毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




ロバート・ヒルが1999年に録音したアルバム「Original & Transcription」。一昨日から収録曲を順番に楽しんでおり、今日これからきくのは鍵盤楽器用のト長調のソナタです。このBWV968は、無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番のアダージョのみを原曲とするソナタ(フリーデマン・バッハの編曲とみられる)。したがって、ほんらいは1楽章のみのソナタということになるのですが、ヒルは原曲の続く楽章、フーガ、ラルゴ、アレグロ・アッサイも自身で編曲し、アダージョに続けてチェンバロで弾いています。同じような試みは、このブログでも紹介した、ボブ・ファン・アスペレンの「Bach Ciaccona」(AE-10044)や、アンドレアス・シュタイアーの「Sonate per il cembalo」(3984-21461-2)でもきくことができます。

CD : CD 92.110(Hänssler CLASSIC)

CD 92.110

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ソナタ ニ短... リュート組曲... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。