毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




復活節後第2日曜日にきくのは、鈴木雅明たちによる「主はわが信実なる牧者」です。このWV112(1731年4月8日初演)は、ヴォルフガング・モイスリンの同名コラール全5節を、そのままカンタータ全5曲の歌詞にあてた、いわゆる全詩節コラール・カンタータ。ホルンが華々しく響き(第1曲)、突き抜けた明朗さがあります。鈴木たちの録音は2011年、管弦楽と合唱はバッハ・コレギウム・ジャパンです。合唱も歌う独唱者は、ハナ・ブラシコヴァ、ロビン・ブレイズ、ゲルト・テュルク、ペーター・コーイ。合唱はパート4名、管弦楽は16名編成で、ホルンは、ジャン・フランソワ・マデゥフとグレイアム・ニコルソンです。

CD : BIS-SACD-1981(BIS Records)

BIS-SACD-1981

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« フランス組曲... パルティータ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。