ハハハの徒然日記

あれやこれやの日常をつらつらと。雨の日もあれば晴れの日もあるさ。のんびりいこう~!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「敗れる音撃」でございます。

2005-10-31 | ヒーロー部屋
響鬼 三十八之巻「敗れる音撃」

突然の戦力外通告にそりゃないぜセニョールと明日夢くんは心の中で呟いたかどうかは解りませんが、やる気をだしたのにいきなり出鼻をくじかれて始まった三十八之巻です。

わずか4人で始まった補欠メンバー強化合宿。みどりさんが元吹奏楽部員だった経験を生かして指導していましたが、その手に握られているのはどう見ても…鞭ですよね(汗)普通は指揮棒かドラムスティックだと思うのですが。みどりさんも小暮氏と同じく猛士開発部の人なんだな~ということを痛感しました。上手くできなかったらあれでピシッ☆とかやるつもりだったのでしょうか?コワイコワイ。

今回のトドロキくんには正直、ちょっとガッカリでした。
ザンキさんの胸の傷について知らないのは仕方ありませんが、ノツゴを倒すために一度鬼になったと聞いて、そんな単純に復帰をお願いするなんて。鬼として独り立ちしてトドロキくんは一体何を学んできたのでしょう?バケガニや色んな魔化魍を倒して少しづつ付けてきた自信はどこにやってしまったんでしょう?でもそのお陰で「今のお前は殴る価値もない」とザンキさんのシビレるセリフを聞くことが出来ましたが、何だかふり出しに戻った感がします。

みどりさんのアクションかっこいい~!明日夢くんもいざという時はしっかりしてますね。音撃が効かないという厄介な魔化魍ヨブコですがヨダレが汚い!体の割に大きな足がカワイイというか滑稽というか…カシャの草鞋ブーツを見た時のようなビミョ~ンな気持ちになりました(笑)
弱音を吐きながらもあきらちゃんと向き合おうとする姿勢を見せるイブキさん。次回は戦いの現場であきらちゃんと対峙するようですが、この後あきらちゃんがどう動くのかが見ものです。ヨブコにボコボコにされて響鬼さんピーンチ!どうなっちゃうの?な所で三十八之巻は終わりました。が、来週は放映お休みなんですね。この状態で2週間お預けとはそんな殺生な。次回「始まる君」、「輝く少年」と同じくらい明るい感じのサブタイトルで楽しみです~。
コメント   トラックバック (10)
この記事をはてなブックマークに追加

雨の御手洗渓谷

2005-10-30 | Weblog
奈良、天川村の御手洗渓谷へ行ってきました。

まだ紅葉には少し早くあいにくの雨模様でしたが、うっすらとかかる霧がかえって荘厳な雰囲気を醸し出していました。遊歩道を登っていくたびに違う滝が姿を見せ、次はどんな景色だろうと期待してどんどん登って行きそうになります。もう少し滝に近づいて見たかったのですが、足元が濡れていて滑りやすく危ないので今回は諦めました。雨で水量の増した滝はものすごく迫力があります。紅葉の時にはもっと綺麗だろうな~。

持参したお弁当も雨のため車の中で食べる事に。
川遊びの準備(といってもタオルだけ)もしてきましたが、どう見ても無理そうなのでそのまま洞川の面不動鍾乳洞へ行く事にしました。

洞川と書いて「どろがわ」。(じつは今回行くまで「どうがわ」だと思ってました…恥)
ふもとの駐車場から中腹の鍾乳洞入り口までは舗装されていて、小さい子どもでも登りやすく助かりました。
鍾乳洞初体験のりーさんは初めのうちへっぴり腰で怖がっていましたが、ライトアップされた石筍を見るうちに面白くなってきたらしく「ここの壁シマシマになってるよ~」と楽しんでいました。(ちょうどその頃ハハは手をつこうとした所に見たこともない全身シマシマの大きなバッタを見つけ凍り付いていました。コワー)
水の一滴、一滴がこれだけの鍾乳洞を形成するのにどれほどの時間がかかったかを考えると自然の持つ力に圧倒されます。ここを発見した人はもう大興奮やったろうな~。

