Various Topics 2

海外、日本、10代から90代までの友人・知人との会話から見えてきたもの
※旧Various Topics(OCN)

“ラファエロ”のイントネーション追記(イタリア語の発音)

2016年02月26日 | 異文化

“ラファエロ”のイントネーション
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/6f3b6a0a58ea860666822d33adcb97c7
の追記です。 

ティムさん、クラウディアさんとのやり取りメールを、マッシモ・スマレ先生にもCCで送らせてもらったところ、以下のようなお返事をいただきました。 

 If you wish to pronunce the name of Raffaello as Italians do, the correct transliteration in Japanese katakana it’s not ラファエロ but ラッファエッロ.

   Here you can hear the Italian sound. 

Italian pronunciation of Raffaello
https://www.youtube.com/watch?v=Mgq6XfPXwNw 

(スマレ先生、ありがとうございました。 )

イタリア語に近くする場合は「ラッファエッロ」になることは知っていましたが、ビデオの発音は私の耳には、「アラファエッロッ」と聞こえてしまいます・・・。
(語学勉強向きの耳ではないのを実感。 )

ところでカタカナ表記ですが、さすがにイタリア政府観光局は「ラッファエッロ」を使っているようです。

トリノ、ラッファエッロ展2015
http://visitaly.jp/raffaello-torino2015.html 

スマレ先生には、
「日本でのカタカナ表記はほとんど「ラファエロ」を使っていて、私も書くときはそう書きますが、私、夫、友人Tのイントネーションは、ビデオのものとだいたい同じだと思います。」

と書いたものの、本来は「ラファエッロ」と書くべきなんでしょうね。

参考: 

マッシモ・スマレ氏のインタビュー動画・日本礼賛番組が卑しく思える理由
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/dd00559efa03bd8f9e68af795eb96b1c
 

(続く)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« “ラファエロ”のイントネーション | トップ | “Pennsylvania”のカタカナ表... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

異文化」カテゴリの最新記事