アフガン・イラク・北朝鮮と日本

戦争も人権抑圧もNO!万国のプレカリアート団結せよ!

拉致支援者を騙るネオナチの天に唾する退廃ぶり

2009年04月15日 22時58分15秒 | 貧乏人搾取の上に胡坐をかくな
在特会国民大行進 小学校前「追い出しデモ」


・「娘1人で残留」=フィリピン一家、入管に回答-強制退去問題(時事通信)
 http://www.jiji.com/jc/zc?k=200903/2009031300705&rel=j&g=soc
・カルデロン・アラン・クルズ一家に在留特別許可を!
 http://blog.goo.ne.jp/izumibashilaw
 http://blog.goo.ne.jp/izumibashilaw/e/79205ba093cc070798b5e603c4b39c49
・カルデロン家3人と友人達の願い「日本で暮らし続けたい」埼玉県蕨市(JANJAN)
 http://www.news.janjan.jp/living/0811/0811270365/1.php
・カルデロン一家に在留特別許可を(村野瀬玲奈の秘書課広報室)
 http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-1002.html
・「カルデロン・比一家」国外退去(せと弘幸blog「日本よ何処へ」)
 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52167035.html
・ 【報告】犯罪外国人・犯罪助長メディアを許さない国民大行進 in 蕨市(在日特権を許さない市民の会)
 http://www.zaitokukai.com/modules/news/article.php?storyid=221
・西村修平・瀬戸弘幸一派の財布係こと増木重夫が逮捕された。(C.I.L)
 http://ameblo.jp/oharan/entry-10237144013.html
・真の多民族多文化共生社会を目指して(難キ連サポーターズ)
 http://nankiren.squares.net/?p=283
・速報 : 蕨の「外国人排除デモ」に反対する行動で逮捕者!(レイバーネット日本)
 http://www.labornetjp.org/news/2009/1239441848168staff01
・外国人追い出しデモ反対行動救援会
 http://d.hatena.ne.jp/oidashino/

 遅まきながら、カルデロンさん一家の問題と、一家に嫌がらせをしている在特会(在日特権を許さない市民の会)なるネオナチ集団の蛮行について。
 はっきり言って、私は今、ものすごく怒っています。一つは、彼奴らの蛮行に対して。もう一つは、こんな蛮行を見過ごしてきた己の無知について。同じ日本人として、恥ずかしい限りです。

 カルデロンさん一家のニュースについては、私も、うろ覚えながらも、知ってはいました。
 カルデロンさんという在日フィリピン人の一家がいる。親は数十年前に不法入国したが、今は職も得て税金も払っている。そこで改めて正規の入国手続きをしようとしていた矢先に、親が入管法違反で捕まった。普通なら強制送還されて終わりなのだが、そこで子供の処遇が問題となった。その一家には「のり子」さんという中学生の女の子がいる。彼女は日本で生まれ育ったので、日本語しか知らない。このまま親と一緒にフィリピンに強制送還されても、母国の言葉を知らないので、生きていく術がない。かといって、子供だけ日本に置き去りにするのも、人として忍び難い。さて、どうしたものか・・・その程度の認識でした。

 だから、右翼がこの問題で執拗に騒ぎ立てている事を、聞き及んだ段階においても、「嫌な動きだなあ」と思いながらも、また一方では、「不正入国だから仕方が無いのかな」という思いも、正直言って、心の片隅にありました。
 しかし、やがて、その右翼の蛮行が、単なるネットでの差別落書きだけに止まらず、実際に、特定個人、それもいたいけな女子中学生を狙って、彼女が卒業した小学校や、今も通学している中学校の門前まで押しかけての嫌がらせにまでエスカレートするに及んで、流石に黙ってはいられなくなりました。そこで、遅まきながら、この問題についても、改めて一から勉強をし直し始めている所です。

 カルデロンさん一家の国外追放を叫びたてる輩の主張というのは、有体に言えば「カルデロンは不正入国者だから」というものです。「犯罪外国人は日本から出て行け」というのが、これらの輩の言い分です。
 しかし、幾ら「不正」だの「犯罪」だの言い募っても、その様態はピンからキリまであります。大はオウム真理教による地下鉄サリン事件から、小は食い詰めてのコンビニ強盗や万引きまで、その背景も様態も様々です。その様な、情状酌量の余地が殆ど無いものから、多分にあるものまでを、十把一絡げに一緒くたにして、「犯罪者だから出て行け」というのが、果たしてまともな主張なのでしょうか。

