毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




グスタフ・レオンハルトのチェンバロによる「フランス組曲」。1975年に録音されたアルバムから番号順(収録順)にきいてきて、今日は最後の第6番(BWV817)です。レオンハルトの演奏は、40年ほどまえのものですが、いまきいてもみずみずしく気品があり、とても楽しめます。近年の若いチェンバロ奏者にくらべると、くずしはひかえめで楷書的なところもありますが、そこはレオンハルトらしい絶妙な加減というべきでしょう。使用楽器は、デイヴィッド・ルビオによるパスカル・タスカン・モデルのチェンバロ。ただし、製作年は昨日の第5番での楽器とはことなり、1975年です。

CD : SICC-2054(Sony Music)

SICC-2054

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« フランス組曲... 「主はわが信... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。