きままな雑記帳

ごく普通のあんちゃんのきままに記す日常日誌

履歴書を書いてて気づきました、自分の人生はまったくわからずかつ大ばくちを常に打っていることを(笑)

2020-01-13 23:38:07 | 資格・転職・就職
現在仕事している契約が更新というか新たな契約になるということもあり、改めて自らの履歴書や職務経歴書を書き直してみました。

基本的には会社都合による転職が多い(実質的には変更はありませんが転籍等が多い)経歴を眺めてみると、やはり信用に足るものか?と採用側になれば思うものの、逆に言えばそれだけの経験をしているのだからこそ、その経験を活かしてもらいたいとも思える我が経歴(たいしたことはありませんが)

基本的にはデスクワークメインで、現在の体調を考慮すればデスクワークメインが妥当なわけですが、それにしてもトラブルなど様々なことを経験してきたもんだなと感じるもんです。

その昔、上司が「器用貧乏は損だ」と嘆いてましたが、まずはその器用貧乏になるべくやってきたのが良かったようで、雇用不安がひどかった時代でもなんとか食いつないできたもんです(笑)

その際の決断はいつも大ばくち。



誰が何と言おうと博打を打つしかありません。



だって答えは「まったくわからん」から。

まったくわからん!


そうなんですよ、人生ってのはどう転ぶかわからんもんです。

いくら謀をめぐらしてもなかなか前途なんてもんは開けません。

尼子経久


なんだかんだと大河ドラマを見ていた私なんですが、まさか自らが大河ドラマのような奇想天外な人生になるとは考えも及びませんでした(笑)

なのでこれからもあえて言います「大ばくちじゃ!!」と。

博打を仕掛けてると思わなければ何が起こるかわからない世の中ではやっていける自信がありませんからね(笑)

30~54歳の就職・転職をサポートしています










wpX(ダブリューピーエックス)



コメント   この記事についてブログを書く
« 資産形成してますか?と昔、... | トップ | 蒼天航路に見るライバルとい... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

資格・転職・就職」カテゴリの最新記事