エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

悪魔教団の儀式をさせる親もヒドイが、それを助けたソーシャル・ワーカーもヒドイ:発達トラウマ障害(DTD)の子どもの周辺

2016-10-01 03:57:32 | ブルース・ペリー教授の『犬』

 

 

 
シャワーとフラッシュ それから、直感の芳香  改訂版
   「光の子どもの家」の教育方針  児童養護施設「光の子どもの家」理事長 菅原哲夫さんのインタヴュー、先日このブログでも取り上げましたから、覚えておら......
 

 発達トラウマ障害(DTD)=愛着障害の子ども。ブルース・ペリー教授の The boy who was raised as a dog 「犬として育てられた少年」。p158の、第3パラグラフ、10行目途中から。

 

 

 

 

 

この児童保護局のケースワーカーが申し分のない成績で、数々の法務長官賞や喝采を受ける以前のことです。告訴が、他の警官たち、郡の保安官たち、動物保護局の職員たち、FBIの代理人にさえに対しても、ギルマー群警察署長に対して以外にも、計画されてました。16人の子ども達は、親元から引き取られてはいましたけれども、次に行く場がなかったんです。

 

 

 

 

 

 悪魔教団の儀式に参加させた親もヒドイけれども、その子ども達を助ける立場のケースワーカーやその上司も、それと同じくらいヒドかった…。

 あってはならないことのようで、実によくあるケースです。ヤブ医者に、子どもっぽい教師もご参照くださいね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「普通」に見える親が、野獣... | トップ | インターメッツォ: エリク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブルース・ペリー教授の『犬』」カテゴリの最新記事