タイダな日々

つれづれなる思いを時に熱く、時には真面目に語るつもりですがギャグ体質がどう出るか

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

独りごち

2005-05-30 23:32:27 | Weblog
 今日は休みを取りどしゃぶりの雨の中病院へ。帰ってきてずーとPCの前。
 ネトサーフしたり、駄文書いたり…。延々4時間は根を生やしていた。
 野球もプロレスもサッカーもF1も映画も無い日だけど。
 心は平穏、まるで凪のように。
 …ふと、この瞬間がささやかなシアワセなのかもと思った。

 で、サイト(注:ここじゃないよ)を衣替えしようと素材サイトを検索していたら
 まさに理想!ジャスマイターイ!なサイト様ハケーン!
 早速ブクマして飯&風呂&「テレチカ」後再訪したらば…。

 数時間後に閉鎖されてた……ってオイッッ!!
 これだから○○は××なんだよなと言うのはやめておこう。
 

F1欧州GP

2005-05-29 23:19:45 | スポーツ
 いやあ~今回も凄かった!面白かった!ドイツでのGP戦。
 スカパーで見たんだが、レース展開がめまぐるしくて解説陣と映像が
 合ってないんだってばよ。解説の熊倉さん、衣笠の声にクリソツでした。
 して、結果。
 又もやぶっちぎりで優勝かと思われたライコネン。リアのやばさを指摘されていたら
 何とファイナルラップでクラッシュ!タイヤが火を噴いて吹き飛んでた。
 優勝した後続のアロンゾの叫び声をモニターが拾っていたらしい。
 序盤ではラルフもリタイアしていたしスタートもアクシデントあり。
 素人目には面白いが、一歩間違えればあの世行きの危険なスポーツである事は
 間違いないのだ。だからドライバーは勿論、クルーも皆命懸け。
 メーカーの威信やスポンサーのは勿論、己の魂を賭けて音速の世界に挑む。
 ブルジョアのスポーツだし、実際オンボード映像なんかだとゲームみたいだけれど
 正に死と隣り合わせ。
 ミヒャエル・シューマッハは5位。でも当初10番手で抜きにかかったモントーヤを
 貫禄で抑えるトコなんざ流石!帝王、まだまだサビついちゃいませんぜ。
 次回のカナダこそ復活を!
 
 

1-0 UAE戦

2005-05-27 23:09:19 | スポーツ
負けてもうた~。会社から猛ダッシュで帰ったら涼風マヨが「君が代」斉唱してた。
国歌斉唱はインストでいいのに、どうして毎回毎回よくわかんない人に歌わせるんすかね?
どうせなら米良とかああいう人(?)を依頼すればいいのに。
何はともあれ今日の布陣。中村俊輔はいません、中沢は腰痛で欠場。
高原?アンタは今回何しに帰国してんだ?
「オマエには坊主が一番よく、似合う」とダンプ松本調でほめてやりたい小野と
Jリーグの得点王大黒がまあ張り切ってたが…。
シュートが入らないんだよね。例によって。
何度ゴール前でもたついたんだろう。
対するUAE。守備が堅いし、身体能力が高い。あれで若手中心?
にしても、日本代表の存在感の無さは何なんだ。覇気が無い、と言うか。
どうしたんだ、ヘヘヘイヘイ!気合が入ってない!
「勝ってやるぞ!」との気迫がまあったく感じられない。
仮想バーレーンとか予選シュミレとか言ってる場合じゃない。
W杯予選本番は4日だ。どうするんだ?ジーコジャパン!
いっそ、春一番でも呼んで闘魂注入してもらうしかないんかいな。

幽鬼のような表情の宮本を見る度に心が痛んでしまう。
ジーコの首ももはや皮一枚状態だ。
能活や鈴木達をドイツで観たい。
果たして奇蹟は起こりうるのだろうか?
バーレーン戦勝利はもはや絶対条件。死ぬ気で戦ってくれ!

W杯予選。参加するだけでは意味がないのだから。



熱い衝動

2005-05-25 23:40:27 | 音楽
 ここ最近オイラを突き動かす衝動がある。そりは…。
 ズバリ「LIVE観たいっ!!」コンサート行きたい、叫びたい、吼えたい!
 だけど、来ないんだよね。観たい、行きたい、聴きたい外タレ様が。
 現在のUDOの来日予定ラインナップはサンタナ、ベン・フォールズ、P・ギルバート…、
 あ、大御所ジェフ・ベックがいましたね。
 サマソニはOASISだけ観たいけど、幕張も千葉マリンも行くのめんどいし、遠い。
 (興行なら千葉公園体育館も成田市体育館もOKだが)
 第一野外コンサートはドニントン以外はごめんこうむりたい。
 等とどこまでもワガママなオイラ。
 その昔は毎月毎月行きたいバンドてんこ盛り状態だったよ。
 正に洋楽バブル期でさぞかし、音楽関係者諸氏は稼がれた事だろうて。
 それが今や形勢逆転。邦楽市場は断然儲かるし、日本経済の一端を担っている。
 あーあメッターリカをドームで観た日が懐かしいよ(遠い目)
 そうだ。今こそ男の中の男のバンド、メタリカが観たい!