 確かに、たとえ盗んだのがオニギリ1個だったとしても、犯罪は犯罪です。しかし、その人がどういう理由で、そこまで追い詰められたのか、派遣切りにあって不当解雇され寮も追い出された末の犯行なのか、或いは、単なる出来心やゲーム感覚での犯罪なのか、その内容によって、犯罪の性質はがらりと変わってきます。それを抜きにして、バカの一つ覚えみたいに「犯罪者だから」と言い募るだけの「議論」は、凡そ議論の名に値しないと思います。
 そんな「議論」なぞ、私から見たら、単なる「弱いもの虐め」の口実に、「犯罪者」云々を言い立てているだけだとしか思えません。「部落民」とか「朝鮮人」とか言う代わりに、「犯罪者」云々を言い立てているだけにしか過ぎません。極端に言えば、ただ己たちの日頃の鬱憤晴らしの為に、差別や虐めをしたいだけであって、口実は何だって良い訳です。

 このカルデロンさん一家の場合にしても同じです。一家の国外追放を叫ぶ輩は、二言目には「不正入国」を問題にしますが、では何故そこまでしてまで日本に入国せざるを得なかったのかは、一切不問にしたままです。暴力団の一味として麻薬密輸に手を染めていたのか、或いは、母国のフィリピンには職らしい職もなく、食い詰めて、やむを得ず日本に入国しようとしたのか。
 若し後者が原因であるならば、フィリピンが何故貧困なのか、当事国の政策によるものか、援助国としての日本には一切責任は無いのか。そこまで見なければ、問題は解決しません。若し前者の場合だったとしても、失業や低賃金労働が蔓延する中で、それを食い物にする日本の暴力団の餌食にされた訳で、謂わば、先進国による第三世界搾取の、もっとも醜悪な姿がそこに現れていると、言えなくもない。
 凡そ、そういう問題を一切抜きにして、幾ら「不正」だの「犯罪者」だの言い募られても、ただの「煽り」としか思えません。
 そして、仮に百歩譲って、心ならずも、そういう「不正」なり「犯罪」に少しでも手を染めていたとしても、今は犯罪組織とは一切無関係に、正式に在住申請をしようとしていた外国人に、幾らなんでもこの仕打ちは無いだろうと、私は思うのですが。

 また、この在日外国人追放を言い立てている「在特会」や「主権回復を目指す会」には、「救う会」地方組織の幹部や熱心な会員も多数おられる訳ですが、そういう人は、横田めぐみ拉致事件解明に決定的役割を果たした金賢姫・元死刑囚や、安明進・元北朝鮮工作員については、一体どう評価しているのでしょうか。
 少なくとも、「犯罪外国人は日本から出て行け」という論理に立脚する限り、大韓航空機爆破テロ実行犯だった金賢姫・元死刑囚や、韓国で麻薬所持容疑で逮捕された安明進・元工作員についても、「今後は日本入国一切まかりならぬ」という対応をしなければ、ダブル・スタンダードになってしまいます。如何に、彼女の犯行が北朝鮮の洗脳に因るものであり、彼の行為が生活困窮の末の犯罪であったとしても、「犯罪者」には違いないのですから。
 しかし、そんな事まで言いだしたら、凡そ北朝鮮難民の救援なぞ、一切出来なくなってしまいます。この活動も、場合によってはブローカーと金銭取引をしてでも、脱北者を救い出ださなければならない、そういう活動なのですから。とても、上辺だけの道徳や奇麗事だけでは済まない、そういう事例に対してまで、十把一絡げに一緒くたにして、一律に「犯罪者だから出て行け」という、彼の輩こそが、実は金正日体制を裏から支えている「護金派」(金正日サポーターを揶揄した拙ブログ読者の造語)ではないでしょうか。

