工務店系塗装店ならではの外壁塗装工事

多摩建設㈱グループ アドバンスペイントDIV工事ブログ
塗装・屋根工事・リフォームを学ばれたい方 必見!!

サイディング-コーキング詰め替え 町田市野津田町凹凸4色分け現場

2017年06月30日 | 2.サイディング外壁塗装(66)

奄美地方では既に梅雨明け宣言が出たようです。

西日本、関東地方も時間の問題だと思われますが、

梅雨明け前には前線の最後にアガキで雨は降るでしょう。

ただ今年は空梅雨傾向の印象が強いですね。水不足傾向のようです。

  

町田市野津田町でのサイディング凹凸4色分けの現場では最後に

行われるコーキング詰め替えが施工されました。

コーキング詰め替えに際しては縦雨樋を一度外す必要があります。

雨樋固定金具はコーキング部分に刺さっているからです。

サイディング外壁塗装では、外壁そのものの塗装よりもコーキング詰め替えの方が

重要度が高いのです。サイディング板の熱膨張、冷却収縮によりコーキング部分は

両側から挟まれたり、引っ張られたりして傷んでいます。

必ず施工前既存のコーキングをクリ抜いて新規に詰め直す必要があります。

・・・・・でないと足場を掛ける工事が何にもなりません。

確実に既存をクリ抜いたことを御客様が確認した方がベターです。

「上からの増打ちで良い」とか、「コークの上に塗装して守れば良い」などと言う

業者では完全な詰め替えを怠る傾向です。

サイディング専用のコーキングであるオートン社のエクシードを使用です。

エクシードは精細な分子構造化の最新最強のサイディングコークです。

大手ハウスメーカーでの標準です。棟梁の命令で全班が使用しています。

補填が終わるとヘラで平滑化します。

ここまでの作業でも綺麗に仕上げるにはセンスと熟練が要ります。

生意気なことを述べますが、

世にはスペックだけの能書き等も多いですが。

塗装やコーキングのような仕事は「まずセンスありき」を痛感します。

コーキングが乾く前に両サイドの養生テープを剥がします。

空のカートリッジ等に巻き付けて剥がします。

ベテランの本現場監督は飛ばして汚さずに実に綺麗に剥がして行きます。

白部分は白色コークを補填。4色分け部分には凹部分のグレー色コークを

補填致しました。当然のことながらコーキングも色分けを致します。

オートン社の推奨では「コークの上に塗料は載せないで、」です。

コークは裸のままにしておきます。

塗料で塗り潰すと3年程度で分離剥離を起こすことがあります。

   

    

◎サイディング外壁塗装のページ

http://pojisan.com/3SDING/3SDNG.htm

◎サイディング意匠編のページ

http://pojisan.com/5SDMJWK/5SDMJWK.htm

       

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

 

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

  

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

    Pot3brg_5®

 

 


一体コンクリート造り家屋の雨戸戸袋の検証撤去工事-相模原市相模大野

2017年06月28日 | 8. 増改等、他、リフォーム工事(22)

相模原市南区相模大野ではゼネコン系一体コンクリート造り家屋の雨戸戸袋

撤去交換工事の検証が行われました。

   

棟梁とシャッター専門棟梁の連携で行われました。

普通の木造家屋とは異なり、コンクリートボックス家屋ですので、

うかつな外し方を行うと家屋本体コンクリートを破損もするので、

危惧しましたが。やってみると意外にシンプルでした。

撤去された部分です。外壁部分が出て来ました。

撤去交換の理由はサビが酷くなって来たからです。

今後はビケ足場を掛けて高圧ジェット洗浄を行い、外壁は関ペ最新の

ダイナミックトップ-紫外線防護ラジカル塗料を施工します。

次に取り付ける新しい戸袋は御客様がネットで購入され取り寄せられました。

最近は奥様主導のリフォーム工事でも、このように建材は御客様がネットで

調達されて施工だけを頼む、のケースも多いです。

    

梱包を解いて取り付け金具等も検証しました。

今日は未だ取り付けられません。塗装完了後に取り付けです。

相模大野は中学生の頃は塾に行っていましたので懐かしい場所です。

小田急上り電車が小田原と江ノ島の両方向から次々と来るので開かずの踏切

でしたが。今は立体交差になりスムースです。

町田の隣ですが頻繁に来ていたのは1975年頃ですから42年前です。

80年代には再開発されていますが、浦島太郎の気分です。

私などは70年代後半までは強く印象付いていますが、

80年代半ば以降は再開発で垢抜けた街、で感ずる変化は薄いです。

   

       

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

 

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

  

