タイダな日々

つれづれなる思いを時に熱く、時には真面目に語るつもりですがギャグ体質がどう出るか

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

破壊王フォーエバー

2006-07-18 23:00:40 | プロレス・格闘技
早いもので破壊王こと橋本真也氏の一周忌がやってきてしまった。
1年前の7月11日…。彼はもうリングに立つことは無くなってしまった。
追悼ハッスルは地元のパシフィコ横浜も聖地にも行ってきたけどさ。
やっぱり、今でも寂しいよ。

今、SAMURAIで追悼特集として「真撃」を放映しているが
動く破壊王を見るだけで泣けてしまう。
新日での雄姿、天龍戦、闘魂三銃士時代、IWGPチャンピオンとしての
Uインター対抗戦での高田との戦い、
オーちゃんとの間違いなくプロレス史に残る死闘、
ZERO-ONE旗揚げと三冠奪取、武藤、川田、小島とOH砲の名勝負、
ハッスル・キングや長州との再会…こんなにも破壊王を追い続けていた
自分に驚いてしまった。

プロレスラーの入場テーマには色々と素晴らしいものがあるが、
やはり「爆勝宣言」は群を抜いている。勇壮で大袈裟で。
敗北から何度も立ち上がってきた彼に相応しい曲だ。

注文したこのDVDが届いたら、
全編に鳴り響いているだろう「爆勝宣言」を聞いたら、
袈裟斬りチョップや重爆キックや垂直落下のDDTを掛けている
生きている、闘っているリングの上の橋本真也を見たら。
きっとまた、オイラは泣いてしまうんだろうな。


橋本真也一周忌追悼DVD-BOX 破壊王 橋本真也全集

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る
コメント (3)

恐怖を求めるオンナすの3

2006-07-08 22:34:24 | オカルト
 ~ええ、オイラにもありますよ。恐怖体験!
 こないだマウスが急に動作不良になったんですよ。
 え?ヘンな文ばかり書いてるから?それはプリンタが壊れた時のネタです!
 で、中身空けたら、ひええ~髪の毛がびっしり絡まってた!
 
 え、怖くない?じゃあ、最近届いたこの本は?
 ア○ゾンはもう少し発送早ければねえ。古城や無人館を独特の手法
 (赤外線カメラ使用)で撮り続ける彼の目下最新本。
 見える人には写真の建物の内部に蠢く影が見える…らしい。
 
 ゴシック好きにはぴーったり!書斎のインテリアにもいいかも。
 心霊建物写真集。
      ↓ 
幽霊城 サイモン・マースデン写真集

河出書房新社

このアイテムの詳細を見る



BGMにはこちら等。これも恐怖音楽の古典じゃあ!
         ↓
サスペリア
ゴブリン
キングレコード

このアイテムの詳細を見る

恐怖を求めるオンナすの2

2006-07-07 21:45:56 | オカルト
~私自身は霊感て無いんだと思いますよ。勘とか全く鋭くないし。
ええ、馬券は買わないとよく当りますけどね。いや、ディープじゃなくても。(笑)でも、皆さんそんなもんじゃないですか?
 でも、怪談とか聞いたりするのは大好きなんですよ。少し親しくなった人に
「何か、怖い話知らない?」とか聞いちゃうし。
 すると、けっこういるんですよね、いわゆる「怪奇体験」してる人って。

 高校の同級生でウチが歯医者さんのEさん。
 よく、学校で見てたって聞きましたよ。
 ウチはいわゆる私立の由緒ある女子校でね。戦前から建ってるから
 そのテの「学校の怪談」には事欠かなったけど。理事長の銅像が笑うとか。(笑)
 体育の時間。ウチは体育館が半地下にある構造でね。丁度、1階から体育館のバルコニーに出られるの。だから、よく先生とかそこにいるしね。
 Eちゃんも授業中に、女の子が立ってる、て気づいたらしいの。
 体育館て正面玄関入ってすぐにあるし、よく受験生とか見学に来てるし。
 別に変に思わなかったらしいのね。その時も。
 でも、アレって思ってもう1回見たら、当然いないんだって。
 そういえばあの女の子、ウチの制服の冬服着てたなって。
 当時、ウチの学校は夏と冬で全然デザイン違ってたの。 
 冬はセーラー服だから。真夏にあの服着るのはウチの生徒じゃないって。

