お散歩撮影日記

野山に入りオンシーズンは蝶を中心に撮影しています。

シルビアシジミなど

2020年09月29日 | チョウ
9月29日

9月は富士山麓や南信を再訪したかったのですが、休日と天候が合わず、出かけることができませんでした。
もうシーズン終盤。どこへ行こうか。。。

まだ撮影経験のないシルビアシジミやツマグロキチョウを探しに行きました。
到着したのは良いのですが、どこがポイントなのか全く分かりません。
ひとまず散策開始。

草むらを歩いていると、早速お初の蝶が止まりました。

ツマグロキチョウ



結構な数を観察することができました。


更に進むと、少し開けた場所に出ました。
少し花があり、蝶が止まっていないか見ていると、


なんと!ミヤマシジミが飛んできました。



薄曇りだったので少し開いてくれました。



メスもおり、V字開翅



少し陽が出てきて

開翅してくれました。久しぶりのミヤマブルーでした。

ミヤマシジミを撮影していると、お久しぶりのMさんが奥の方から戻って来ました。
話を伺うと、どうやらこの場所がシルビアシジミのポイントで、先ほど一頭撮影したとのこと。
色々とアドバイスを頂き、探し始めました。

地面から小さな蝶が飛び出しました。これかなと追跡開始。
石に止まりました。

模様を確認すると、シルビアシジミでした!

こんなにも小さな蝶とは。。。

敏感な蝶のようですが、曇っている時間帯は気温が低いせいか近づかせてくれました。

マクロで。

メスが少し開いてくれました。


陽が出てくると段々と飛ぶようになり、オスも確認することができました。
追跡するのですが、なかなか止まらず、止まってもすぐに離陸。気温が上がり敏感に。
そしてツバメシジミもおり、とても紛らわしい^^;

そんな中でも、何とか開翅を収めることができました。





ミヤマシジミとはまた味わいの違うシルビアブルー。

ターゲットを撮影でき、また生息環境を見ることができ満足。
現地でお世話になったMさんありがとうございました。

これで今年の蝶撮遠征は最後かな。。。





コメント

信州の林道を歩く

2020年08月26日 | チョウ
8月26日

晴れ予報のため、信州の林道へ。
歩くのは嫌いではなく、雰囲気の良い林道なので歩きに歩きました。


イケマが多く、キバネセセリが来ていました。
撮影回数が少ない蝶。いつぶりの撮影だろう。


クジャクチョウ。やっぱり美しさはナンバーワンかな。
花にも来ていたのですが開いてくれませんでした。

アザミに来たのはスジボソヤマキチョウ。



本日のメインターゲットは3種いたのですが、狭い崖のポイントをゆっくり見ていたら
フワフワと降りて止まりました。

ツマジロウラジャノメ。


少し下のアキノキリンソウに止まりました。


翅に傷みがありますが、久々に撮影できました!

キベリは目撃できず。少ないのか、タイミングが合わなかったのか。。。

もう一度天候が合えば再訪したいところです。
コメント

富士山麓再訪【後編】

2020年08月11日 | チョウ
8月10日

クロシジミを撮影した後、歩いてヤマキチョウを探しました。
天候は晴れ渡る感じではなく、時々雲がかかるような空でした。
10時過ぎに一頭飛びましたが、止まらずにロストしました。

花の多い場所があり、歩いているとヤマキチョウが飛び出しました。

この写真しか撮ることができず、飛んで行ってしまいました。

11時過ぎまで、ピタリと止まってしまい、別のポイントへ行こうと車にカメラを積んでいると、後方からオスのヤマキチョウが飛んできました!(今日のクロシジミに続きこんなこともあるのですね)
急いでカメラバッグを背負い追跡を試みましたがロスト。
仕方ないかぁ、、、と下に目をやると、、、



何と!メスが吸蜜していました。



飛んでも近くの花に止まります。
しばらく観撮を楽しむことができました。


最初にオスを撮影した場所へもう一度見に行ってみると、オスがいました。





ヤマキチョウはなかなか近づかせてくれない蝶ですが

広角で撮ることができました。


ヤマキチョウを満喫することができたので、別のゴマシジミのポイントへ立ち寄ってみることに。
ゴマシジミは見つけることができませんでした。最盛となるのはもう少し後でしょうか。。。

アザミが咲いており、
ん??

