アフガン・イラク・北朝鮮と日本

戦争も人権抑圧もNO!万国のプレカリアート団結せよ!

当ブログへようこそ

 アフガン・イラク戦争も金正日もNO!!搾取・抑圧のない世界を目指して、万国のプレカリアート団結せよ!

 これが、当ブログの主張です。
 詳しくは→こちらを参照の事。
 「プレカリアート」という言葉の意味は→こちらを参照。
 コメント・TB(トラックバック)については→こちらを参照。
 読んだ記事の中で気に入ったものがあれば→こちらをクリック。

告知:被ばく労働自己防衛マニュアル(福島原発事故緊急会議)

2011年07月11日 22時57分34秒 | 福島原発震災・脱原発
※以下、福島原発事故緊急会議のブログより転載。私も是非読んでみたい。一冊送って貰いカンパしよう。

 45万人とも50万人とも言われる被曝労働者。しかし、これまで原発での被曝労災が認定されたのはわずか10件で、実態は隠され続けてきました。今、まるで無法状態のような福島第一原発の現場の実態が明らかになりつつあり、労働者の命と権利を守る取り組みが広く求められています。
 原発労働の危険性、もし原発に行かねばならないときの最低限の注意、仕事中・離職後の自分の身を守るためのアドバイス、相談先一覧など、知っておくべき事項を『被曝労働自己防衛マニュアル』としてまとめました。
 この冊子は、被ばく労働を勧めるガイドブックでは決してありません。本人にすら被ばくの実態が知らされずにきた被ばく労働をこれ以上許さず、最低限の労働者の権利と命を守り、被ばく労働の悲劇をこれ以上生み出さないために作られました。
 原発労働者は、批判や告発をしにくい環境にあります。各地での取り組みにこの冊子をご活用ください。

 

あなたの命を「使い捨て」から守るために―被ばく労働自己防衛マニュアル
◆制作:福島原発事故緊急会議
 http://2011shinsai.info/   E-mail: contact@2011shinsai.info
 代表連絡先:ピープルズ・プラン研究所
  東京都文京区関口1-44-3 信生堂ビル2F Tel: 03-6424-5748 Fax: 03-6424-5749
◇この冊子に関するお問い合わせ
  福島原発事故緊急会議 被曝労働問題プロジェクト
  担当:なすび(山谷労働者福祉会館) e-mail: nasubi@jca.apc.org

【送付依頼先】contact@2011shinsai.info ないし nasubi@jca.apc.org
【価格・代金】労働者に広く配布することを考え、定価はありません。可能な方・団体は、1部200円を目安にカンパをお願いします。広範に配布し労働相談活動での利用を考えている方は、ご相談ください。カンパ代・送料は同封する郵便振替用紙をご利用ください。
※今後、被曝労働者への相談活動を通じ、バージョンアップしていく予定です
 
 http://2011shinsai.info/node/400?__from=mixi&__from=mixi
コメント