Various Topics 2

海外、日本、10代から90代までの友人・知人との会話から見えてきたもの
※旧Various Topics(OCN)

『幸福の科学』を「カルト」のカテゴリーから外そうとする勢力があり?・マスメディアが大っぴらに宗教宣伝をするようになるか

2017年02月12日 | メディア・広告業界

NHK朝ドラで有名になった清水富美加さんが、『幸福の科学』の信者で、出家のために引退するというニュースが。 

スポーツ報知
清水富美加、22歳で衝撃の引退・・・理由は幸福の科学に出家
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6229871
 

信教の自由はあるので、彼女が何を信じ、出家するために女優を辞めることは問題ないと思うのですが、例えばサリン事件を起こしたオウム真理教のようなものでなくても、統一教会やその他のカルト・新興宗教の信者であること(創価学会の信者の芸能人もそれをわざわざ話さない)を大っぴらの発表するような芸能人・有名人もいなかったのでは・・・と思います。 

『幸福の科学』といえば、古くは景山民夫氏(故人)、小川知子氏・・・そのほか、ネットで調べると、有名芸能人の名前がたくさん上がります。 

こちらは、芸能人ではないですし、信者ではないとのことですが、佐々木俊尚氏が大川隆法氏と対談した際、 

「私は純粋に自分の興味と好奇心から出演するだけなので、それを教団側が宣伝に利用されるのは別に構わないと思います。 そんなのどんなイベントでも同じでしょう」 

「現在の幸福の科学はカルトではないと思いますよ。またカルトの定義も国や時代によって変わるし、教団の形態も変化します」 

J-CAST
2013年11月14日
幸福の科学・佐々木俊尚対談に「えええええええ」! テーマは「宗教とテクノロジーの交差」らしいが…
http://www.j-cast.com/2013/11/14188993.html 

より) 

と、『幸福の科学』を「カルト」の位置付けを否定し、信者でないけど宣伝に利用されることに悪びれることもありませんでした。 

今も昔も、宗教人ではない芸能人や有名人が、自ら自分の信教の話を電波を通じてすることは(暗黙の)タブーとなっているのではないかと思うのですが(統一教会の合同結婚式に出た、洗脳されて教団に入ったという騒動で、などで週刊誌やワイドショーで騒ぎになって初めて本人がその信者であることを認めると言うケースはあっても、)、どうやら『幸福の科学』は特別のようです。 

清水富美加さんが『幸福の科学』出家の為に引退するということより、彼女の言動がもう『幸福の科学』の宣伝となっていて、こうしたニュースが大きく流れることに、何か気持ちの悪さを感じます。

ところで、電波でのカルト教団の宣伝と言えば、90年代、TVのアニメのなかに麻原彰晃の画像を一瞬いれる方法をとっていたことがありました。

ウィキぺディア
サブリミナル効果
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%AB%E5%8A%B9%E6%9E%9C

今はサブリミナル効果の様な用法は使っていないと思いますが、最近では、海外在住の日本人を紹介する番組では統一教会やオイスカなどの信者を(宗教関係者であることを隠して)事実を脚色して紹介したりしていたのが問題になりました。

TV局はじめ、マスメディアの人達の中に信仰宗教関係者が増え続けると、『幸福の科学』に限らず、宗教をあの手この手…そのうち堂々と宣伝するようになりますか・・・。
(政治家からして新興宗教と無縁ではないですからね。)

参考: 

日本の宗教国家化?
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/498f2869178807daa20ec9f3def1f649 

ネットメディア界のオピニョンリーダー達(?)と似非宗教・製薬会社と政治家と中ピ連の榎美佐子氏
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/38e347e472cc2d3ee50ade15f94ef095
(↑末尾のリンク参照) 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20代と50代の“選択” | トップ | 三菱ふそうのリコール・・・... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

メディア・広告業界」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事