ヤマキチョウのメスが止まっていました。

ゴマシジミをもう少し探したかったのですが、帰りの渋滞も考え帰路に就きました。
コメント (2)

富士山麓再訪【前編】

2020年08月10日 | チョウ
8月10日

富士山麓を再訪しました。
前回撮影できなかったゴマシジミ、ヤマキチョウがターゲットです。
早朝から現地入り。
以前から気になっていた場所をチェックしながら探索しました。



ムモンアカシジミは、前回の撮影したポイントの近くで見つけることができました。


キマダラモドキも多く飛んでいました。翅に傷がありますが美しい模様です。


ゴマシジミのポイントへ

チラチラと時々飛びますが、数は非常に少ないです。


産卵をしようとしていました。


ヤマキチョウのポイントへ移動し、車を止めて降りた途端に
クロシジミが飛んできました。



少しだけ開いてくれました。


後編につづく

コメント

キリシマミドリシジミ

2020年08月06日 | ゼフィルス
8月6日

キリシマミドリシジミのチャレンジは3年目。

戦歴はというと、
2018年⇒空振り(未発生?)
2019年⇒ポイントを変えて初めて飛翔を観察

そして今年は、、、昨年のポイントに行くか迷ったのですが、気になっていた一昨年のポイントを訪問することにしました。
現着は7時過ぎ。
7:30を過ぎると段々と高い部分から陽が当たり始めました。どこから飛び出すか分からないので視野を広角にして待ちます。
上段からキリシマが降りてきました!!
猛スピードの直線的な飛翔で、キラキラと翅表を見せながら通過。
実に美しいきらめきです。
9:30位まで幾度となく近くを飛びましたが、止まる気配がありません。
速くて最後まで追いきれない。
それにしてもナント美しい色なのだろう。。。

そして、、、かなり遠くですが高所にようやく止まりました。

スレがありますが、人生初撮キリシマミドリシジミです^^;


40分後くらいに遠いですが別個体が止まりました。先ほどより良い位置です。

シャッターを切りまくります。



開いたぁ!!



ストロボを使ったところ反応して閉じました。
翅裏も美しい。まだ傷みの少ない個体に見えます。



また開いてくれました!!
独りガッツポーズ(笑)



更に遠くにとまる個体を発見。
開翅しています。良い輝きです。



少し移動してまた止まりました。
欠けはありますが、とにかく嬉しい。。。


キリシマの飛翔もたくさん観察でき、来年の参考になりました。さらに撮影まで叶い、大満足の一日でした。

※全ての写真はかなりトリムしています。ピンボケ御容赦下さい。
コメント

富士山麓散策

2020年08月02日 | チョウ
8月2日

ようやく梅雨明けの発表となりました。
雲が多めの予報でしたが、富士山麓を訪問しました。

到着時は濃霧。肌寒いくらいでした。
昨年のルートをベースにして回ります。

キマダラモドキ



樹液を吸汁していました。


ムモンアカシジミ

尾状突起がかなり短いような。。。


広角で。
今年は複数頭見ることができました。

ヒメシロチョウ

近くを通ったためか偶然飛び出しました。
気温が低く、すぐに着地。

10時頃から晴れてきてかなり暑くなりました。

昨年見つけたクロシジミのポイントへ。
一番最初にふと見たフウロ?にクロシジミが止まっていました。
ラッキー!!

ここのクロシジミは白っぽい個体が多いですね。


広角で太陽を入れて撮影。



キレイなゼフも飛び出しましたが、、、
誰ゼフ??でしょう。たぶんメス。
オオミドリ?
ハヤシミドリ?・・・近くにカシワが無いので違うかな。。。

新規開拓をしようと入った枝道でヤマキチョウを一頭目撃しましたが、ほとんど止まらずロスト(泣)。
ヤマキチョウは撮影したい蝶なので、もう一回訪問できるとよいなぁと思います。





コメント (2)

ジョウザンミドリシジミなど

2020年07月20日 | ゼフィルス
7月20日

午前中の陽が差すとの天気予報を信じ、ジョウザンミドリシジミを探しに行きました。

何か所かハシゴ。飛びそうな「香り」のする場所を歩きます。
結構な数が飛んでいる場所もありましたが、止まるのは高所。
数は少ないですが、降りてくる場所を見つけました。

まだきれいな個体です。夢中でシャッターを切りました。


右前翅に若干のスレがありますが、十分な美しさ。












アスファルトに降りてくる個体も。


他に撮影した蝶です。
ブナを見つけ、フジが出ないかなぁと凝視していると、、、

なんと、ウスイロオナガシジミが止まっていました。

ゼフ以外の蝶を掲載するのは久しぶりな気がしますが(^^;

ミドリヒョウモン


スジボソヤマキチョウ








コメント

アイノミドリシジミなど

2020年07月16日 | ゼフィルス
7月16日

相変わらず天気予報に悩まされる日々ですが、今日は雲が薄くなるとのこと。

今年まだ満足に撮影できていないメスアカを狙うべく、昨年撮影した標高のやや高いポイントを目指しました。

現地は曇りで時々陽が差す天候。
ポイントで待てども全く気配なし。メスアカ今年はどうしちゃったんだろう??
場所を移動しようとしたときにゼフ♂が飛び出しました。メスアカだ!と思ったのですが、どうも飛び方が大人しい。