外に出てくると薄い霧の中に洞川の町並みと大峰山が見えました。
その時どこからかボ~~~、ボ~~~と何かを鳴らす音が聞こえました。ダンナ曰く「ほら貝の音ちゃうか」と。
結局その音の正体は解りませんでしたが「霊気宿る谷」(洞川財産区パンフレットより)
その言葉がぴったりとくる神秘的な眺めでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なみだのむしきんぐ ぱーと2

2005-10-26 | Weblog
さて、ひさびさの大号泣をしたりーさんを連れて大型スーパーに移動してきた訳ですが、こちらでは比較的空いていたのですぐゲームを始めることができました。

先程の悲劇も忘れ、嬉々として100円玉を投入するりーさん。
出てきたのはクワガタのカード(詳しい名前は忘れました)でした。
私もまだ1、2回ほどしかこのゲームをしたことがないので1つづつ説明を読みながらりーさんに「次はこのボタンだよ」とか教えていると、隣の機械でゲームしていた男の子が「なんのカード?見せて。これやったらこの技カードとこのカードと…」と何枚かのカードを貸してくれました。お陰でなにやらすごい技をだすことも出来てりーさんは「ほんとうのさいごのてき」まで勝ち進むことができました。りーさんはもう大喜び♪
隣の男の子は色々指導してくれていたのですが、そこでお父さんが迎えにきたので行ってしまいました。御礼を言ってあとは自力でがんばります。
さすがにラスボスはこちらの手の内を読んでくるので難しいです。始めはイイ調子だったのですが、あっさり逆転されて残念ながらここで負けてしまいました。
でもりーさんはカードも貰えたし、何より一度は諦めかけたムシキングが出来て大満足な様子でした。
帰る道すがら何気なくりーさんに「さっき貰ったカード見せて」と見せてもらったところ、カードは「まもりアップ」というホタルの絵のカードでした。

「…あれ?」(りーとハモる)

出てきたカードは確かクワガタだったはず。おんや~~~???
カードが変わってる?も、もしかしてすりかえられた??
(↑機械に「ゲーム中にカードが抜き取られる被害が発生しています。注意して下さい!」という張り紙がしてあったので余計に疑心暗鬼になっていたのです。)

内心ちょっと動揺しつつ「お兄ちゃん、間違って持って行っちゃったのかな?でも一杯カード貸してくれたからいいよね?」と聞くと「うん!」と元気な返事が帰ってきたので安心しました。

たかがゲームにこの騒ぎ。疲れましたわ。
「(ムシキングなどの)ゲームは並んでいたらしない。空いていたらしてもいいよ。」
というのが新たな掟になりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「甦る雷」でございます。

2005-10-25 | ヒーロー部屋
響鬼 三十七之巻「甦る雷」

あきらちゃん、ザンキさんを始めとして、皆それぞれの「鬼」についての悩みや迷いが交錯する三十七之巻でした。前回投げかけられた謎が次々と明かされていく中、今まであまり触れられることのなかった「陰の領域(byイブキさん)」が浮き彫りにされてかなりヘヴィな回だったと思います。

ザンキさんの胸の傷、原因は朱鬼さんの音撃によるものでした。「鬼の仕事は魔化魍を倒す事」と言い切り、実際弟子をも犠牲にしかけたシュキさんは(ご自分でも言っておられましたが)本当に最も「鬼」らしい人だと思います。
そんな過去があったからこそ「鬼の仕事は命を守ることです。人の命も、鬼の命も」と言うザンキさんのセリフがより重く感じられました。自分の生命の危機も顧みず、あきらちゃんを助けるために再び鬼に変身した斬鬼さんはもうカッコ良過ぎです。これもまた最も「鬼」らしい姿でした。
「烈斬」もかっこいいですね。できればザンキさんの弟子時代回想でシュキさんがザンキさん(当時は財津原変身体?)に「列雷」を渡すシーンがあれば見たかったです。