 そんな「反人権」のネオナチ・民間ファシストが、幾ら北朝鮮や中国の「人権問題」を言い募っても、私からすれば、「部落」「在日」「犯罪者」叩きと同じノリで、単にバッシングの口実として、彼の国々の「人権問題」を言い募っているだけにしか見えないですが。若し、今とは逆に、第二次大戦で日本が中国に勝利していたとしたら、恐らく、今頃はこういう輩が、今の中国共産党政府以上の弾圧を、チベット人民に加えている事でしょう。
 当該の輩がどう言い繕うと、それはただの「嫌がらせ」でしかない。そんな犯罪行為を、「言論の自由」なぞと言い包める行為を、到底許す事は出来ない。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 嵐電の桜&鉄道ウォッチ | トップ | 赤点未満で人気回復とはしゃ... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
参考資料:ムキンポの忍者ブログより転載1 (プレカリアート)
2009-04-17 21:11:15
「生きることは犯罪じゃない」inわらび行動
外国人排除デモに反対する会
連絡先:no.one.illegal(at)gmail.com

■わたしたちは「不法滞在者を日本から叩き出そう」という今日の蕨でのデモに反対しています。

4月11日土曜日、ここ蕨市でわたしたちと共に暮らす外国人を追い出そうという暴力的なデモが行われます。この「追い出しデモ」の主催者たちは、この地域に住む外国人を「犯罪者」扱いして彼ら彼女らの生活を脅かそうとしています。特に最近メディアで報道されてきた日本での滞在地位を求めるフィリピン人カルデロン親子を標的に、「不法入国・不法残留外国人」を追い出せというキャンペーンを行い、一家を個人攻撃しています。信じられないことに「追い出しデモ」は、カルデロン一家の子どもが通っていた小学校、そして現在通っている中学校の前をわざわざ行進ルートに入れているのです。

■地域に根ざして暮らしていることが「犯罪」なのでしょうか?

「追い出せデモ」の主催者は、警察統計を根拠に外国人による犯罪の増加を強調していますが、外国人による刑法犯検挙者は総検挙者数の2%前後で、過去15年ほど、ほとんど変化はありません。「犯罪増加」とされる中身は、出入国管理法(入管法)の違反が大半を占め、凶悪犯とされる犯罪(殺人、強盗、放火、強かん)は、日本人でも来日外国人でも、一般刑法犯の1%を占めるにすぎません。外国人だから多いという統計上の証拠はありません。
不法入国・不法残留はたしかに入管法に違反しますが、そもそもなぜ日本に来ること、日本に滞在することが「犯罪」となってしまうのでしょうか。「不法滞在者」の多くは、すでに10年以上日本に暮らし、日本社会におけるいわゆる3K(きつい、汚い、危険)労働に従事し、労働と納税によって日本社会を支えてきました。政府はこうした労働者を必要としながら、日本がいざ不景気になると簡単に国外に追い出すことができるように、使い捨てができるように、正規の滞在地位を与えず非正規に滞在せざるをえない状況を作り出してきたのです。

■使い捨て・追い出しの社会ではなく、共に生きることのできる社会を!

法的な滞在地位を持たずに日本に暮らしていることをもってして「犯罪者」扱いすることは、わたしたちの生きている社会の現実とかけ離れています。入管法に違反していたとしても、外国人たちもこの地域で暮らし、働き、さまざまなつながりを築いているという状況がすでにあるのです。
この現実-わたしたちの社会がすでに、まだわずかではあれ、多様な文化や価値観に開かれていること-を否定して、ひとびとのつながりを切り裂いてしまうのが今日の「追い出せデモ」にほかなりません。国籍によって差別を生み出すのではなく、様々なひとびとと共に助け合って生きていく社会こそが、わたしたちの未来をつくっていきます。卑劣な「追い出しデモ」を許さない!一緒に怒りの声を上げましょう。
(以下には上記の英訳文が続くが、それは省略)
 http://mkimpo.blog.shinobi.jp/
参考資料:ムキンポの忍者ブログより転載2 (プレカリアート)
2009-04-17 21:13:26
「外国人追い出しデモ反対行動」救援会声明

