毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




今週きいているのは、ダニーデン・コンソートとジョン・バット(音楽監督)による「ブランデンブルク協奏曲集」です。これからきくのは第3番(BWV1048)。アダージョは、ヴァイオリン独奏による即興(おそらくチェチーリア・ベルナルディーニ)からのテュッティの和音です。近年のピリオド楽器の録音と同じく、それぞれの奏者が競い和す、いきいきとした演奏です。なお、録音は2012年です。

CD : CKD 430(Linn Records)

CKD 430

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 樋口隆一著『... ブランデンブ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。