呪術的な力で若さを保つ…ありがちな設定ですが正直とてもウラヤマしい~(笑)
ついに相容れることがなかった師弟でしたが、花を手折って見送るザンキさんの胸中を思うと悲しいBGMと相まってもう泣きそうになりました。こんなにも長い時間を両親の敵討ちに費やしたシュキさんはやはり悲しい人です。
最後に一人雨に打たれるあきらちゃん。何を思うのでしょうか。ザンキさんとシュキさんの過去はかなりのタブーのようでしたが、もし以前にこのことを聞いていたらあきらちゃんの考えもまた違っていたんじゃないかと思います。人は悩んで大人になるというし、今はあきらちゃんも明日夢くんも思いっきり悩んで答えを探す「時」なのでしょう。
それに比べてスーパー童子はいきなりコワーイ大人?になってしまいましたが…もう無邪気な姿は見られないのですねぇ。敵ながらカワイイ行動に癒されていたのに、う~ん惜しい!(笑)
コメント (2)   トラックバック (9)
この記事をはてなブックマークに追加

涙のむしきんぐ  ぱーと1

2005-10-21 | Weblog
何気に甲虫王者の話題を続けておりますが、ただの偶然でございます。

雨で運動会が中止になった日、りーさんと二人で電気屋さんに買い物にいきました。
必要な買い物をすませて3階に上がると、そこにはムシキングとラブ&ベリーが1台づつおいてあり大勢の子どもたちが群がっていました。すかさず「私もやりた~い!」といいだすりーさん。特に用事もなかったので「順番を守れるなら1回だけね」と約束して100円玉を渡しました。

男の子向けの方に興味のあるりーさんは当然の如くラブベリには見向きもせず、ムシキングの方に並びます(笑)
りーは7、8番目だったでしょうか。前に並んでいるのは小学生くらいの少し大きいお兄ちゃんばかりで、しかも皆プロか?と思うほど沢山のカードを持って(たぶんこれが普通)ゲームをしています。なので一人一人のプレイ時間が長い長い!
途中他のお兄ちゃんに割り込まれそうになってもりーさんは必死で前の青い服の男の子の後を死守しておりました。
小一時間ほど待ったでしょうか。ようやくりーさんの前の青服くんの番になりました。
「あと少しだね!」と声を掛けようとするとなにやらりーさんの挙動が不審に…。
嫌な予感がしつつ「どうしたの?」と聞くと案の定「…おしっこ」との答えが。ガビーン!
「後少しだから我慢できる?」「……できない!!(超涙目)」

がんばって順番守ったのに悔しかったのでしょう。
大号泣しながら1階のトイレへ走りました。
後から思えば後ろの子に順番とっておいてもらうという手もあったかな。でもその時はハハも少しパニックだったのでそこまで頭が回りませんでした

この上なく悲惨な顔をして泣くりーさん。やはりまた並ぶのはイヤだそうで。
さすがにかわいそうだったので、車でもう少し行った所の大型スーパーに行く事にしました。そこには4台(もっとかも)機械が置いてあってすぐゲームすることができました。

(ぱーと2へ続きます)
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

初めての運動会

2005-10-19 | Weblog
幼稚園の運動会がありました。
りーさんにとって初めての運動会、私も保護者として初めての運動会でした。
雨で一日延期になったものの、次の日は好天に恵まれ絶好の運動会日和になりました。

運動会の練習が始まってから何度かりーさんに
「今日はムシキング・サンバを練習したよ~」と聞いていたので、私はてっきり年少さんは「~サンバ」を踊るものと思って何人かのママさんに「年少さんはムシキングのサンバやるらしいよ」と話したのですが…

…ムシキング・サンバは「年中さん」のお遊戯でした

皆様申し訳ありません。ワタクシ嘘ついておりました。
こどもの言うことは話半分に聞けってこのことだったんですね
でも年中さんがサンバを披露している後ろで、りーさんを始めとする何人かの年少さんがノリノリで一緒に踊っている姿は微笑ましかったです。
つか振り付け完璧だったけどいつ練習したんだろう?こっそりと、いや堂々と紛れていたのかなぁ?