 須藤元気や武蔵がK-1で使用しているが、正直やめてもらいたい。
 だって彼ら、命懸けてないじゃん。殺気無いじゃん。
 格闘技はファッションの一部、生き様なんて言うな。
 あれれ、話題がK関係に及ぶととついついいらぬ放言が(自主規制)
 閑話休題。
 とりあえず、オイラの毎年観たいバンドがメタリカなのは間違いない。
 でも次回作はいつ出るんだろ?出さないと来ないし。
 ガレージキッズももはやベテランの域だからアルバムリリース周期が空くんだよねえ。
 今宵はこの名盤に浸ります。 
  
メタル・マスター
メタリカ
ソニーミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
コメント (2)

モナコGP

2005-05-23 02:17:51 | スポーツ
本日は仕事でキリンカップを見逃した…ロスタイムで日本負けてた…ガーン!
 で、夜はF1を見た。モナコGP。市街地レースはいつ見ても凄い。
 アクシデントでアウトしたり…結果マクラーレンのライコネンが独走優勝
 帝王シューマツハは予選の不振から振わず7位。かろうじて入賞。
 世代交代だの何だのって老け込むにゃまだまだ早い 頑張ってくれよ!
 にしても地上波だとCFの多いこと せっかくのテンションが下がるだろうよ!
 デッドヒートしてんのに 水注されたよ
 次回はスカパー!で見ようっと

季節外れの戦メリ

2005-05-21 23:56:47 | Weblog
 あらら~微妙にネト落ちていたぜ。(今週は忙しかったからさ…)
本日、スカパー!で懐かしの名作を鑑賞…つーよりもう懐かしさで昏倒しそうだった。
思えばオイラのBL嗜好はここから始まったのだ。
大島渚のカンヌ映画祭参加作品(結果的にはグランプリ取れず)にして、
デヴィッド・ボウイ、坂本龍一、ビートたけしらが繰り広げるプラトニック男色シネマ。
(戦時下舞台なのに、反戦色皆無、さすが大島渚!)
ブラコンや捕虜と兵士間に通う微妙な感情の交流が…痒い!
今、見返すと微妙に笑えるんだよな。皆、若いし。
(その昔、クリスマスはこればかり観てた)
今や世界の「北野武」もここではまだビートたけしだった。
一番、感動的なのが坂本龍一の「戦メリ」のテーマ曲かも。
そう言えば、公開当時(84年)ボウイと坂本のキスシーン(頬ですよ)で
映画館内でフラッシュが焚かれていたらしぃ。
そして、ボウイの来日公演は文字通りソールドアウト。
横浜スタジアムでやったんだよな。誰か覚えてる人いないかな~

戦場のメリークリスマス

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

今日の腹立ち

2005-05-14 23:42:15 | Weblog
本日は休日出勤。最近、五月とは思えん気候で寒い。寒すぎる。
帰宅後、流されるままにTV観てたらあっという間にこんな時間。
せっかく書いた熱烈駄文が消えちまった…ちきショー!
余り好きではないが、まあ行く同人サイト。
今回初イベント本は出すが、通販無の告知。
アンタ、舐めてません?即効、ブクマ削除した。
もう一つはお気にいりサイト。キリリク作品を楽しみにしていたら、
非常に不快きわまりない展開に!しばらく行くのをやめる。
愛用のロクシタン石鹸が切れていたのを風呂に浸かってから思い出す。
就寝前、ウコン粉末を飲もうとしてオブラートが切れていた。
帰りに薬局に寄ってポイントサービスデーの恩恵にあずかったのも、束の間。
要らない物は買ってたくせに。自分自身にかなり立腹。
ある奴から久々にメール。いわゆるモラ女なので当然自己中。
自分の都合がいい時はへりくだり、「会おうよ」メール頻発。
こっちが用事ある時はシカト。ざけんなよ。
ご機嫌斜めだったオイラはかなりなキッツイ言葉で返した。
でも、こいつって懲りないんだよ。
何故なら、それがモラ女なのだから。

悪魔を憐れむ歌

2005-05-12 21:26:13 | Weblog
 今宵のスカパーは要チェケ!(死語?)観たい映画をやるからだ。
オイラは映画館は勿論、ビデオ屋にも行かない奴なので
気になる映画はCSか地上波で済ませる。それで十分なのだ。
鑑賞基準は好きな俳優が出てるか(但し共演者による)
話が面白そう、かつ、誰が出てるか。それで選ぶ。
こんな具合だから、トム・クルーズ主演なんてのは観ない。
ディズニーも「セカチュー」もオーリーも、当然、韓流も問題外だ。

