エリクソンの小部屋

エリクソンの著作の私訳を載せたいと思います。また、心理学やカウンセリングをベースに、社会や世相なども話題にします。

#自由と賢慮が働く場 と #晴れ晴れとした笑顔の2人

2018-08-14 10:31:04 | エリクソンの発達臨床心理
 
#心の成熟 #寛容になる善い良心 #自分が確かにされるブレナイ #根源的信頼感が一層豊かに
  発達トラウマ障害(DTD)のご相談は,こちらへ。agape☆gmail.com  但し,全て半角にしてから,☆→1430777@に変換してください。当方,年間70~......
 

 

 Toys and Reasons『おもちゃ と 賢慮』 P.103,10行目途中から。ここ数日分も,ご一緒に。



 夢中で楽しく生きる力生きている実感通りに遊ぶ :関わりを始めることと想像力

 

 

 

 それでは,まず,生きている実感通りに遊ぶ原です。思い出さなくてはいけないのは,今までお話ししてきた遊びの様々なイメージの,2,3のテーマです。それは,生きている実感通りに遊ぶ土台は,夢中で楽しく生きる力」が目いっぱい伸びることにある,と理解するためなんです。夢中で楽しく生きる力が目いっぱい伸びると,その子どもは,手に入るもので,ぶつかり合っている母子2人の命の回転を,ピッタリとくっ付けて一心同体にする一枚の地図と,ぶつかり合っている母子2人が一心同体となって確かな自由とを創造します。思い出しますでしょ。あの(訳注:黒人5歳の)少年がブロックで作ったイメージからは,1人の,真っすぐに立った身体が,両手を広げて,ダンスを踊っているのが分かりましたでしょ。しかし,そのイメージは,その黒人の少年をイメージした人形そのものでしたでしょ。その人形は,遊びでイメージを作ったその男の子を,性別でも,年恰好でも,人種でも,封印している姿に思えましたし,仰向けでしたが,その人形は,そのイメージの中で一番高いところを占めていました。その人形になった黒人少年は,1つの対立の(訳注:を和解に導く)半神でした。その対立は,その主題の枠組みだけしか分からないだけではなく,その個人的な意味も十分には解釈できません。しかし,この少年が短い物語が指摘しているのは,1人の田舎者,あの蛇(ずっと,地獄にいるように,強く非難されています),と,このようにして,卑しさと邪悪な危険を象徴するものです。と同時に,かなり高貴な動物たちが,その田舎者でもある,あの蛇を征服し,破壊するように,委託されていました。両腕を広げたその人々は,ワクワクした気持ちを表していますし,おそらくは,聖書の神様が創造する創造の予定通りから外れたことを克服した歓びも表しているのでしょうか? その罪は,その人たちが今も感じているものです。

 しかし,ブロックでできた背の高いイメージは,ある種の勝利を表していますが,また,1つの十字架聖書の神様を象徴するものも示していることに思い至らざるを得ません。2人3人でも,ウソのない場が,遥か彼方の天国にまで,私どもを運んでくれます。「天国などは遥か彼方すぎて」,と身震いしていう人もいます。しかも,自分の解釈があっているのかどうか自信がないなどと考えるべきではありません。その解釈が,遊んでいる子どものコマゴマしたことに従っていなくてもいいし,1つのイメージを他のたくさんのイメージと比べなくてもいいんです。また,遠慮せずに,2人3人のウソのない場が生まれたことに注意を向けるべきでしょう。そうすれば,共通するイメージの物語を見分けることになるやもしれません。

 遊びで復活する舞台にピッタリなことですが,遊びのイメージの中には,対人関係の中に心が現れる視点で言えば,「生きている実感通りに,ことを始めても善いからね」という創造の目的として,私どもがお祈りにしてきたものがあることに気が付きます。遊ぶ年ごろは,子どもに小さな現実をプレゼントしますし,その小さな現実の中では,その子どもは,様々なおもちゃを使うことができます(その子どもの遊びを良しとして下さる者(訳注:聖書の神様とお母さん)のおかげで,その子どもは,自分が体感する生きている実感通りに遊べるのです)。小さな現実で,自分が体感する生きている実感通りに遊ぶのは,過去に経験したことを,もう一度生きて,創造の予定表にピッタリに正して,もう一度神様の創造に参加しなおすためですし,将来の様々な役割ややり取りを,自分の自由意志から,繰り返し話し言葉にしたり出来事にすることで,先取りするためでもあります。これらのことは皆,神様の創造に参加する日常生活を礼拝にする礼拝の目印です。しかしながら,この年頃の遊びのテーマは,勝利した自己イメージを利用し,熱心にその格好をすることと,弱虫や悪者の「相手達」を全滅にすることになる場合が多い。心の中で一番違和感があるものは,子どもの頃は遊びの中で,外に出し,やっつけて,解決しようとするわけです。それは,「チャンとしてない感じ」です。このように,その遊んでいる子どもは,おもちゃのある舞台で礼拝を初める中で,自分はどこまでだったら,やってもいいの? どちらに行ったら自分はチャンとしていないことになっちゃうの? という問いを遊びの中に出すように見える場合が多いものです。