 在学中はあんまりそんな話してくれなかったよ。他の人に見えないものを
 認めるのって抵抗あるらしいのね。
 でも運転中、いやだなあ~と思うと、横の道端に花束が置いてあるとか。
 駐車中の車に誰か座ってる、て通り過ぎて見ると誰もいない、とか。
 学校では、お昼パンの購買があって、凄い混雑するんだけど。
 よく、友達の服を引っ張ったりするじゃない?
 で、Eちゃんもよく引っ張られてたから、タイミング図って振り向いたら
 防空頭巾かぶって、モンペ履いた女の子がいたって。
 これも、卒業してから聞いた話かな。

 会社でも霊感強い子はいたなあ。行き着けの「拝み屋」さんがいるとか。
 その子は法事でも何でも、お墓参りには行かないんだって。
 行くと、必ずしょって帰ってくるからって…そうなの?
 1回、接待ゴルフでA市内のホテルに泊まった時、夜に
 おかしくなって窓から飛び降りそうになったとかってあったけど。
 
 歌手になるって言ってたバイトのHさんもやたら見えるって言ってたな。
 帰り道に公園の側を通ると、全身が透き通った人がベンチに
 座ってるとか。この世にいない人が見えるらしいのね。

 叔母さんもよく怖い話をしてくれたよ。田舎って怖い話の宝庫じゃない?
 叔母さんがウチに泊まりに来た時、亡くなった方の話してたら
 ドアがギーッて開いたりね。普段、ドアってそんな音しないよ。
 そうそう、別の叔母が亡くなった時、私の部屋からフラッシュ焚く音が
 してたらしいのね。
 その人はウチを見たがってたのに、来れなくなったからカメラで
 撮ってたんじゃないかって母親が言ってたけど。
 そうなのかな?整然、カメラに凝ってたのかな?

 後、迷信めいた話はよく聞くよ。不慮の事故で亡くなった子供の話。
 その子の名前が良くなかったって。
 ○○にまつわるとか○○と同じって田舎じゃよく言われてた。

 だから、今もニュースでそういう名前の子が亡くなった、って
 聞くと、ああ、そうなのかとかって思っちゃうよ。

 私自身はねえ…無いなあ。K公園が好きで夏とかよく行ってたけど。
 ある場所で写真取ろうとしたらシャッター降りないとか。そん位。
 
 でもゾクゾクっとした事はあるよ。沖縄の某島。
 島のどこに行っても不思議な金属音が聞こえてくるんだ。
 それが段々近づいて来るし。あれはアブダクションだよ。
 そういう時って、人気がないんだね。丸っきり。
 神かくしってこういう時に起きるんだと思ったよ。

 後ねえ、これは言わない方がいいな。え、聞きたい?
 うーん、話すと嫌な思いするんだ。だから。
 又、話す機会があればね。聞いてくれてありがとう。 
コメント (2)

恐怖を求めるオンナ

2006-07-02 22:21:31 | 音楽
そろそろ夏本番。オカルト好きとしてはこの季節は
特にそのテの本を買い込んでしまう。
スカパー!でも恒例の「稲川淳二モノ」を放映するし、
地上波でめっきりお目にかかれない「心霊モノ」が多くなるのは
嬉しいやね。昔は日テレの「あなたの知らない世界」とか
見てて…メチャメチャ怖がったりしていたもんだが。
どうやら、年とると恐怖感とか緊張感が無くなるみたいだ。

でこの時期聴く機会がグン!と増えるのは恐怖感と緊張感を齎してくれる
音楽。そうプログレにつきる
緊張感だけなら、ジャズのLIVE盤がスリリングだけれども、
別にそこに「恐怖は存在しない」。

しかし、プログレにはある。それがこの「エクソシスト」の主題曲だ。
恐怖映画のサントラとしてはもはや古典=クラシックとも
言えるだろう。余りにも有名で、今でも様々な
番組で効果音として使われる位だ。
前に「エクソシスト」をスカパー!で放映してたけど
肝心の内容よりジャケ写のシーンとあのテーマ曲ばかりに
気をとられていた…と言ったら映画好きの友人に呆れられました。
それ程、この曲には何かがある…と思う。

でもこないだ買った本にはこの「チューブラー・ベルズ」に
まつわる怪談が載っていたぞ。
(実際ホラー作品撮影時とか、いわくつきの楽曲録音時の
怪奇体験はかなり多い…。)
ある種の人々には、かなりな恐怖感を抱かせるこの名曲。
寝苦しい夜にお悩みのアナタにはぴったり…?


