Various Topics 2

海外、日本、10代から90代までの友人・知人との会話から見えてきたもの
※旧Various Topics(OCN)

百年の悲劇はここから始まった-毒ガスを発明したフリッツ・ハーバーがいた時代と現代の共通点

2016年02月21日 | 人物

NHKの「新・映像の世紀」の第一回目を-
(アップしてくださった方に感謝。)

百年の悲劇はここから始まった〜「新・映像の世紀」〜
https://www.youtube.com/watch?v=f6KJ9WjUTtw 

毒ガスを発明したフリッツ・ハーバー(ドイツ系ユダヤ人。プロテスタントに改宗)と、化学を殺人兵器に利用することに反対し自殺したと言われている妻クララの逸話も入っています。

こちら、産業技術研究所のサイトをご参考まで。
(一言:産業技術研究所の方は表題の付け方にもう少し気を使った方がよかったかな、と思います。確かに「祖国の為に武器を開発していた上ノーベル化学賞を受賞したまでの化学者が、ユダヤ人だったから追放された」ということはフリッツ・ハーバーにとっては悲劇的でしたが、この表題は大量殺人兵器発明を肯定しているようにもとれて怖いです。)

産業技術研究所
愛国心を裏切られた男
フリッツ・ハーバー(1868年〜1934年)
https://staff.aist.go.jp/koji-abe/Scist/Harber/Harber.htm

フリッツ・ハーバーというと「ファウスト」を思い出します。

ゲーテで有名なこのお話の元は伝説ですが、実は20世紀も21世紀も現実に「メフィスト(悪魔)」が存在するのではないかと思えてしまいます。「ファウスト」は科学者・エンジニアだったり、企業だったり・・・。          

追記:
なお、今日2月21日(日)の21:00から5回目が放映されます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« モンサントの遺伝子組み換え... | トップ | ロンドン大学SOAS100周年... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

人物」カテゴリの最新記事