タイダな日々

つれづれなる思いを時に熱く、時には真面目に語るつもりですがギャグ体質がどう出るか

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

祝☆来日  永遠の王子様

2005-10-12 00:33:58 | 音楽
 インギンブレイに続き、今年の12月に又もやステキなお方が!
かの人の名はリック・スプリングフィールド!何と12年ぶりの来日。
何をかくそう、洋楽で最初に惚れたのが彼でした。
NHKのヤングミュージックショーで彼のLIVEを放送していたんだが…。
余りの麗しさ、カッコ良さに唖然ボーゼンヒーゼン(わかる?)。
当時、好きな人が某プロ野球選手位のてんでガキだったオイラでしたが、
まさにShot Through the Heart…。もんの凄い衝撃でした。
彼はオーストラリア出身で、自作曲でほそぼそと活動してたものの、
目が出ずに(メガデス?)、米のソープオペラ(昼メロ)の
「ジェネラル・ホスピタル」で青年医師役で人気者になる。
そこで俺の本業は役者じゃない、ロッカーなんだぜと出した
「Jessie’s Girl」が全米1位。見事、本懐を遂げたのでした。
米国では「ドラマ俳優」の色が邪魔してるが、日本では
ちゃあんと音楽的に認められてるんだぜ。しかし、イイ男だ。
その後長い間、マイタイプは「黒髪、ヘイゼルアイの外国人限定」 
にしてたよ。ははは…。まあ、若気の至りって事で。

にしても、こんなオイラだから韓流とかジャニーズにハマる
オバ様方の気持ちはよ~くわかる。年なんか関係ねえんです。
イイ男を観て、キャーキャー騒げるのってスゴイし、
ある意味とてもシアワセな事だよ。
だから、あの頃に戻ろうかな?
追っかけはさすがにしないけど、コンサートは行きますぜ~!
青春の日々よ、もう一度…。
ベスト
リック・スプリングフィールド
BMGファンハウス

このアイテムの詳細を見る
コメント (2)