ジャケ写も秀逸!鬼才W・フリードキンのこだわり作品のサントラ
DVDよりこっちの方が怖いかも。
        ↓
エクソシスト
サントラ, ジャック・ニッチェ
ワーナーミュージック・ジャパン

このアイテムの詳細を見る


こちらも凄いぞ!あのテーマ曲の他名曲ズラリ!
          ↓
チューブラー・ベルズ 2003
マイク・オールドフィールド
ワーナーミュージック・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

晴天の霹靂すの2

2006-07-01 17:16:18 | プロレス・格闘技
木曜日は渋谷支店からW君が上のフロアに異動してきたんで
「ようこぞ、大手町へ」歓迎会を開催した。
場所は○ビルの「パパイヤの○」。しかし、ここのマネージャーがド最悪!
案内時に感じ悪いのですぐにハア?だが、喫煙席じゃない所に案内して「おタバコは控えめにして下さい」て客に注文する店がどこにある?
遅れて来たNさんも「すごい感じわる~い」と怒っていた。
肝心の料理もオイラの大好きな六の土地にある某店より落ちるし。(当り前か)
正直、つぶれろ!
またムダな怒りが…。

宴中にメールが来た。
「大変、小橋が手術だって!シリーズ全休だって。」
小橋って、ノアの鉄人の小橋建太?また膝が悪化したのか?
違った。誰もが予測できない衝撃の事態になっていた。
スポーツナビ | ニュース | 小橋が腎腫瘍摘出のため次期シリーズ欠場へ

小橋は今や堕ち切った日本のプ界で、その人間性とプロレスの質で
高い商品価値を誇り続ける稀な選手だ。
故ジャイアント・馬場さんに憧れ、全日プロレスを志望したものの
何の格闘技のバックボーンもない彼は受け入れられない。
社会人になってからも嘆願を続け、ようやく練習生として入門を
許された。しかし、待遇面で同期や後輩に遅れを取りながらも、
人の何十倍の努力で鍛錬を続けた。(彼の練習好きは業界1と言われる)
川田が抜けた超世代軍に抜擢された小橋はその後、三冠王者にも輝く。
ノア設立後には膝の大手術を敢行。1年以上にも及ぶ長期離脱を経て
三沢を倒し、同団体の至宝GHCヘビー級チャンピオンベルトを巻く。
その強さは「絶対王者」とも言われ、いつでも全身全霊の全力ファイトは
常に年間ベストバウト候補になる程だ。
その彼が…悪性腫瘍の疑い?嘘だろう?

プロレス観戦の長年の友、Tちゃんは彼の大ファンだ。
彼女と一緒に行ったトークショーやディナーショーでの生の小橋選手は
評判通り、いや評判以上の「いい人」だった。
ありがちな若い女性と野郎では対応が違う、というのは無くて
どんな人にも丁寧ににこやかに接していた。
Tちゃんの話では、サインを断っている彼を見た事は無いと言う。
なかなかできる事じゃない。

浮いた話が全く無く、未だに独身の彼は「プロレスと結婚した」
と言われる程。そんな彼がプロレスが出来なくなるとしたら、
余りに不条理だ。
しかし「鉄人」と称され、その心の強さで数々の試練を乗り越えてきた彼だ。
今回も復帰してくれるに違いない。
悪性腫瘍でも、復帰している選手はいる。ライガーや西村だ。
小橋ができない理由は無い。彼は努力で全てを可能にしてきたのだから。

彼のファンは、病魔との戦いに勝利する事を信じている筈だ。
小橋建太は今迄、彼等を裏切った事は無いレスラーなのだから。
コメント (2)