ハハハの徒然日記

あれやこれやの日常をつらつらと。雨の日もあれば晴れの日もあるさ。のんびりいこう~!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

釣り!

2010-07-12 | 小さい大釣行

朝の明石海峡大橋。
今度はブレずにうまく撮れましたv

久々の淡路島。久々のバス釣り。久々のフローター。
前日の雨の影響で水位が上がってカバーと水面の隙間がほとんどない状態なので、
1投ごとに針をロストする覚悟で打ち込まないとダメ。
しかし、お気に入りのオフセットジグヘッドが3本しかなくて、ついつい守りの態勢に…。
結局はフローターでは1匹しか釣れませんでした。

トーさんと交替して次はおかっぱり。
水際にブルーギルとブラックバスの子どもがうようよしているのが見えます。
見えバスは難しいけどなんとかして釣りたいな。
先ほどのジグヘッドに10年くらい前に買った5センチほどのみみずそっくりワームをつけて放りこんでみると…
ガツガツビシビシあたりがあります。
ブルーギルが必死に追いかけてくる様子が見えるのも面白いv
でもよく見ると、ワームに反応してるのもいるけど、
ラインに50センチごとに入ってるオレンジのマーカー部分に反応してるヤツ多数。
そこじゃなーい!(笑)

でも釣れた!
本日の釣果、バス4匹。ギル1匹。トーさんはバス5匹。
りーはギルに触るの初めてだったらしく、口周りの青がきれいだねと喜んでました。


ところが帰ってきてからりーさんの体調が急変。
39度8分の熱を出し、土曜日だったので応急診療所へ。
咳も鼻水もなかったけど、夏風邪だったのかな?
なんとか今朝には熱も下がって学校行けましたホッ。
先週は怒涛の1週間だったしなぁ。疲れが出たのかな?私もヨボヨボだす…
コメント (4)

タイトルをつけるほどでもない

2010-06-03 | 小さい大釣行

あー釣り行きたい。
春休み最後の日、トーさんとりーさんは二人で淡路島へ釣行しましたが、
私は学校関係で何かあるかもと思い一人自宅待機してました。
案の定連絡網まわってきたし。
で、釣果の方はボウズだったそうです。
魚は見えてるんだけど全然反応しなかったとか。
スポーニングシーズンで警戒心MAXだったんだろうなー。
ホームにしていた池を失い、なかなか気軽にバス釣りに行ける状況ではなくなってきました。
フローターにも久しく乗ってないなぁ。
昨日2軍(普段持っていかないルアー)のタックルボックスを久々に開けてみたら
ラバージグが1つ、完全に溶けて針だけになっていました。
あー釣り行きたい。
おいらのエアリアルもガゼルもサンダーショットも泣いている…。
(時代遅れのエバグリ厨ですんません)





コメント

雷魚ライギョ

2009-12-04 | 小さい大釣行
写真を探しています。
7、8年いやもっと前かな?
淡路島の某ダムで雷魚を釣った時の写真を。

事の発端はりーさんが学校で借りてきた1冊の本でした。

「ライギョのきゅうしょく」阿部夏丸さん・著 村上康成さん・絵
仲良しのライギョの子どもとタナゴの子ども、互いが「食うもの」「食われるもの」であることを知って…というお話。
た「そういえば、おかあさんライギョ釣ったことあるよ」
り「えっ!ほんまに!?」
ト「確か写真あったよな~」
で、釣り関係の写真をまとめたアルバムがあるはずなのですがどこにしまったか忘れてしまって…