年少さんのパラバルーンはみんな活き活きとほんとに楽しそうにやっていたのが可愛らしく印象的でした。
りーさんの苦手な親子体操も、結構ご機嫌でやってくれたので一安心。
年長さんによるリレーは親子、学年に関係なく盛り上がりました。

最後に先生から皆よくがんばったご褒美に金メダルを貰ってお開きになりました。
応援に来てくれていたおばあちゃんが「たまきの小さい頃を思い出したわ~」と涙ぐんでいたのにちょっと貰い泣きしそうになったり(笑)
(私もここの卒園生なのです)
大きなケガもなく無事終了して良かったです


どうしても休めない仕事で来れなかったお父さん、
来年こそはがんばってる子どもの姿を見てやってねー!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「飢える朱鬼」でございます。

2005-10-18 | ヒーロー部屋
響鬼 三十六之巻「飢える朱鬼」
響鬼史上初の女性鬼の登場にドッキドキの30分でした。

完全にストーカーと化していた桐矢くん。オロCの一気飲み勝負…
私が言いたかった事をあきらちゃんがズバリ言ってくれたのでとてもスッキリです(笑)でもその後桐矢節炸裂…もうすっかりお友達になる気はなさそうですね。ママンが聞いたら泣くよ~!

鬼の鎧はあちこちで話題になっている通り懐かしの変身ヒーローを彷彿とさせます。「鬼の」という割にはあまり「鬼」に似ていないような…。響鬼さん達、鬼はあまり目を強調しない顔になっているのでその分鎧のマンガチックな目が面白かったらしく子どもは「カワイイー!」とえらくウケてました。…かわいい??

朱鬼さんは雑誌等で見た第一印象がスゴすぎたせいでしょうか、動いているところを見ると初めて目にした時ほどのインパクトは感じませんでした。(でもやっぱり顔は怖い:笑)トドロキくんとザンキさんの会話から察するに元々は(先代)ザンキだったけれども鬼を辞めさせられてシュキを名乗るようになったようです。以前太鼓祭りの時に「ザンキさんの師匠の先代のザンキさん」という話もあったように思うのですが、本当のところはどうなんでしょう?
DAとは違う式神?を使ったり、何も無い所から音撃武器を召喚したり朱鬼さんには独自の能力があるように見えました。鬼とは敵対する立場のようですが、キビキビしたところがすごく格好良いと思います。今回魔化魍ノツゴにリベンジする為に鬼の鎧を奪ったように見えましたが、その行動やパワーの根底にあるものが復讐心だとしたら来週あきらちゃんんにどういった影響を与えるのかすごく興味があります。

最後に。
裁鬼さん、働きすぎです。もう無理しないでくださ~~い!
コメント (2)   トラックバック (10)
この記事をはてなブックマークに追加

秋の夜長に

2005-10-14 | ゲーム魂
ゲーム三昧。できたらいいなぁー(希望かい

10月は運動会があったり遠足があったり、忙しいのは子どもの方だけなんですが何故だか親も気忙しいこの頃(笑)
それでも時間を見つけてはチョコチョコやっております。

「真・三国無双4 猛将伝」
毎回のことですがなんで肉まんがこんなに高いんだよ~と嘆きながら修羅モードにチャレンジしています。「易しい」レベル、呂布でステージ23。配下に大喬、夏候惇、左慈がついていますがHPゲージがもう2ミリぐらいしかありません。なかなか鍛冶屋に行けなくて泣きそうになりながら夢のステージ25クリアを目指しています。「猛将伝」の方が奇才が出やすいような…気のせいでしょうか。あとエディットモードで濃ゆいキャラを作るのが楽しいです♪

「ラプソディア」
じわじわと攻略中。一回のバトルが長いのでつい寝てしまうことも度々(笑)
ヨーンちゃんの足はやっぱり逆関節でした。あれ?膝に当たる部分は骨格から言うとかかとなのかな?そんな細かいことはオイトイテ。
とても背景が綺麗です。キャラクターの動きもそれぞれ個性があって見ていて楽しいです。ただマップを回転できないのが残念かな。ただ今やっとカレルロン研究所まで来ました。そういえば幻想水滸伝5の製作が進んでいるんですね。舞台はファレナ女王国とか。雰囲気がまた変わって今から発売を楽しみにしています。