「排外主義扇動を終らせることを求めて逮捕された二人を救援しよう」

4月11日、外国人「追い出しデモ」に抗議した二人の男性が埼玉県警蕨署に逮捕される事件が起きました。ひとりは「追い出しデモ」の主催者が掲げていた紙製の横断幕を「盗んだ」容疑で、もうひとりはそのおよそ3時間後、公務執行妨害容疑での逮捕でした。彼らの友人として、私たちは両名の救援を呼びかけるとともに、彼らの行動の意義と逮捕の不当性を訴え、埼玉県警に即時釈放を求めます。

この日、外国人「追い出しデモ」を主催したのは、「在日特権を許さない市民の会」という右翼団体でした。彼らはこれまであちらこちらで「外国人=犯罪者」という扇動を続けてきた団体です。彼らはあたり前に地域と関係を作り暮らしている外国籍の人々を「犯罪者」扱いして、国外への追放を求める活動を続けています。そのあげく彼らは個人攻撃を開始し、長期に地域に滞在する一家を「追い出せ」とまで言いだしたのです。

このことをネットなどで知り、当日「在特会」のデモに抗議しようと蕨市外から駅前に40名ほどの個人が集まりました。それぞれの思いは異なるにしても、共通していたのは彼らの煽る排外主義への危機感と、弱い立場にある人を標的にして攻撃する彼らの卑劣さへの怒りでした。

あろうことかこの日のデモコースには、長期滞在の外国人ご一家のお子さんが通っていた小学校と、現在も通っている中学校が含まれていました。そこで彼らが「一家を追放せよ」と叫ぶことは、その一家に対してだけでなく、長期滞在するすべての外国人に対する暴力です。「特権を許さない」と彼らは言います。しかし、彼らが攻撃の標的としたのは、もっともこの社会の特権からは遠い外国人の、しかも子どもです。彼らの言う「国民大行進」は、そのような卑劣かつ卑怯なデモだったのです。

午後1時から「在特会」は「一家の追放」を叫ぶ集会を駅近くの公園で開始しました。その集会の終わりごろになって、公園の入口に彼らが作成した紙製の横断幕が運ばれてきたのです。そこに書かれていたのは「不法入国は犯罪だ。『かわいそう』のペテンにだまされるな」という文字でした。蕨に住む家族を明らかに標的としたこの言葉は言葉の名に値するものではありません。これは地域に住む超過滞在の外国人を攻撃する暴力なのです。「追い出しデモ」への抗議に参加していた彼が行ったのはこの暴力への抵抗でした。警察は当初、彼に「任意同行」を求め、彼もそれに応じました。ところが「在特会」はあろうことか「窃盗」事件として被害届を出し、そのため彼は「窃盗犯」として逮捕されいまなお蕨署に留置されています。

その後、抗議活動に参加した人々の多くは蕨署に集まり、正規の手続きに則って逮捕された人への面会を求めました。ところが蕨警察署はバリケードを築き警察官を配置し、根拠も無く面会を拒みました。それどころか弁護士が身分を提示して面会を求めても1時間以上にわたって面会を拒否し続けたのです。そして突如そこに蕨警察署に先導された右翼が登場しました。彼らは抗議活動に参加した人々に罵声を浴びせかけ、その際に生じた混乱の中で一名が公務執行妨害容疑で逮捕されたのです。

今回の行動については、参加者の間に充分な意思統一がはかれず、抗議行動を呼びかけた側の不手際も多々あったようです。抗議行動を呼びかけた側はその点を十分認識しなければならないと私たちも考えます。しかし、抗議行動が企図した「在特会」への抗議そのものは正当なものだと私たちは考えます。彼らの行ったデモは多くの外国籍で暮らす不安定な法的地位の人々を恐怖にさらす重大な犯罪です。裁かれるべきは彼らです。

一方で、「在特会」が「犯罪者」と叫び排除を求めているのは、この社会で生き、働き、人々と友情関係を結ぶ人々です。ビザがないことはだれを傷つけているわけでも誰を侵害しているわけでもないのです。

生きることは犯罪ではありません。私たちは排外主義扇動を終らせることを求めて逮捕された二人をただちに釈放することを要求します。

2009年4月12日

「外国人追い出しデモ反対行動」救援会
ブログ:http://d.hatena.ne.jp/oidashino/
連絡先:oidashihantai(at)gmail.com