某ダムでフローターに乗って釣りしていた時のこと。
トーさんがトイレに行きたくなってダムのかなたに消えていくのを
「車に戻って、下のコンビニに行った方が早いのに…」と思いながら見送り
普段は使わないメガバスのポップXでも投げてみるか~と適当にポイっと投げたのにガバッとヒットしたのがライギョでした。
メガバス社のルアーはどうも玄人向けのようで、私と相性がよくないらしくそれまで一匹も釣れた試しがなかったのに、
いきなり釣れたと思ったらこれまた人生で初めての雷魚でパニックになりましたよ。
30センチ弱の子どもでしたが、白黒茶の鮮やかな模様はまさに雷魚(カムルチー)でした。
バスとはまた違う強い引きでぐいぐい持っていかれそうになります。
雷魚狙いの人が鉄棒のような堅い竿を担いで行くのがわかるな~。
肉食魚特有の鋭い歯が怖くてなかなか針を外せません(ヘタレ)
このまま糸を切るのは可哀そうやし、どうすれば…と困っていた時トーさんが駆けつけてくれました。
一人バチャバチャやっているのを見て、どんな大物をかけたのかと慌てて戻ってきたらしいです。トイレは?
トーさんも初めて見る雷魚で怖がっていましたが、なんとか二人がかりで針を外して帰してやることができました。
思えばこの時は、バスの他に雷魚、ブルーギル、ミドリガメ(5センチぐらいの。プカプカ浮かんでた)が釣れて、
あと1種類釣れれば五目釣り達成だったんだけどなぁ。

証拠写真を見せてやりたいけど、写真がみつからないのであります…。
コメント (4)

鯉釣り

2009-08-07 | 小さい大釣行
久々に鯉釣りに行ってきました。
前日がすごい雷雨で、その日の朝もちょっと雨が降っている状況でしたが思い切ってGO。
竿を出した時には少し晴れ間ものぞいていたのですが、
10分ほどすると大粒の雨が…!
濡れてもいい装備でいたのですが、見かねた管理人のおじちゃんがパラソル2本と、りーにビニール傘を持ってきてくれました。
うう、いつもすんませんです!
おかげさまで雨を気にすることなく釣りに集中できました。
こういうお天気の時は魚の活性も上がるので次々とヒットします。楽し♪
一番良く釣れる場所は常連さん達の指定席なので、いつも端っこのほうで
やらせてもらうのですが、木陰があって魚も集まりやすいようで良いポイントです。
荷物広げてても気を遣わずにすむし

雨も上がって陽が射してきました。あぢ~~。
餌とりモロコも健在で、アタリがとりづらい…てか、とれない!
ウキが5ミリぐらいづつ沈んで完全に水没とかどーやってあわせるん?
ちょびっとづつ沈んでいくウキをぼーーーと眺めていたらいきなりズボッと鯉のアタリがあったりして。
ぼんやりしてる時に限ってアタリがあるのね。バスじゃないけど電撃アワセ。
でものらない(笑)
しばらく釣れない時間があって、タモ係のりーさんも退屈してきたところに
おじちゃんが「おねえちゃんも釣りするか?」と子ども用の竿を貸して下さいました。
すると1投目でヒット!
そしてなんと3回連続で鯉を釣り上げたのです。ちょ!ウラヤマシス!!
それからもりーはコンスタントに釣り続け、赤い鯉(当り、100円もらえる)もかけたのですが、
もう少しというところでバレてしまいました。

…(親バカですが)りーさん、魚釣りの才能あるんじゃないの??

トーさんは自分の釣りより、りーの魚を掬うのに必死。完全にタモ係交替しています。
終わってみれば、私8匹。トーさん10匹。
りーさん14匹。で完敗でした

帰り際に、おじちゃんから「白メダカいらん?」と8匹ほどいただいてきました。
ほんとはパラソルも貸し竿も有料なのに、いつもご好意に甘えてしまってすみません。ありがとうございます。

そろそろ、りー専用の竿とかいるのかな。
トーさんと「お互い、負けてられないね」と反省しながら帰路についたのでした。
コメント (2)

バス釣り都市伝説

2008-11-10 | 小さい大釣行
最近釣り行ってないな~。
今一番行きたいのはアジ釣り。シーズン終わっちゃったけど。
海釣り公園へ行って、何が釣れるかわからない楽しさを味わいたい気分です。