 チャンとしてない感じはどれも,善悪を判断する裁判所のテーマに含まれるはずだ,と思う人もあることでしょう。しかし,1人の犯人は,定義からして,良心の教えに従わなかった訳です。ですから,少なくとも,証拠として挙げられたことを認めて,犯人を恥じ入らせる人たちによって,その犯人は,公にさらし者にされてなくてはなりません。その証拠によって,その犯人は有罪にはできますが,その犯人が,自分のせいですから,自分が悪うございました,と思うかは別の話です。本物のチャンとしてないと感じる実感は,唯一,いけなかったと「自分が」自分を強く非難することだけからしか,立ち現れない訳ですから,こんなことをしたら,たとえ,コッソリとやっても,人に知られるかもしれないし,人に知られれば,罰をもらうかもしれない,と想像することさえ,待てないのかもしれません。しかし,実際は,自分が生きている実感通りに遊ぶ原理が,私が創造される過程に生まれるのは,自分がチャンとしてないと感じる実感が遊びの中に避けがたく登場せざるを得ないことからです。でも,一人遊びのどこに,やり取りがあるの?と訊く人があるかもしれません。1つの事例を取り上げるのは,とても特殊な状況からです。つまり,子どもの想像力を,私どもが,想像力のヒントになるために選んだおもちゃを使って,守られた場で,テストする,計画的に発達する場から取られています。しかしながら,日常生活の場でも,子どもは遊びの世界を使って,同じことをするものです。その遊びの世界が,自然からできたものでも,人が作ったものでも,あるいは,先祖伝来の遊びでも,即興の遊びでも,その遊びの世界から,子どもの願いが判ります。

  子どものころの遊びは,いろんな自分のイメージといろいろな他者のイメージで実験する中で,精神分析家が「自分の元型」と呼ぶものを,一番上手に表現しています。「自分の元型」とは,自分が見上げた自分の一部ですし,少なくとも,理想的な物語の中で理想的な役者として自分を想像する限りで,自分の理想ですし,なおかつ,物差しに合わないものには,罰と村八分があります。このように,私どもは実験して,一つの空想のシーンを想像する中で,元型となる命が一巡する日常生活の聖なる礼拝と,命が一巡しない日常生活の悪い礼拝の準備が整います。もちろん,この日常生活の聖なる礼拝悪い礼拝は,私どもがどちらの日常生活をすることになるのかを,超越しています。そして,日常生活を礼拝にすることが日常生活を超越する時子どもの想像力は,日常生活を礼拝にする礼拝にすることがもたらす光の国と,いつでもどこでも,自由にやり取りします。その光の国は,様々な絵本やおとぎ話,様々な神話や寓話に出てきまして,人間の様々なイメージの中の最高の人最悪の人が,互いに逆向きに回転して,釣り合っています。

 しかし,聖書の神様が創造する創造の予定説に心を向けてみましょうね。予定説の発達では,自分が生きている実感通りに遊ぶ原理は,元に戻るのではありません。自分が生きている実感通りに遊ぶ原理は,身震いするほどの驚きと圧倒的な歓びと感謝に溢れるヌミノースの原理ルールを話し言葉にする原理と一体になるんですし,私が創造される過程でまだ辿っていない様々な原理とも一体になるものです。自分が生きている実感通りに実行すること自分が生きている実感を信頼して,子どもみたいに自分が生きている実感に全てお任せにして一体になること。日常生活を礼拝にする礼拝も,日曜礼拝も,宗教的礼拝も,自分が生きている実感通りに遊ぶ原理がないものは1つもありません

 死に至る,チャンとしてないことのテーマは,日常生活を礼拝にする上でも,もう1つのテーマです。ただし,チャンとしてない感じは,大きな悲しみの中で,本領を発揮します。おもちゃの舞台での遊びと,ドラマや宗教儀式で演じられる遊びは,かなりテーマが共通していますから,フロイトさんは,遊ぶ年頃に心の中に出来上がる,チャンとしてないという大きな繋がりに,悲劇の主人公,エディプスの名前がつけた程です。というのも,遊ぶ年頃に空想する生活を支配する生きている実感通りに関わりを始めてもいいと感じる全ての中では,同性の親に似ようと考えるのではなくて,同性の親に,実際に取って代わろう,などと考えることは,禁じられているからです。それは,もっと実現しやすい役割を犠牲にしてしまうからでしょう。

