Various Topics 2

海外、日本、10代から90代までの友人・知人との会話から見えてきたもの
※旧Various Topics(OCN)

特別養子縁組のビジネス化への疑問・障害のある赤ちゃんが生まれた場合は

2018年09月19日 | 福祉・医療

前回のブログ記事、

「若年」「経済的に困窮」という特定妊婦への国の過干渉が制度化-特別養子縁組斡旋事業との関係は
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/09ce68dd2d278faf04d98fae163e7a22 

で、特別養子縁組事業について少し触れました。 

私はもちろん特別養子縁組自体を否定するわけでもありませんが、ただ、これをビジネス化するということに拒否反応があります。 

特に生まれたばかりの赤ちゃんの養子縁組のビジネス化とは、結局は人身売買にほかならないのではないか-私にはそう思えてなりません。 

The Baby Business-185万円+αの養子縁組費用は妥当か?
https://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/2aff6fb0bdf2aa61846908f00bfc6604

 「人身売買」とは言い過ぎかもしれません。
しかし、赤ちゃんや幼い幼児の人生を、事業者が決めてよいものなのでしょうか? 

「赤ちゃん」「子供」には選択権がありませんが、その子供たちが大きくなって、「自分の育ての親お金を払って自分を子供にした」というのを知った時、どう思いますか・・。 

また、養子縁組を望む人のなかでは185万円+αを払って、障害がある赤ちゃんを引き取ろうとする人はいるでしょうか? 

養子縁組をさせようと、妊婦に支援費を払って赤ちゃんを産ませたものの、その赤ちゃんに障害があったときはどうするのでしょうか?
その赤ちゃんを望む親がいない場合は、施設に行くことになるのでしょうか? 

特別養子縁組のビジネス化には、疑問ばかり沸いてきます。 

最後に、障害があるお子さんを中心に養子斡旋をしている組織の動画とHPのリンクを貼り付けます。 

Rainbowkids
Adoption: The Waiting Child Video
https://www.youtube.com/watch?v=TwY8CVryB9w

HP
https://www.rainbowkids.com/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「若年」「経済的に困窮」と... | トップ | 『住宅・土地統計調査』-個... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

福祉・医療」カテゴリの最新記事