体の清掃にスイッチを切り替え

二代目のいる間に、揚まんじゅうの製造をスタッフとともに学びともに行動をすると決めたようです。

二代目を、清水屋から開放するべく努力を始めてくれたことに、親として感謝の気持でいっぱいです。

清水屋の仲間になったメダカたちも、毎日元気な姿を見せてくれて 、活気のもとになったいます。

千日紅の苗も17日までに1080ポッと出来上がり。一本一本丁寧に育てています。

三代目のおかげで千日紅の作業もはかどり、作業場の清掃にも手が回るように。

11月3日にの日紅市までの間に9000ポットが目標 手打ちそばのスタッフのみんな、旦那さんよろしくです。

 

妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手打ちそば清水屋からのお知らせ

2020年04月08日 | 三代目の願い。

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。

【 清水屋は、緊急事態宣言が出た事で1週間休業する事にしました。】

朝一番に三代目からスタッフ全員にメールが届きました。

その間にスタッフと共に職場の清掃を徹底的にこなし

コロナ対策を身につけ、お客様に安心しておいでいただけるように準備し

3蜜を避け、出来ることをして頑張りましょう
 
とんでもない事になりました。
これからのいろいろな事を想像するだけで不安になりますが
みんなで乗り越えましょう

お母さんはできるだけ表には出ないように!

店のこと、スタッフのこと、年寄り二人、を 守らなければという三代目の

コロナに向かう姿勢が強く感じました。

 

妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

清水屋の休日の2日間

2019年08月29日 | 三代目の願い。

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋 二代目おかみのブログ。妙法寺門前通り商店会の朝は6時30分行動開始です。

  

通りの掃除を終えて店の周りを点検して見ました。玄関に、お隣の妙法寺の上人から頂いたメダカがだいぶ大きくなって泳いでいます。

小さい子どもたちはこの前から動かずにメダカを観察していますがわかるような気がします。見ていて全然飽きない~♬

  

昨夜は、杉並区産業振興センター商業係開催の令和2年度商店街助成事業説明会に出席してきました。バスが遅れてきたために6時30分が少し過ぎてしまい部屋に入ったら沢山の方が座っていてかかりの方に空いてる席に案内していただきました。本当は会計さんと出席の予定でしたがお医者さまから一週間絶対安静を言い渡されたので一人の出席になりました。

  

用意されていた資料の中に三代目が写っている見覚えのあるサッシが混ざっていました。補助金の正しい使い方の説明がありましたが、杉並区の担当の皆さんもとてもやりづらそうでした。

お隣に荻窪からおいでの女性の方も、補助金を使うのをやめてイベントも実施するのをどうしようか迷っているとおしゃっていました。

  

8月28日。このサッシにの商店街パワーアップ作戦でお世話になっている東京都中小企業振興公社の担当者と竹内幸次先生が清水屋支援でお見えになる日です。旦那さんも、ゴミの担当で、早くから行動していて明日の注文のまんじゅうの餡を仕上げていました。

先生方がお見えになる前に二人の朝ごはん

   

 野菜炒めと、残り野菜のサラダと、巨峰のデザート。  

   

10時から三代目とともに竹内幸次先生の講義を受ける。手打ちそばの営業状況の確認からホームページの大切さと、ブログを根気よく続けるようにと、その内容や方法までもしっかり教えてくださるので三代目もとても心強く思っているようです。エアレジを、購入してきたので早く体制を整えるようにご指導いただきました。

商店街パワーウップ作戦(専門家派遣)で竹内幸次先生がお見えになっているときに取材がありその時のことがサッシに乗ったので竹内先生も初めてご覧になったようでした。

 

12時過ぎに旦那さんと治療院に行き、3時から税理士さんと今度は和菓子の清水屋の営業内容の今後について話し合いました。

イベントの最後のまとめをはじめて、気がつけが夜の8時になっていました。慌てて旦那さんとの夜ご飯を。

  