さて、今日はよく行くフィールドにまつわる都市伝説。
いつも行くのは比較的小さい池が集まった野池群ですが、そこにはかなり昔から
ある噂の池がありまして。
とある病院に隣接した池があって、40センチ以上の大きな魚がうようよしているそうです。
釣れる魚みな良いサイズのものばかりで、釣り人にとってはパラダイスのような池です。
でも、病院からの排水のせいで釣れる魚は奇形のものばかり…。

いやー!!
大きなサイズの魚を釣ることは釣りの醍醐味の一つだと思います。だけど。
そんな池いややーー!
都市伝説にすぎないのはわかっています。
そんな池あったら大問題や。
…でも、知られていないだけでひょっとしたら存在しているかも。
なんてフローターで病院に隣接した池を漂いながら時々この話を思い出し、
独りちょっと青ざめたりしているのは秘密だよん。
(この池では20センチ前後が平均サイズなんだけどなぁ…。)
コメント

衝撃(今更ですが)

2008-06-07 | 小さい大釣行
んーーー。

あまりの情報の遅さに書くか書くまいか悩んだけれど、
やっぱりショックでかいことなので書くことにします。

3月付でルアーメーカー「ZEAL」が倒産したそうです。

さっきF氏から話を聞いてHP確認してみたら本当だった…。
トップウォーター(水面)フィッシングの楽しさを教えてくれた
国産ルアーメーカーだったのですが。
独特のスタイルでカリスマ的存在でしたが、空前のバス釣りブームも
ずいぶん前に過ぎ去って、生き残ることはかなわなかったようです。
ルアーそのものは「ZEAL」ブランドとして他社に譲渡され、
今後も生産されていくとのことですがなんとも寂しい話。

「やっぱトップでしょ!」
その遊び心溢れる釣りスピリットは「ZEAL」(熱情)がなくなっても
これからも忘れていきたくないな~。
コメント (2)

三年ぶり?

2008-05-01 | 小さい大釣行
とある所に良い感じの池を見つけたので行ってきました。

トーさんがフローターの準備をしている隙に抜けがけ一番。
いつも第一投目はハードルアーなのに今日は何を思ったかセンコーのジグヘッドをキャスト。
とりゃっ!!
着水と同時に糸が走り出し、動揺したのかアワセが遅れてバレてしまいました。
ロケットスタートならず…。
一方フローターで出撃したトーさんは立て続けに30cm台のバス2匹ゲット。
なかなかいい調子です。むむむ…さっき逃した魚は大きい。
(フローターはトーさん用と自分用の2つもっているのですが、
りーさんがいるのでチャイルドスイッチ方式で1つを交代で使っています)
それからざっと池を一周してフローター交代。
木の枝がカバーになっていい影を作っているのですが、水面との間がほとんど無く
思ったより厳しい状況です。
でもわずかな隙間に根性で放り込むと必ずアタリはある感じ。
ほどなくして私も立て続けに2匹釣りあげました。
この引き、この手ごたえ久しぶりーと思ったら…え?バス釣るの3年ぶり?
そんなにご無沙汰だったのかとブログを遡って自分でも愕然としました。
ちょこちょこバス釣りには行っていたけど3年弱ボウズ続きだったんだな…。
なかなかイイ型だったけど携帯を陸に置いてきたので残念ながら画像なし。

そして休憩をはさんでまたフローター交代。
良いコンディションなのでおかっぱりでも釣りたいところです。
何匹かライズしているのでトップでも出そうなんですが、
いくらサイズを小さくしてもハードルアーには反応無しなので久しぶりに
ダウンショットなどしてみようと思い、針とシンカーを出してきたけど…

もうダウンショットのリグりかたなんて忘れちゃったよ!!(笑)
なので針の向きなんてそんなの関係ねぇ!で適当に結んで投げたら
キター!