 様々な精神病理学が,遊びの年頃をどのように特色づけて,遊びの年頃から生じる神経症的な傾向をどのように特色づけるんでしょうか? チャンとしてない感じが重すぎると,自分の頭で考えることもできなくなりますし,自分から関わりを始めることも禁じられてしまいます。この心の病が,言葉のあらゆる意味で,「ことを始める者」の悲劇,ハムレットに出てくるのは,偶然であるはずもありません。父親を殺した犯人に復讐することも禁じられ,父親の王冠と夫婦関係を奪うことも禁じられています。エディプスの舞台では,赤ちゃんとお母さんのぶつかり合いが未解決であるために,自分が生きている実感を生きることが,禁じられているわけです。エディプスは,「遊びの中の遊び」の中で,自分自身の本心から出た光景を作り出して,おそらくは,その遊びの中で,遊びによって,自分の未来を思い描いているんでしょう。しかし,この未来予想は,もっと悪いものから解放してくれるものです。つまり,もっと悪いものとは,「堕落した」豊かさと権力にいつも胡坐をかいて,うんざりしていることです。そのうんざりは「男からも,女からも」,歓びを得られない悲しみと悪い習慣ですが,歓びを得られない悲しみと悪い習慣の特色は,生きている実感通りに遊ぶ原理は禁じられることと,自分の未来を思い描けないことです。

 大人になると,生きている実感通りに畏敬に満ちて表現するための良質な習慣は,「演劇の舞台」です。とくに,人間のぶつかり合いは,周りが閉じられた時空に投影されますが,それは,キリストが身代わりになった形で,聖書の神様が,ぶつかり合っている母子2人を共に,その閉じた時空に詰め込んで一心同体にするので,演じるものも見るものも,様々な感情を浄化することができますこのぶつかり合っている母子2人は,いつでも,ピッタリと一心同体になり,真の平和を実現します創造物語は,心豊かに演じられれば心底揺さぶられることになります。私どもは創造物語は「単なるお芝居」と分かっていても,生きている実感通りに遊ぶとぶつかり合っていた2人の時空は閉じた時空の中で一心同体になるので,私どもは強いリアリティー,すなわち,耐えがたいほど自分のことなのに,しかも,不思議なくらい人間全てにも当てはなるものを,体験して分かることになります。

 しかしながら,生きている実感通りに,腑に落ちて生きることを創造する,日常生活を礼拝にする礼拝の原理は,人が人間らしく暮らし始めるに当たって,まさに,人間が芝居を演じることができることを活用しますから,人間の中に,独特の,しかも,広く当てはまる形の偽物,すなわち,ゴマカシをやる,もまた,キッチリ作り出します。このゴマカシをやることは,実生活の舞台でも,歴史の舞台でも,生きている実感を省みずに小さな歯車を死に物狂いで演じることは,自分にとっても,人様にとっても,死ぬほど危険なことです生きている実感を蔑ろにしながら,1つの「復活した立ち位置を演じるゴマカシをやる,ということは,もっと賢い人が騙すという意味で,意識的にゴマカシを演じているということではありません。つまり,人間には,1つの舞台の中心に自分がいるかのように実験したいし,たほうで,中心でないところで,場末で,名もなく,自分を実験したいという相矛盾する最深欲求があるんです。赤ちゃんの時期には,これまで見てきたように,芽生えた≪私≫が生きている実感は,こうして,互いに相手の人たちを省みあうホットケナイ関わりの中で,一番大切にされたと感じます≪私≫が生きている実感が,互いに相手を省み合うホットケナイ関わりの中で,一番大切にされたと感じることって,子どもの遊びの中で,繰り返し復活させ,若者が一心同体になろうともがく中で,分かち合わさせ,共に不動にさせるのは,一層人品が高く,一層自由な生き方の中にまします唯一無二の,全てを統べ給う,聖書の神様です。私の元型である聖書の神様は,自分が生きている実感を禁じる,上に立つ悪い良心とは違って,生きている実感通りに人と関わってもいい,という選り抜きの生き方「とても良い」と言ってくれます。また,(両親から政治家まで)聖書の神様に従って,ルールを超越することと,神の国とを体現するように見える人で,代わりばんこに,相手の人たちが生きている実感に従って関係を始めてようとすることを良しとする力があるように見える人を,理想とします。

 

 


 こうして,自由と賢慮が働く場と,晴れ晴れとした笑顔の人が2人できます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« #前進しているような恰好 #... | トップ | #お化けは生きている? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エリクソンの発達臨床心理」カテゴリの最新記事