明日も注文のまんじゅうが入っているので旦那さんは食事をしてから、入浴し、もう寝るからと部屋に戻りました。

定休日の2日間もあっという間に過ぎてしまいました。

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋

 東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725

和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

清水屋三代目が頂いた嬉しい言葉は、、。

2017年08月21日 | 三代目の願い。
杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋おかみのブログ。手打ちそばのスタッフがいないので2日間フロアーの作業を手伝いました。一日目、母娘の対話の時間が持てました。2日めに三代目の仕事ぶりを朝からずーっと終わりまで見ることができました。

お客様の対応を頭では理解しているのですが、、いざ、営業が始まると、お絞りとお水、メニュー表とを持って注文をお聞きする。、伝票にかき、オーダーする。娘は作り、自分はお盆のセットそします、蕎麦豆腐を【本日のそばと同じそば粉で作った蕎麦豆腐です、召し上がってみてくださいませ】と言って提供する。できた順からお客様にお出し、頃合いを見て蕎麦湯をお持ちし、食べ終わったら熱いそば茶をお出しする。娘が一人で調理しているので待たされている方に配慮し冷たいお水のおかわりとおまたせしてすいませんと言葉をかける

下げた食器を流しに入れる、皿・コップ・ざる・湯呑み・徳利などなど分けて並べておく。会計に成るともっと大変です。エアレジというパソコンの小型化?にテーブル№、人数・品物名・計算と順番通りにしないとレジが開かない。毎日スタッフが一番時間をかけているのが理解できました。70過ぎのおばさんにはとても手こずる作業なのでその都度娘に助けてもらわないとできません。注文は、次から次に~作るのに手一杯の相手も手を止めるとお客様が待つ時間が長くなってしまうので注文伝票に金額を書き入れて、レジを少し開いてもらっておいてなんとかスムーズにさばくことができました。しかし作る側は、人気の天せいろやかき揚げ、冷やしたぬきと手際よくカウンターに出てくること。

天せいろ5まいおねがいします!卵焼きが入ります!と品物が別々が入ったりしても少しも動じずにテキパキとはい!!お待ちどう様!という具合です。待たされているお客様もすいませんもう少々お待ち願いますと声をかけると、大丈夫ですよ。こちらの卵焼きとお蕎麦を食べるのを楽しみに来ていますので、と嬉しい言葉をいただきました。

 (写真は写す間がなく以前のものでイメージとして。)

開業してあと数ヶ月で2年目となりますがよく此処までさばくことができるようになったと、、と、その時、食べ終わったお客様が今日は、謝らなければなりません!えっと驚いている私の様子に異変?と感じた娘が調理場から出てきました。するとお客様がいきなり深々と頭を下げて、前回立ち寄らせていただきましたが、女のヒトがそばを打ち、調理も一人でしていて長続きしないだろうと思っていた。しかし、味は変らず、丁寧な仕事ぶりを自信を持ってされている姿を見て、驚きましたし、自分の評価が間違っていたので誤ります。とても美味しくいただきました。その方の言葉に自分は嬉しさのあまり言葉が詰まってしまいました。娘は、ありがとうございます、気に入っていただけて、とても嬉しいです。おまたせする時間がかかってしまいますがこれからも頑張りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。と笑顔で嬉しそうに店主としてのご挨拶をしてました。親は負けました。三代目はちゃんと成長してました。

お母さんは何もしなくっていいから、スタッフのみんなに清水屋として当たり前に楽しく仕事ができるように、お母さんが今までしてきたことをスタッフに教えて見守っていてくれればいいからと、言われた言葉が思い返されて娘の言う通りに頑張っていこうと、三代目についていっても大丈夫と確信しました。

スタッフのいない2日間とても勉強になりました。そして年寄りにもできる仕事を割り振ってもらえたことに感謝した日でもありました。

杉並区堀ノ内妙法寺名物揚まんじゅう 手打ちそば清水屋
東京都杉並区堀ノ内3-48-3 TEL:03-3311-0725
和菓子:9:00〜17:00 毎週 火曜日・水曜日定休
   
手打ちそば:平日 11:00〜18:00 夜、予約のみ(17:00までに予約)、
日曜・祝祭日 11:00〜17:00(そばがなくなり次第終了します)
毎週・水曜日定休(3のつく日)、祝祭日は営業します 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加