傾向としてはB級サスペンス、ホラーみたいなのがやけに好きかも。
(昔のフィルム・ノワールとかフェイバリット!)
で、この作品。主演はデンゼル・ワシントン。
彼の主演は大体、見ているがオスカー受賞が「トレーニング・デイ」と
いうのは頂けなかったなあ。前ノミネート作「ハリケーン」で
あげなかったから…だろうけど。
このアカデミー受賞の機会、てのもなかなか重要だ。
あげれる時にあげとかないと返ってオスカーの権威て薄れてしまう。
それは作品や俳優にとっても、悲しいことだ。
ポール・ニューマンやアル・パシーノの主演男優賞作品は
「長年の常連候補」の貴兄に、いやあ申し訳ありませんでした、
ここで一つ、ご容赦を、という手打ち的な作品ではあ?だった。
(ディカプリオは30代の内にとれるかな?)
話が横に逸れた。
で、この「悪魔を憐れむ歌」(原題「FALLEN」)
共演にドナルド・サザーランド、ジョン・グッドマン、
エンヴィス・ダビッツ。キャストには無問題。
話はデンゼル演じる刑事が逮捕した死刑囚の刑執行に立ち会う。
その死刑囚には時を越えて神への復讐の為に人間を破滅させる
悪霊が憑依しており、その宿主に殺人を行わさせて、刑事を
追い込んで行く…とまあ言わずもがなのB級作品。
だけど、何か引かれてしつこく観ている。
悪霊は「残虐で左利きで歌の好きな」為、やたらとストーンズの
「Time is On My Side」を口づさみ、刑事を戦慄させるのだ。
確かに、ストーンズには悪魔的な名曲が多い。
で、エンディングには邦題そのままのあの曲が流れる。
(オイラはガンズのカヴァーの方がいい)
使用効果は抜群だ。
ストーンズの曲名そのままでも、
ストーリィにもあっていてこの点では秀逸と言えよう。

悪魔を憐れむ歌

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る

ヤバい話

2005-05-11 22:49:29 | Weblog
昨日は会社の宴会。帰りが同じ方向のKちゃんと「一次会で帰ろうね」と
約束してたのに、自宅に帰ったら日付変わってました。嗚呼。
しかし、相変わらず盛り上がる宴会。つーよりヤバすぎだろ?て感じ。
以下、ほんの一例。
新人(男性)を脱がせるし(注:一発芸が余りにも
どんびかせるので、「脱げ!」と言ったら本当に脱いだ)。
「清原とヤりたい」「中居とヤりたい」「○○○○(同僚の女性社員)とヤりたい」
これすべてある女性の発言だし。
肩ロ-ス(注:ある男性上司)は○君に「オマエ、○○を連れ出せ!」と
犯罪?をもちかけていた。
H氏「俺が昔行ったラ○ホには三角木馬があった」
「○さんと○さんは調教できるけど、○さんには出来ない!それは人間として
間違いだろ!」「Hさんの胸て偽物?本物?」(注:すべて違う人物の発言)
かくいうオイラも○歌を得意とする上司のNさんに
「Nさんの他人に言えない趣味て、何ですか?」
「え”~。じゃあ、Aさんの趣味は?」
「私は言えますよ!○モ小説を書く事です!」

仕事は皆、真面目にやってます。多分、そのストレスの反動です。

笑わない女

2005-05-08 23:11:53 | Weblog
 黄金週間も終盤になって遠出してない事に気づいた。
 で、今日は銀座へ。松屋、三越と一とおり見て、次は○ャネルへ。
 オイラのプルミエールも大分年期が入ってるんで、そろそろ買い換えたいぞ。

 いつも、思う事だがここの路面店の来店客は特徴的だ。
 金はあるんだろうが、ふんぞり返った横柄な態度の男性客に
 若いが頭の悪そうな連れの女、という風采のあがらぬ奴らが必ずいる。
 正直、店員も「アンタには着てほしくないわ」と心中思うんだろうなあ~
 と同情した。だっていつも磨き貫いてるショーケースの上に
 汗かいたペットボトル置かれたくないよなあ。
 女がフィッティングしてる間、男は他の女性客を値踏みしてるし。
 だけど、「お客様は神様です」。
 後、どう見ても白系ロシア人とその客、てカップルもいたな。
 女はまだ垢抜けてないし、商品を選ぶのにも嬉しそうではない。
 このブランドの価値がわからないのか?
 だけど、金髪が眩しい。恐らくもう少し痩せたらそのカンボンラインも似合うだろう。
 しかしなあ。男も女も恥ずかしくないかな。
 恋人オーラが出てないのに、物を買ったり、買ってもらうのって。

 夜は久々の外食、でニューオータニのTを予約した。
 そうしたら、横の席に来たカップルがまたそのてあいだった。
 小太りの若い金髪の女に、常連ヅラした髭面のデカ顔の男。
 しかも、その男はその女に日本語で説教(!)してるし。
 まだ20代前半の女は、男の前で殆ど無表情だった。
 後方には欧米人の普通のカップルがいたから、その対比がよくわかった。

 別に行き着けのパブのネーちゃんを連れてくるのは構わない。
 しかし、二人の女の表情が全然楽しくなさそうなんだよね。
 仮にもエスコートしてる男としては、恥ずべき事だろう。

 金を使っても、喜んでくれないのってどうなんかね? 
 気があるから誘ってるんだろうに、笑顔が見れないのってつまらないと思うけど。