ハレルヤ!  喜び、喜びおどろう

聖書のことばを中心に、2019年12月から、あふれる思いをブログにまとめています

行いと真実をもって愛するレッスン

2020-10-28 22:07:16 | 喜び
今月の聖句暗記は、ヨハネの手紙第一3:18-20
3:18 子どもたちよ。私たちは、ことばや口先だけで愛することをせず、行いと真実をもって愛そうではありませんか。
私は口では愛していると言い、祈りますと言いながら、実は自分のことしか考えていなくて真実に愛していないことが多々あります。悔い改めます。真実を源として愛してそれを行動にあらわそう。

明日、大変な事情の中、ひとりで東北に帰る姉妹の住まいを訪ねて、励ましに果物を届けよう。玄関先で「主にあって愛します」と言いましょう。

3:19 それによって、私たちは、自分が真理に属するものであることを知り、そして、神の御前に心を安らかにされるのです。
知るだろう。心を安らかにされるだろうと、未来形で書かれています。そうなることを信頼します。

3:20 たとい自分の心が責めてもです。なぜなら、神は私たちの心よりも大きく、そして何もかもご存じだからです。
たとい、ちょっと愛のような行為をしても、アガペーの愛というには程遠い不十分なものなので、自分の心が責めるような感じがします。
でも、だからといって、行動しないのではなくて、すべてをご存知で、万事を益としくださる神に、私自分の弱さ、自己中心を告白して赦されて、その上で、明日は姉妹を訪問することにします。



3:21 愛する者たち。もし自分の心に責められなければ、大胆に神の御前に出ることができ、
3:22 また求めるものは何でも神からいただくことができます。なぜなら、私たちが神の命令を守り、神に喜ばれることを行っているからです。
私達は神に愛されていますので、こうして罪を告白して赦されるので、神の御前に大胆に出て祈り求めます。
彼女が辛いでしょうけれども、地元でやるべきこと、片付けるべきことを一つ一つ神様に相談しながら、決断して行けることができるように。そして、喜んでこちらに住所を移すところまで、導かれるように祈ります


3:23 神の命令とは、私たちが御子イエス・キリストの御名を信じ、キリストが命じられたとおりに、私たちが互いに愛し合うことです。
私たちが互いに愛し合うために、私が一方的に言っているのではなくて、彼女自身にも、私を愛し、私達の教会を愛する思い与えてくださいますようにと祈ります。

3:24 神の命令を守る者は神のうちにおり、神もまたその人のうちにおられます。神が私たちのうちにおられるということは、神が私たちに与えてくださった御霊によって知るのです。
私も彼女も、それぞれ神のうちにいます。
神が、私のうちに、彼女のうちにいます。
万物の創造主であり支配者、審判者である方が、彼女のうちに住んで、いつも共にいてくださっていることは、聖霊によって知ることができますから、どうぞ、彼女を聖霊に満たしてくださいと祈ります。
 
彼女が、御霊に導かれて、不安や恐れが取り除かれて、進むべき道を喜びと感謝にあふて歩むことができますように。そして年明けには元気に戻って来て、ともに主を礼拝し讃美することができますようにと祈ります
「求めるものは何でも神からいただくことができます」というみことばに信頼して、来年には主にある彼女との交わりがいただけることを信じ、感謝します
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若い献身者 ◎◎◎ちゃんへの手紙 | トップ | 志も、それを行う力も、神か... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

喜び」カテゴリの最新記事