ハハハの徒然日記

あれやこれやの日常をつらつらと。雨の日もあれば晴れの日もあるさ。のんびりいこう~!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大晦日ですね。

2005-12-31 | Weblog
2005年もあと数時間でお終いです。

今年はりーさんが幼稚園に入園したり、私も期間限定でしたが仕事したり4月から9月頃までは何かと慌しくしていましたが家族みな大きなケガや病気もせず無事に一年を過ごすことができて良かったと思います。
今までお付き合いのあった方はもちろん、園関係などで新しく知り合った方々にもたくさん親切にして頂いて本当に感謝感謝です。

あちこちにも出かけました。いろんな発見がありました。
しんどい思いをすることもあったし、堪えきれずに泣く事もありました。
でも終りよければ全て良しですね。
来年もまた、皆さんと共に穏やかな良い一年でありますように。。。


そんなこんなで我が家は大晦日恒例の焼肉大会!
わざわざ大阪まで買いに行った高級お肉は格別のおいしさで、焼肉苦手なりーさんも「おいすぃ~~!」(ゴチ?:笑)とパクパク食べていました。
コメント

おばけがタレを飲むんです。

2005-12-30 | Weblog
「ねぇねぇ、おかーさーん」

だいぶ会話がしっかりして、言葉で主張することもできるようになってきたりーさん。
時にはどこで覚えてきたのか思いがけないことを言ってビックリさせてくれたりします。
今日はそんなりーさんの迷言集…

○「おばけにタレ飲まれた~」
歯磨きの時、まず自分で磨かせてから仕上げ磨きをするんですが、いっつも口の中にたまった泡を飲み込んでしまうのです。「お口の泡はちゃんとペッしなさいよ」と言ったらこんな言い訳?が出てきました。ペッしたくてもオバケが勝手に飲んじゃうんだから仕方ないです。それにしても「タレ」ってどこから出てきたんだろう?

○「帰ったら焼肉大盛りにしてね!」
コンロから出る炎が怖くて焼肉が苦手なりーさん。だけど泡で出てくる石鹸を両手一杯に乗せて作る「やきにく」は大好きです。つまり「帰ったら手を洗うのに泡一杯だしてね」ということです。今日も洗面所で両手を泡だらけにしながら「焼肉大盛り~」と喜んでおりました。なぜに焼肉?

○「…たまらん!」
先日の仮面ライダー響鬼、ザンキさんが全裸で倒れている衝撃的シーンを観ていきなり「…たまらん!」と言い出したので、私はマジで飲んでいたコーヒーを噴きそうになりました。どこで覚えてきたのそんな言葉!タモリさんじゃあるまいし(笑)使い方としては正しい…のか?(爆)ある意味りーのこの発言の方が衝撃だった日曜の朝でした。

○「おしゃれラズベリー」
お察しの方も多いかと思いますが「おしゃれ魔女ラブ&ベリー」のことです。正式名称は長いので言いにくいですよね。「ラブベリ」もちょっと言いにくいようです。なかなか上手く言い表わしてると思います。

今日はあんまり部屋が散らかっていたので「片付けようよ」と言ったら「今やろうと思ってたの!」と言い返されました。言葉で反論できるようになってきたのだなあ。画像は近所であったもちつき会に飛び入り参加した時のものです。
コメント (3)

「散華する斬鬼」でございます。

2005-12-27 | ヒーロー部屋
響鬼 四十五之巻「散華する斬鬼」

新聞のテレビ欄と本編のサブタイトルが異なっていましたが、こういうことってあるんですね。今まであまり気にしたことがなかったのですが…どちらのタイトルにしてもさようならザンキさん。涙々の四十五之巻です。