地面に着地。

アイノでした。キレイな個体です。吸水に降りてきたようです。

この後ようやくメスアカが出たのですが、降りてきてくれず、しかもかなり擦れた個体でした。
昨年は複数頭飛んでいたのに。。。

メスアカは諦め、エゾの様子を見に行くことにしました。
道中期待の持てるような晴れ間でしたが、現着するとドン曇り^^;

折角なのでポイントまで行ってみることにします。
到着したのが14:20
早速向かい側の高所で飛び始めました。結構な曇りでしたが、気温が高かったからでしょうか。
3頭ほど出て、どの個体も擦れがありましたが、ファボブルーは健在。



15:00になるとかなり暗くなり、風も出てきたため、帰路につきました。

思う存分晴れた日に撮影したいのですが、梅雨明けは??

これからゼフを狙うには、標高をもっと上げていかなければならなそうです。
コメント (2)

エゾミドリシジミ

2020年07月08日 | ゼフィルス
7月8日

天気予報が雨と雲マークばかりで、悩む日々。。。
今日も午前中はナカナカの雨降りでしたが、昼前に止んできました。
ふと、ベランダからポイント方面を見てみると、晴れてはいないが明るい。
山の天候はどっちに転ぶか分からないですが、、、出発。
狙うはこの場所では未撮影のエゾミドリ。

駐車場に入る際、ふと目をやると、何とOrchisさんのバイクが。。。
考えることは一緒です(笑)

14:30頃ポイントにつくと、森を凝視するOrchisさんの姿が。
12:20頃に来たそうであるが、何も飛んでいないとのこと。

天候は曇りで少し肌寒い。分厚い雲の奥に薄っすらと太陽のシルエットが見ることも。
条件は良くないですが、

『来てみないことにはハジマラナイ。。。』

Orchisさんも私もこの気持ちで臨みます。

15時を過ぎる頃から、太陽の明るさが少し強くなり、温かさを感じるようになってきました。

森の高所から一頭エゾが降りてきました。近くまで来ましたが止まらずロスト。

少しして森の中からまた一頭飛び出してきて、先の個体と同じようなルートでロストしました。
止まりそうで止まらない。

15:40頃、3頭目がまた森から飛び出しました。5m位のところを飛んでいます。。。祈る。。。

止まった!!

ノートリミング


何度か離着陸を繰り返しました(トリミング)


正面からも(トリミング)


眩しずぎるファボブルー(トリミング)

撮影時間は4,5分だったでしょうか。

この後もう一頭出ましたが、止まりませんでした。

4時ごろから晴れてきましたが、日が傾きポイント自体が影になってしまったせいか、エゾは出てこなくなりました。

最初は出てくるか不安な天候でしたが、本当に行ってみないことには分からないですね。
ほんの短い時間でしたが、撮影できて良かったです。

コメント (4)

アイノミドリシジミ再訪

2020年07月03日 | ゼフィルス
7月3日

昨日は晴天・アイノ日和だったのですが、行くことができなかったため、本日訪問しました。
・・・と言っても予報は曇り。

現着すると、ドン曇り。。。
バックミラー越しにOrchisさんのバイクが近づいてきました。
こんな天候ですが「行ってみないことにはハジマラナイ」ということで、二人で歩き始めました。

ポイントに到着。霧まで出てきて肌寒い。。。

果たしてアイノは出るのか。。。

少しすると霧がなくなり明るくなってきました。
時々雲の奥にうっすらと太陽の見えることもありましたが、気温が低い。
「頑張れ、お日様~!」と祈る。

8:30を過ぎると、弱いながらも日が差し、気温も上がってきました。

Orchisさんが、『出たぁ!!』と走る。

私も駆け寄ると。

5m位のところをアイノミドリシジミがキラキラと輝きながら飛翔しています。

止まりそう。。。フサザクラの葉の上に止まったぁ!

こちらを向いて止まってくれることも多く、クリソ色を満喫。



(トリミング)






段々と気温も上がり、3頭ほどが近距離でテリ張り。卍飛翔も観察できました。



活動時間終了間際、手の届きそうな所にも。

(ホンのちょっぴりトリミング)
ココに止まってくれたら良いね、とOrchisさんと話していた位置でした。

この後上がってしまい、曇が出てきてしまいました。

一時間待った後の充実の一時間半。

最初はどうなることやらと思いましたが、お腹一杯に撮影を楽しむことができました。





コメント (4)