あとは「太鼓の達人」のミニゲームとか、これは親子でついムキになってやってしまいますねえ。
足掛け4年ぐらいやっている「ベイグラントストーリー」も早く1周目クリアしたいし、「サルゲッチュ2」もクリアまであと少しの所で止まっています。
秋の夜長、いくらあっても足りません…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「惑わす天使」でございます。

2005-10-10 | ヒーロー部屋
響鬼 三十五之巻「惑わす天使」

恋は盲目といいますが、恋に悩む人たちの想像が暴走している三十五之巻でした。

前回からの続きになっていましたが、激しく落ち込み中のトドロキくん。魔化魍を取り逃がしたり、手入れを怠ってか烈雷の弦が切れてしまったり。これではヒビキさん、イブキさんから注意を受けても仕方ありません。珍しくイブキさんもトドロキくんに苦言を呈していましたが後に同じ穴のムジナになろうとは…。烈雷の弦が切れたのもショッキングでしたが、鳴らない烈風もおマヌケなもんですねぇ。なんだか哀しくなってしまいました。
その気持ち解らなくもありませんが、吹き方を忘れてしまう程ダメージが大きかったんでしょう。威吹鬼が烈風を吹いている写真で、顔がちゃんとアンブシュア(口の形)しているのがありますが、あの顔は大好きです。自分が金管やってたこともあり、ちゃんと吹いてるなーと思わせられるので初めて見た時は感動しました。あと息を吸う所も…ってこの辺の話は長くなりそうなのでここでお終い。

ザンキさん…(絶句)。スナイパーな格好が似合いすぎててコワイです。トドロキくんを助けると見せかけて実は遊んでいるようにも見えます。トド惨敗後、静か~に撤収していく姿に大笑いでした。後ろの人たちがいい味だしてますねぇ。
それにしても一番ニブチンに思われたヒビキさんがさり気なくみんなの仲直りを助ける役になっていたのがおかしかったです。モッチーの不穏な動きも明日夢くんの早とちりと判ったのでほっとしました。トドロキくんもうどん作りという特技があるなら最初からそれでお祝いすれば良かったのに。でもちゃんと二人が仲直りできてほんと良かったです。

魔化魍、「ウワン」っていうんですね。装甲アカネタカはかっこよかったな~。響鬼さんが装甲する時ヘビさんが一生懸命(に見える)走ってくるのがかわいくて堪りません。アームドセイバーが出てきてもう音撃打は見られないかもと思っていたので、今回の大太鼓は嬉しかったです。

結局ザンキさんはどこへ行ってしまったんでしょう…??
来週は朱鬼さん登場ですね。いろんな意味でドキドキ楽しみです。
コメント (2)   トラックバック (8)
この記事をはてなブックマークに追加

染まる歯

2005-10-07 | Weblog
「染まる歯」…某特撮のサブタイトルチックに(笑)

こどもの歯の定期検診に行ってきました。
どうもりーの歯質は弱いらしく、奥歯が生えてきた頃から虫歯に悩まされています。
乳歯は生え変わるので虫歯は放置しておいてもいい、という意見も聞きますが、永久歯できれいになっても、口の中に虫歯菌がある限りすぐ虫歯になるリスクは高いわけで。
それで毎日がんばって歯磨きしているのにも関わらず、今回も全部の奥歯の上の面(いわゆる臼になっているところ)や歯と歯の間が黒ずんできて「あちゃー、これは治療に時間かかりそうだなー」と覚悟して検診に行って来ました。

ところが検査結果は
「虫歯無しです。お母様、歯磨きがんばっておられますね。このまま続けていって下さいね」と。

絶対に「こんなになるまでどうして放っておいたんですか!!」と叱られると構えていたので思いがけず誉められたりして「え?え?いいんですか?」などと、トンチンカンなことを口走ってしまいました
黒い部分があちこち広がっていて、素人目にはどう見ても虫歯だったんですが
それは「歯が染まっているだけ」とのこと。
虫歯でなくてほっとはしましたが、見た目がアレなので手放しで喜べない複雑な気分です。
あ!肝心の「染まる」原因を聞いてくるのを忘れた!
ので次回2月の検診にはしっかり聞いてこようと思います。


画像、これ以上小さく表示できないのかしら…怖い絵でごめんなさい 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加