タイダな日々

つれづれなる思いを時に熱く、時には真面目に語るつもりですがギャグ体質がどう出るか

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

泣ける本

2006-11-26 15:57:28 | マンガ
 最近「純愛」やら「韓流」やらで「泣ける映画」が好調だと言う。
オイラはドラマを見ないので、泣きたい時にはてっとりばやく
本を読む。
特に漫画は大変だ。号泣してしまう事もしばしばで。
立ち読みとかは余りできないんだよ。
つーか、泣いてるヤツなんていないでしょ?

冬至まではまだある夜長。
暗いニューズばかりでくさくさしていたら思い切り泣こう!


その不思議な霊力で凡そ幽霊、妖怪退治等は何でもござれの
お妖の稼業はうらめしや。彼女の周囲で起こる
江戸の怪異歎と人情物を絶妙なバランスで描く。
作者はレディコミ一辺倒から新境地を開いた
うらめしや 9 (9)

双葉社

このアイテムの詳細を見る


今更の説明不要。無免許医師が主人公ながら圧倒的なヒューマニズム、
ヒロイズム、そしてエゴイズムを容赦なく描き出した巨匠の代表作。
しかし…泣ける。
Black Jack―The best 12stories by Osamu Tezuka (1)

秋田書店

このアイテムの詳細を見る


高校生の新一の右手に突然現れた異変。「ミギー」は人間を破滅へ導く
寄生生物との戦いへ宿主の新一を巻き込んで行く。
近未来ホラーというありふれたジャンルに、環境や犯罪やら人権やら
をわかりやすく織り込んで最後は…泣ける。
寄生獣―完全版 (1)

講談社

このアイテムの詳細を見る


高校生のうしおが妖(アヤカシ)のとらと共に
白面(九尾狐)のものとの最終決戦に臨むまで、
様々な戦いを描いたアクション漫画。
残虐な殺戮シーンが多すぎるが、エピソードはよく練られていて涙を誘う。
うしおととら (第1巻)

小学館

このアイテムの詳細を見る


「Always~三丁目の夕日」で一躍有名になってしまったが
オイラはこっちが好み。鎌倉を舞台に不思議、人情がほんわかとした
タッチで描き出される。時折のほろりさ加減がいいです。
鎌倉ものがたり (1)

双葉社

このアイテムの詳細を見る


義民佐倉宗吾伝の元に書かれた童話。直訴によって家族全員が磔に架けられた。
剣の切っ先が向けられ、悲鳴を上げた妹の為に、長松はいつものように
べろを出して笑わせてみせるが…。
ベロ出しチョンマ

理論社

このアイテムの詳細を見る


昔アニメで見て大泣きした記憶があります。
王子とつばめの友情以上の感覚が切ない…。
幸福な王子―ワイルド童話全集

新潮社

このアイテムの詳細を見る
この記事についてブログを書く
« 25周年 | トップ | 笑える本 »
最近の画像もっと見る

マンガ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事