陰陽環やら返魂の術やら何やら盛りだくさんな内容でしたが、やはりトドロキくんとザンキさんを抜かしては語れません。
ザンキさんの異常な体温に気付いたトドロキくんがイブキさんに「ザンキさんが冷たいんスよ…」と電話するところは、私個人の体験と被るところがあったせいでしょうか、トドロキくんの嗚咽と悲しみが痛いほど伝わってきてとても切ないシーンでした。
でもショックを隠してリハビリに励むトドロキくん。それでもオロチ現象はとどまる所を知らずで見たこと無い魔化魍まで現れ容赦なく攻撃してきます。響鬼さん、威吹鬼さんのダブルライダーキックにはシビレました。
雄叫びと共に立ち上がるトドロキくんは今までの彼のシーン中一番カッコいいと思います。そして久々の斬鬼さんとの共闘。
はじめの頃のようなシンクロ攻撃があまり見れなかったのは残念でしたが、同時音撃には燃えました。キラキラ光に反射する鬼の体がとても綺麗です。そしてそして最初で最後の師弟セッション!!
深々と頭を下げる轟鬼くんの肩に手を置くと、音枷、烈斬を残して斬鬼さんは跡形無く散華してしまいました。(轟鬼くんは泣くのを堪えましたが、私は滝涙です。)別れの言葉が「よくやった轟鬼、ありがとう」と短かったのが潔く、とても印象的でした。

陰陽環の話も一段落ついて桐矢くんは一つ成長したようですが、多くの方が思われているように結局「桐矢くんが明日夢くんから陰陽環を盗んだ」という事実に触れられていないのが…喉に小骨が刺さったまんまという感じで気になっています。桐矢くんのことだから「少し借りただけだ」とか何とか言ってそうですが(笑)
次回は「極める鬼道」。
今度はイブキさんに不吉な予感。何だか生贄にされそうな雰囲気ですが…(汗)
威吹鬼さんが音撃棒を持っていたり、公式HPでは響鬼さんが烈風を構えていたり、なぜに激しくコンバートなのか、あれこれ気になりつつ楽しみです。
コメント (2)   トラックバック (11)

憧れ!プリンセスの紙パンツ

2005-12-25 | Weblog
メリークリスマス!
でも聖なる夜に全く関係ない話題で恐縮です。

この四日ほどりーさんがおねしょして困っています。
これが夏ならまだひきつり笑いで済むのですが、この寒さでは布団・シーツは乾かないので後がもう大変。
さすがに昨日の朝は(心の中で)怒りのメーター装着と同時にレッドゾーンだったので、
母子互いの精神安定のためにおねしょ用紙おむつを買ってきました。

母「おねえちゃんにもなってオムツだって。恥ずかしいね~(イヤミ)」
子「りーさんね、プリンセスの紙パンツ欲しかったの。あっこれはこうっと♪」

ハハのイヤミなんて全く聞いちゃいねえ。昼間っからいそいそとズボンを脱ぎだす始末。
トイレトレも夜は意外と順調だったのであまりおねしょは気にしてなかったのですが。う~ん、寒さのせい?
生理的なものなので叱るわけにもいかないし…どうしたもんでしょうか。
親の心子知らず、久しぶりの紙おむつにウキウキ♪のりーでした。

サンタさーん!ハハは布団乾燥機が欲しいです~!
            ……あっ、今「無理っ!」てサンタさんの声が聞こえた…
コメント (5)

ラプソディア…一周目クリア

2005-12-22 | ゲーム魂
襲いくる睡魔と闘ってようやくラプソディアの一周目をクリアしました。

ラストのネタばらしにまんまとひっかかり、ええーーっ!そうだったの!?としばらくポカーンでした。
クリア後、ジャケットのイラストを見ると新たな感動が湧いてきますね。…ヨーン…。

イスカスとの連戦でメンバーを選んでいてジュエルとハーヴェイがいないことに気付く…(遅)
どうやら半分寝ていたために、死亡のままセーブしてしまっていたらしいです。
何やってんだよー!!(と、自分に怒りをぶつける)
チープーも仲間にならずじまいだったし。
ラプソディアは幻想水滸伝と違って仲間集めはそんなに重要じゃないと思っていたんですが、もしかしてストーリーが変わってくるのかしら?
オベル遺跡関連がなかなか進めないので、そのまま二週目に持ち越しです。今度は攻略みながらがんばろうっと。
クリアデータセーブ後、そのまま二週目を始めるとアンダルクが一気に年取ったみたいでなんだか不思議な感じがします
コメント