★カンパの御願い★
2名をいちはやく釈放させるために両名の友人が中心となってボランティアで活動しています。差し入れ、面会、弁護士の手配などにお金が必要です。まことに心苦しい限りですが、救援会にカンパを寄せて下さい。よろしくお願いします。

<銀行振込>
みずほ銀行 早稲田支店 店番068普 2223022 タノ シンイチ
 http://mkimpo.blog.shinobi.jp/
素晴らしいTBありがとうございます (生野ともうみ)
2009-04-18 22:54:58
 彼らは、在日外国人の事を酷くいいますけど、もし外国で活動している日本人が現地の人たちから酷い仕打ちをされているのを見ながら、在外日本人の「人権」を主張するとしたら、虫が良すぎると言わざるを得ないと思います。

~たしかな野党 支え続けて 上げ潮めざす!~
~「政治の中身を変える」ために勇気を出して奮闘しよう!~
~党名変えずに「国民が主人公」の政治を実現させ党名へのイメージアップを~
「不法滞在外国人」問題の本質 (プレカリアート)
2009-04-19 20:34:40
 在特会なるネオナチ・和製KKK集団が今まで盛んに言い募ってきた、「不法滞在外国人」なる捉え方に対して、非常に参考になるTBを村野瀬玲奈さんから送っていただきました。それを、こちらにも丸ごと引用しておきます。

(引用開始)
●法学館憲法研究所
「不法滞在外国人」ってどんな人?
http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20040802.html

 いまの社会には、外国人にとって在留資格は日本における全ての権利の淵源であり、在留資格を持たない不法滞在外国人には一切の人権が認められないかのような空気があります。しかし不法滞在とは法的には単に「在留資格がない」ということにすぎず、それ以上の意味はありません。在留資格を規定している入管法は、もちろん憲法の下位にありますから、外国人に対する人権保障は在留資格の有無によっては差別されないのが原則です。また、入管法は運転免許について規定する道路交通法や、生活保護法、国民健康保険法、その他多くの法律との間に一切の優劣の関係はありません。ですから、在留資格が法律上の要件となっている場合を除いて、「在留資格がないから権利が認められない。」という言い方は明らかに誤っているのです。

 しかも、在留資格の有無は非常に重要なことのように思われがちですが、実は全然本質的なことではなく、極めて政策的な事柄なのです。ちょっと乱暴な例かも知れませんが、自動車運転免許の取得年齢を20歳以上とするか18歳以上とするかというのと基本的には変わりません。
(引用終了)

 要するに、訳在りの多重債務者やホームレスが、住民票をそのままにしたまま、現住地で生計を立てているのと、同じ問題だったのですね。それが日本人に因るものか、外国人に因るものかの違いだけで。
 確かに、それは「好ましい状態」ではないかも知れません。しかし、誰も自分から好き好んでそういう状態になった訳ではない。表面上は、あくまでも本人の自由選択・自己責任に因るかのような形を取っていたとしても、その背景をつきつめていけば、そこには必ず「食い詰めた末に図らずもそうなってしまった」という、貧困・格差・搾取の問題が横たわっている。
 それを、このネオナチ・和製KKKどもは、「不法」だの「犯罪」だの言い募る事で、その貧困・格差・搾取を生み出した新自由主義やグローバル資本主義の本質を、国民の目から覆い隠す役割を買って出ているのです。つまり、こいつらのお仲間が、派遣村バッシングに現を抜かしているのと、全く同じだという事です。バッシングの対象が、日本人か外国人かの違いだけで。

 そういう意味では、ネオコン(極右・ネオナチ・和製KKK)が如何に取り繕ろうとも、「所詮はネオコンはネオリベの補完物でしかない」事が、図らずも証明された形となりました。
 そして、これは決して「一部の狂信的排外主義者vs可哀相な在日外国人」だけの問題ではない、という事も。カルデロンさん一家に掛けられた攻撃は、同時に、我々日本人プレカリアートにも向けられているのだという事も、決して忘れてはいけないと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

貧乏人搾取の上に胡坐をかくな」カテゴリの最新記事