そしてもう少し離れた所でもう一度。
ヒットォーー!(恥ずかしいので実際には叫ばないけど)

同じ魚に見えるけど目の辺りの模様等が違うので別の個体です。
瞳がまん丸じゃなくてちょっと三角形っぽいところが好きだな~。
遊んでくれてありがとね。

2回フローターの乗ったトーさんは5匹。私は4匹。
朝一のを逃していなければ同点だったのになぁ。
トーさんは私の釣り師匠であり、最大のライバルなので一匹という
僅差で負けてく・や・し・い!
キリキリキリ…(ハンカチを噛む音)

今日はりーさんもベイトリールでキャストの練習。

右ハンドルなのに左で、しかもサミングなんて知らないわ状態で全開で投げています。
もちろんバックラッシュの嵐。
根気よくバックラッシュを直し、褒めておだててするとその後だいぶ様になってきました。
ルアーが前方へ遠く飛ぶようになってくるとやはり楽しいみたいです。
魚が釣れたらもっと楽しいよ♪

3年ぶりにバスの顔を拝んで楽しんだ1日でした。
コメント

悲しきかな

2008-04-02 | 小さい大釣行
ひっさしぶりにバス釣りにいつも行くフィールドに出かけたのですが…
一つはでっかい工場になっていて、
一つは養魚池になっていました。
気分はメテオ直撃、がふぅぅーー!!(魂が口から抜ける音)

何とか気を取り直してもう一つの池に向かいましたが、
そこは2年前に水を抜いたせいか全く魚の気配なし。
面白くないのでトーさん、りーさんが池の反対側に回っている隙にウェダーを履いて
後ろから「コンニチハー!遅レテスイマセーン!」とニセ外国人風に声をかけたら
二人ともまさに「鳩が豆鉄砲をくらったような顔」で振り返ったのが
おかしかったです。油断しすぎだよ!

工場になってしまったところは、私がバス釣りを始めたころから通っていた
思い入れのあるフィールドだったので無くなってしまってショックでかいです。
悲しきかな~。
嘆いてもどうしようもないことなんですが。

今週末はコイ釣りの予定。
元気をだそう。
コメント

鯉ブーム

2007-07-08 | 小さい大釣行
どうでもいい天の声、誰かのツッコミが聞こえます。
「また鯉か!!」

私は笑顔で答えます。「また鯉じゃ!!」


怒涛の鯉釣り強化月間なのか、また鯉と遊んできました。
いつも行く釣り池よりもっと近くに良い雰囲気の釣り池を見つけたので早速行ってきました。
一投目から鯉のだすあぶくがウキまわりに見えて良い予感がします。
天敵モロコも少ないらしく、鯉のアタリに集中できるのはよいことだな~
と思っていたら…カツン!
ウキが姿を消したのでトリャー!(←心の中で)とアワセると
ぐんと魚がかかった手ごたえがあって一気に寄せてみました。
するとあまり抵抗もなく魚が寄せられてきてちょっと嫌な予感がしながら上げてみると…
ビチビチビチ!鮒!!
20センチぐらいの元気なフナが上がってきました。
それから3匹ぐらい連続でフナばかり釣れ、ようやくここにはモロコと双璧を成す
強敵フナ(たぶんマブナ)がいることに気付きました。
アタリはバンバンあるのに釣れるのは鮒ばかりなり。
あんまりフナちゃんが釣れるので、納竿までにどれだけ釣れるか魚籠に入れていく
ことにしました。
相変わらずウキのまわりにはアブクがいっぱいなので絶対鯉もいてるハズなんですが…
どうやら餌の上手な外し方を知っているらしく、なかなか釣れません。
私にもトーさんにも闘志が湧きます。ずぇーーったい釣ってやる!

鯉はなかなかですが、フナはどんどん釣れるので網係りりーさんは大忙しです。
網が大きいのに魚が小さいので魚籠に入れるの難しいだろうから手伝ってやろう
とりーさんを見ていると、うまいこと魚籠の上で網をひっくり返し、
手で網をちょいちょいと持ち上げてヒョイ、ポチャンと魚を移してしました。
さりげなくテクニックを身につけたわね、やるじゃないりーさん。

「おかーさん、はよ(鯉)釣ってや~」
「おとーさん、皆(鯉)待ってんねんで~」
夫婦の会話も意味不明になってきたころ、私のウキにガツンとアタリが!!
「やったー!きたー!僕に釣られてみる~!?」プチッ!
不用意なギャグのせいでしょうか。糸が切れてしまいました。
くーっ、逃した魚は大きい!!