「秘める禁断」でございます。

2005-12-20 | ヒーロー部屋
響鬼 四十四之巻「秘める禁断」

今回こそは番組タイトルが「仮面ライダー響鬼と斬鬼」でも、いやズバリ「仮面ライダー斬鬼」で良かったのでは?と思う四十四之巻です。

リハビリに励むトドロキくん。虚勢にしてもだいぶ表情が戻ってきて少しづつですが、確実に傷は回復してきているようです。焦らずゆっくりと、と皆に励まされてもついつい頑張って無理してしまうのが彼の良い所でもあり、悪いところでもあり…。頑張るあまり日菜佳ちゃんを遠ざけてしまいます。でも続いて現れたザンキさんには泣きついたりして、おやっさんならずとも二人の間には何人も入り込む余地はありません。もう入り込もうとも思いません。ハハハ。ただトドロキくんの「必ず自分の足で歩いて日菜佳さんの所へ帰りますから」のセリフにはウルッときたので、トドロキくんの復活を待つ全ての人々のためにも必ず守ってほしいと思います。
責任を全うするために禁断の秘術にまで手を出してしまうザンキさん。皆に心配を掛けまいとする気持ちは解りますが、遅かれ早かれ消えゆくものならば変身しなければいいじゃないか!とも思います。しかしそれを良しとしないのがザンキ(斬鬼)という鬼が選んだ生き方なのでしょう。
限界を越えてしまい、変身が解かれたまま河原に倒れるザンキさんの姿は衝撃でした。(笑撃でもありました。スミマセン)ここしばらく、ザンキさんは死んでしまうのではないかと不安を感じていたのですが、むしろ早く解放してあげてほしい、潔く散るがいいと踏ん切りがつきました。次週は「散華する斬鬼」。いよいよな感じです。師弟セッションが観られるのでしょうか。

さて、ここからは戯言なんですが、威吹鬼さんの金管ベストというかボレロ?は脱げないんですかねぇ?あきらちゃんが変身した時は装備しているように見えなかったので、装備品というより鍛えられるにつれて発現するものなんでしょうか。あきらちゃん変身解除の時にも思ったのですが、まず何か着せ掛けてあげて下さいよー!何もないなら起動前DAで…かえってえちー感じになりますね(汗)せめて烈風でも!…ってそれもまたシュールですな(笑)
そういや烈斬はドコ行ったんだろう??
コメント (2)   トラックバック (13)

給食最終日

2005-12-14 | Weblog
今日は給食最終日。
給食といっても毎週水曜日はお弁当の日なので、本日は二学期最後のお弁当を持ってりーは登園しました。
もともと少食なので初めてのお弁当はデザート用タッパーに入れて持っていったぐらいですが、幼稚園で一杯遊んで体を動かすようになるとだんだん食べる量が増えてきて、今ではお給食のおかわりもしているようです。
もちろん始めに出された分をちゃんと食べきらないとおかわりは出来ないので、けっこうな量を食べてることになりますね~。
家では相変わらず子ども用お茶碗半分ちょいのご飯で「もうお腹いっぱーい、ごちそうさま~」な事がほとんどなので、幼稚園ではお友達につられて完食するか、お給食がよほどおいしいということなのでしょう。後者の場合だと、ちょいとショックだな~
お給食がそれだけ食べれるならと、お弁当箱の大きさも少しづつ大きくなってきて普通の幼児用お弁当箱サイズになりました。デザート用タッパーから数えて四代目。お弁当箱もりーさんと共に成長しています。卒園の頃には大人用でも足りなくなったりして…(笑)

きれいに食べきってペカペカ空っぽになったお弁当箱をみるのはやはり嬉しいもんです。
コメント (2)

「変われぬ身」でございます。

2005-12-13 | ヒーロー部屋
響鬼 四十三之巻「変われぬ身」

オロチが始まり湧き出る魔化魍、全力で応戦するも思わぬ反撃に遭った轟鬼さんの運命やいかに!?…四十三之巻です。

明日夢くんはお母さんと仲良く傷の手当て。一方桐矢くんは一人で寂しく?傷のお手当て。すごく対照的でそりゃあんな性格にもなるわなと妙に納得です。
なんとか一命を取り留めたものの、もう鬼には変身することはできないと告げられ、絶望のドン底に突き落とされたトドロキくん。普段暴走気味ながら元気の塊っぽい彼だから包帯姿がほんとに痛々しいです。「いっそのこと…」なんて間違っても言ってはいけません。健気に看護してくれる日菜佳ちゃんを泣かせちゃあいけねえよ。ザンキさんも告知するの辛かったでしょうね。病院でのシーンは切なくて観ているこちらまで辛くなってきます。
もっちーが始めた事って「パネルシアター」だったんですね~。夜光のものは初めて見ました。影絵とはまた少し違っていて面白いです。ボランティアでしょうね。もっちーらしい素敵なことを始めたと思います。

