脳機能からみた認知症

エイジングライフ研究所が蓄積してきた、脳機能という物差しからアルツハイマー型認知症を理解し、予防する!

「レビー小体型認知症」って増えてますが(再々掲)

2018年12月20日 | 二段階方式って?

先ほど保健師さんの指導をしていました。
「いつもじゃないけど、台所で炊事をしていると私の横で一緒に炊事をする女の人がいるんです」という主訴を持った方が相談に見えて、同行の娘さんが「母はレビー小体じゃないかと思うんです」といったそうです。
世の中に、認知症の知識が広まっていくことはよいことだと思いますが・・・それが正しくない時には、やっぱり弊害が起きてくるものです。
病名がつくと、妙に納得、安心してしまい「脳リハビリなんかやっても仕方がない」と思う人たちがたくさんいるからです。
このケースは、もともと妄想に傾きがちな方が、前頭葉機能が低下してコントロールが難しくなっているのだと思うのです(体調不良から、立ち上がりが難しい状態になり、外に出ることを全くしなくなって、日中は独居と、廃用性機能低下が起きる条件は整っています)。レビー小体型認知症はどういうものか目を通しておいてください。

 

またまた、保健師さんとの話(0点と1点の間)の続きです。
グループホームに入所した後に、改善がはっきりしてきたお母さんでした。そのお母さんが、たまたま受診したところ、ドクターから
「お母さんの認知症はレビーー小体型です」という「診断」が出てしまった…

「母のことは、二段階方式で勉強した通りの経過が追えました。本当に、脳の使い方で、症状が良くなったり悪くなったりするんですよね。生活習慣病という意味がよくわかりました。
そうなのですが、ドクターから「レビー小体型」と言われてしまうと、気持ちにすごく大きい影響を受けてしまうのです!?
やっぱり、ドクターから診断されるということは大きいです」


私「お医者さんより、娘のあなたの方がはるかに経過も現在の状態もよくよくわかってるんじゃあないですか?二段階方式の基本的な考え方『脳はイキイキと使う状況がなくなると、廃用性機能低下を起こして老化が進む。イキイキとした生活を取り戻すと改善する』で、説明がつかないとか納得できないことがありますか?」
「言われてみると、中ボケになりかけた昨年6月に受診した時も、『脳の画像には問題がありません。日にちを忘れることなんて誰にでもあります』と言われ、私の焦りは全く理解していただけませんでした。
進んでいく経過が見えるだけに、きちんとした説明を期待するのですが、それは今の医療機関ではやっぱり無理ですね・・・。」


私「認知症の専門であるほど、重症化してしまった人たちを診ることになるでしょう?小ボケや中ボケの人たちは専門医には受診しませんから。大ボケの症状に注目すると小ボケや中ボケの人たちの症状は、全くとるに足らないと思われてしまいます。脳機能という物差しを使えば、通常の老化とは全く別物の機能低下が起きていることはすぐわかりますが」

「今回の『レビー小体』の言葉は、認知症としての症状もかけ離れているので、気持ちとしては全く理解できない状態です!
幻視といっても、2年前に二度あっただけですし」


電話の後、レビー小体型認知症について調べてみました。
中核症状
1。注意、集中力の変動がある。
2。具体的な幻視が繰り返し起きる。
3。パーキンソニズム(パーキンソン症候群)が見られる。
4。レム睡眠時に、睡眠行動の異常が見られる。
バイオマーカー
1。基底核のドーパミン取り込み低下。
2。心筋シンチグラフで取り込み低下。
3。睡眠時ポリグラフで筋活動低下を伴わないレム睡眠。
 
これだけ並べ立てると、とっても特殊な認知症のようですね。
この中核症状に続く、診断基準を読んで唖然としてしまいました。
Probable DLB(レビー小体型認知症)
①中核症状4項目中2項目が当てはまる。または
②中核症状4項目中1項目。プラスバイオマーカー3項目中1項目以上妥当。
私にとってはバイオマーカーは専門外ですから、①を検討して見ましょう。
1。注意、集中力の変動は前頭葉機能低下の結果ですから、小ボケより症状が重い人にはいつでもおきます。このような場合に一番大切な「どの程度」が基準として示されてない状態で、どうやって1に当てはまると「診断」できるのでしょうね。
2。パーキンソン症候群は、一般の人たちはパーキンソン病とイコールだと思っていますが、無表情や小刻み歩行など小ボケの人たちでも起こす状態をパーキンソン症候群と言うのです。パーキンソン病と確定診断するためにはさらなるステップが必要です。
付け加えると、パーキンソン症候群も大体はパーキンソンと省力して言いますよね。余計誤解を生みます。
この1と2があれば、Probable DLB。日本語で言えば「多分」レビー小体型認知症。
しつこいようですが、この1と2があれば、レビー小体型認知症じゃないかと言っても間違いではない…ということになります。
「そう言われてみると、確か先生のお話には『レビー小体って言っても問題ない』というようなニュアンスがあったような気がします」

つまり、ドクターは病名をつけてあげたかったんだと思いますよ。
勉強すれば、アミロイドベータ説はもう使えないことは知っていらっしゃるかもわかりません。
原因不明のままとされている「アルツハイマー型認知症」というよりは「レビー小体型認知症」といったほうが、きちんと診断を下してあげた感が強くなると思いませんか?
診断を下された方は、今回のように納得できなくても!

ちょっと勉強した方は、幻視やひどい寝ぼけ行動のような華やかな(?)症状が、一般的なレビー小体型認知症の必須条件だと思っていませんでしたか。
それでも頻度やどの程度かが診断には必須のはずです。そこは置いておいても、その二つが二つともなくてもレビー小体型認知症(だろう)と言っても問題はないと知っていましたか?
私は知りませんでした。

付録
Possible DLB(もしかしたらレビー小体型認知症?)の条件
中核症状4項目のうち1項目。または
バイオマーカーだけが1項目以上
これなら、認知症ならなんでもレビー小体型認知症の可能性があるといってもいいことになってしまいます!(初掲載2017.12.17)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 朋有遠方より来る | トップ | あけましておめでとうございます »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

二段階方式って?」カテゴリの最新記事