アンドレアスのAFSインターン日記

高校生留学のAFS日本協会で働くドイツからのインターン、アンドレアス・ユング君のブログです

このブログについて ~はじめに~

2012年09月11日 | このブログについて
このブログは、高校生の交換留学を中心に活動する(公財)AFS日本協会で働く海外からのインターンが、毎日の出来事や感じたことを綴る日記形式のブログです。
このインターンプログラムでは、インターン達は約1年間日本に滞在し、AFS日本協会で日本人スタッフと共に働きます。
そのため、このブログの書き手も1年で交代となります。2012年9月からはアンドレアス・ユングが担当します。

2008年8月から2009年7月まではフローリアン・ザハランスキ、2009年9月から2010年7月まではマルクス・シャラー、2010年8月~2011年9月のインターンである、マティス・ワルローが、ブログの更新を担当しました。2011年はインターン受入れがなく、今年再びアンドレアス・ユング君を迎えました。
名前をクリックすると、それぞれの最初の自己紹介が見られます。

文章の作成、タイピング、投稿などはすべて本人が行っています。
掲載された内容についてはAFS日本協会の公式見解ではなく、あくまでもインターン個人が滞在し仕事をしていく中で感じ、考えたことや思いをつづったものです。

インターンとして働く場となる「AFS」とは、世界的な広がりを持つ民間国際教育交流団体で、現在の加盟国は50か国以上、交流国は約80か国に及んでいます。
高校生の年間留学を中心として、高校生の短期留学、18歳以上の方のための留学プログラムや、海外からの高校生の受け入れ(ホームステイ)、国際交流キャンプなどを行っています。

フローリアン、マルクス、マティス、アンドレアスの4名は、AFS留学生として日本で高校留学生活を送り、母国であるドイツに帰国した後、インターン先としてAFS日本協会の事務所を選び、再来日しました。
AFSの活動は、日本全国70支部 、1000人以上のボランティアに支えられています。
インターンとしての滞在期間中には、こうした各地のボランティアや事務職員たちとの多くのふれあいがあるでしょう。

AFSの活動にご興味のある方は、ぜひAFS日本協会のWEBサイトをご覧下さい。
このブログが、これまでAFSを知らなかった方々との新しい接点となれば幸いです。
~(公財)AFS日本協会~

高校留学のAFS日本協会

最新の画像もっと見る

コメントを投稿