失意のどん底のトドロキくんに「がんばれ」ではなく「がんばり屋さんだな」と認める励ましをしたり、失敗する経験の意味を諭したり、今回のヒビキさんはすごく大人でアクション以上に精神的な面でヒーローでした。
鬼というのは一つの生き方。自分自身に勝つこと。少し前から繰り返し出てくる言葉です。鬼が鬼としてあるためにとても大事な言葉だと思います。その辺のことをヒビキさんがよ~く噛み砕いて弟子を指導しているのに、なかなか伝わらないのがもどかしいですね。特に桐矢くん。まぁ直ぐに伝わったら苦労はしないんですが…(笑)
彼が根本的な間違いに気付くのはいつなんでしょうか。(彼は明日夢くんにはない負の部分を集めて作られたキャラだと解っているんですが、つい親の目線で見てしまって親はもっと子を「見て(看て)」やらないかん。と反省させられること度々です。)
斬鬼さん変身!カッコイイー!けど心配。雷電斬震、観たいけどししし心配。

次回「秘める禁断」…意味深なサブタイトルですねぇ。
コメント   トラックバック (13)

奇跡の星の植物館

2005-12-10 | Weblog
ホワイトクリスマスをテーマに館内の植物をライトアップしていると聞いて、ご近所のイルミネーション屋敷では飽き足らず「兵庫県立淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館」へ行ってきました。

強風に怯えながらも明石海峡大橋を渡り、スイスイと順調に向かっていたのですが、変な所で方向音痴になる悪いクセがでまして、夢舞台をドうっかり通過。どうしても入り口がわからず、受付締め切りの時間も迫ってかなり焦っていたところ、警戒中のおまわりさんから場所を親切に教えていただいて何とか締め切り3分前にすべり込んだのでした。(ありがとうございます~!)根本的に場所を激しく勘違いしていたのが敗因ですね

光と花のクリスマスフラワーショーは想像以上に綺麗なものでした。
フラワーショースペースのメインツリーは圧巻です。人の記憶に大きな影響を与えるのは五感のなかでも嗅覚だといいますが、確かに漂う花々の香りが印象をより幻想的で深いものにしていると思います。手作り(!)ドールハウスのミニチュアタウンも可愛らしくライトアップされていて子どもも大喜びでした。
外の庭園、夢舞台でも「煌くギャラクシーウェイ」と題して見事なイルミネーションが展開されています。これがまた綺麗で寒さも忘れてうろついてしまいました。やはり規模が全然違います。締め切り間際に入ったため、他にほとんど人がいなくてゆったり観られたのが幸いでした。(クリスマス期間中の土日祝は開館時間延長しているようですね)
親子ともにかなり感動したので来年もまた見に行きたいと思っています

兵庫県立淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館
コメント (2)

PS2で響鬼さん

2005-12-07 | ゲーム魂
「太鼓の達人」が付くということで、こういう初回限定の特典に弱いワタクシは早速購入してしまいました「PS2 仮面ライダー響鬼」。

本来アクション系は苦手なんですが、コマンドがシンプルなので結構…いやかなり楽しんでます。
やってて楽しいのは何と言っても「激・強い裁鬼さんが見れる!」ことでしょうか
あの時のお礼とばかりにヤマアラシをぎったんぎったんに!(笑)
個人的に使いやすいのは弾鬼さん。バランスよくてやはり最強の装甲響鬼さん。使いこなすことができれば装甲響鬼さんに次いで強そうなのは威吹鬼さんというトコでしょうか。
轟鬼さん、斬鬼さんもそれぞれ違ったアクションが楽しめます。対戦だと距離0で鬼火や烈風をぶっぱなしたりして
「アンタ鬼や!!」
「鬼だよ!」
とまさに鬼になりきる残虐攻撃の応酬。(大きいお友達向けの遊び方やね)
鬼さん達だけでなく魔化魍もプレイヤーに選べるのは意外と子どもにウケが良かったです。ちなみにりーのお気に入りはドロタボウ。顔に毛がボーボー生えているのが面白いからだそうですが、りーさん、それ「毛」じゃないよ…(笑)

「ローグ・ギャラクシー」の発売は明日ですね~。全く予備知識なしで取り組みます。ワンダがちょっと遠のいたわ
コメント (2)