でもその後ちゃんと鯉釣って名誉挽回しましたよ(笑)
本日の釣果。
トーさん 鯉2匹
私    鯉3匹
そして魚籠に入ってたフナキチ 44匹!!
き、今日はこのくらいにしといたろ…くそぅ、絶対リベンジしてやる~。

負け惜しみではありませんが、モロコよりフナの方がまだ引きがあって楽しいです。
割と行きやすい所なのできっとまた近いうちに遊びに行くと思います。

本日の教訓「不用意なギャグは魚を逃す」 肝に銘じておきます。
コメント (2)

久しぶりの鯉釣り 

2007-07-01 | 小さい大釣行
ほんとひっさしぶりにトーさんとりーさんの休みが合ったので
これまたひっさしぶりに鯉釣りに行ってきました。

開始5分後にまず1匹目。続いてトーさんも一匹目。
それからしばらくして雨が降ってきたので、傘をクルマに取りに戻ろうとすると
管理人のおじちゃんが「これ使い~」とパラソル2本と荷物の雨除けに傘2本を
貸して
下さったおかげでちょっと強めに雨が降ってきても釣りを続行することができました。
早朝で雨模様とあり、魚の活性もあがるあがる
もうブラックバスのように鯉もライズしまくり、
中には一瞬テールウォークまでしているヤツもいるはしゃぎっぷり。
鯉の活性も高いけど、強敵モロコの活性まで高くなっちゃってもう大変(笑)

餌を投げ入れた瞬間からビキビキビキビキと糸、竿を伝わってくるモロコの猛攻。
勢いあまってウキにまでアタックしてくるヤツまで現れる始末。
前回はモロコに惑わされて鯉のアタリを逃していましたが、今回は一味違います。
モロコと鯉のアタリの違いをわたしゃ会得したよ!
たまきのこいつりレベルが1つあがった!
そういうわけで私もトーさんも途切れることなく鯉を釣り続けることができました。
おかげでタモ網係りのリーさんは、トーさん、私の間を網持って行ったりきたり大忙し。
リーさんも鯉掬いレベルが上がったようで、魚が頭をこちらに向けて寄せられて
くる瞬間を逃さず上手く、スムーズにキャッチできるようになってきました。

雨があがって日が差してくると魚のテンションも落ち着き、アタリもパラパラとなってきました。
網係りのりーさんが、餌を丸めるのにも飽きてヒマそうにしていたので
管理人のおじちゃんが「モロコすくいするか~?」と洗面器を持ってきてくれました。
1.乾いてポロポロになった餌を細かくして池に落とす。
2.集まった鯉の下あたりを網ですくう。
3.モロコ大漁ー!
…それだけのことなんですが、りーさんは結構楽しくやっていました。
傘を貸して下さったり、前回は寝てしまったりーさんに毛布を貸して下さったり、
おじちゃん、いつもありがとう!!

そうこうしているうちに、モロコはどこかへ移動してしまったようで
鯉のアタリばかりになってきました。チャンス到来!!
餌を変えたのも功を奏したようで、コンスタントに釣れはじめました。
一回だけ魚を掛けた瞬間に糸ごと持っていかれのが残念。見やすくて気に入っていた
ウキも持っていかれた~
逃した魚はデカかったに違いない。悔しい~!


久々の鯉釣りでしたが、沢山釣れて三人とも大満足の一日でした。
ここで使った竿のスペックや餌の内容とか書くと釣りブログらしくなるんでしょうが、
残念ながら鯉の仕掛けに関してはトーさんまかせで素人同然なので割愛させてくださいナ。
コメント