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

    Pot3brg_5®


ダイナミックトップ専用下塗り-ダイナミックフィーラ 八王子市川町現場

2017年06月26日 | 1.外壁塗装&特徴的カラー御紹介(136)

関西ペイント独自の紫外線防護技術が新たに3つ入っている「ラジカル塗料」

とも呼称されるダイナミックトップの施工が八王子市川町の御客様現場で

行われています。

今日は同ダイナミックトップ専用に開発された下塗りの厚膜フィーラである

ダイナミックフィーラが施工されました。

こちらの御客様はモルタル外壁ですのでサイディング用途の下塗りではなく

このダイナミックフィーラが正式仕様の下塗りとなります。

  

塗装監督の感想ですと、「ローラーの回転も被り方も良い」、とのことです。

通常、最も使われるモルタル用途の下塗りはホルダーGⅡですが、

ダイナミックトップの施工ではこのダイナミックフィーラが標準になります。

 

お値段-当社取り値では、

◎ホルダーGⅡ-2900円/缶

◎クラフト下塗り-5200円/缶

◎ダイナミックフィーラ-3500円/缶

 

となります。ホルダーGⅡよりも 600円高くなりますが、付着力はより強く、

仕上げ材であるダイナミックトップの紫外線防護性能をフルに引き出す

専用の下塗りです。八王子市川町の本現場では夏場の西日が強く、

ラジカル塗料が最適です。

 

関西ペイントの上記の下塗りは総て単なる密着アップのシーラではなく、

劣化した素地を頑強に補強強化する厚膜フィーラです。

またサイディング用途にはアレス ポリマーレジン厚膜フィーラが

あります。

   

外壁塗装の下塗りから、ここまでバリエーション豊富なのは関西ペイント

だけです。

工事は認定登録専門塗装店のアドバンスペイントに御任せ下さい。

    

◎最新ラジカル塗料ダイナミツクトツプのページ

http://pojisan.com/6advp-DynamicTP/6advp-Dynamictp.htm

  

       

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

 

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

  

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

    Pot3brg_5®


クリアーコートを使わないサイディング外壁凹凸4色分け施工-町田市野津田町現場

2017年06月24日 | 2.サイディング外壁塗装(66)

町田市野津田町で施工中のサイディング凹凸色分け施工の終盤が見えて来ました。

本年は空梅雨傾向であり、6月終盤とは言え、意外に工事は捗っています。

クリアーコートか? 関ペ-サイディング専用塗装工法か?

上写真は関西ペイントのサイディング専用に開発された最初の下塗りである

アレス-ポリマーレジン フィーラがローラーで塗布された状態です。

同下塗りで一度、全体が白くなります。

ポリマーレジンは単なる接着役のシーラとは異なり、脆弱化している下地を

頑強に補強強化する厚膜フィーラです。

  

関西ペイントのサイディング専用塗装工法はもうこの段階で素地補強の勝負

が付きます。

薄いシーラを使うローカルメーカーのサイディング塗装や、果ては薄くて

貧弱なクリアーコート如きとは雲泥の本格正論のサイディング外壁専用の

塗装工法なのです。

塗装前の本御客様サイディングの様子

工事前の御見積り段階で撮った御客様サイディングの写真です。

凹凸3色分けがされてはいますが、南東方向日射を浴びて色褪せが激しく

起こっています。全体的に白ちゃけてしまっています。

凹凸の凹部分も白っぽく変色していて既にインパクトが無くなっています。

     

こんな状態のサイディングにクリアーコートを施工しても綺麗には仕上がり

ません。ムラや修整痕は透明クリアー故、施工後に目立って出て来てしまい

ます。それでもクリアーを提案する塗装業者とは?・・・・・・・

色分け施工に自信が無い????????

細かで繊細な意匠サイディングの塗装には、ほとんどの業者は提案をするのは

耐候力も美観も貧相な透明クリアーが多いのです。

今回-サイディング用途 大ベストセラー仕上げ塗料-セラMシリコンⅢで

凹凸4色分け施工の結果

塗装前の日焼けで白ちゃけた状態から、クッキリ、カラフル、鮮明、

且つ、塗装前よりもボリューム感も出ています。

クリアーコートでは実現できません。

カメラ露出を2段階でそれぞれ2枚を掲載です。

( 露出でイメージは変わってしまう )

 

 

最初に凹部分の関ペ標準色のグレーで全体を塗り、次に凸部分全体6割部分

のオレンジ系で凸部分全体を塗り、次に赤系等での部分塗りを致します。

各カラー配分割合とポジションは施工をする塗装監督のセンスに依存します。

  

カラーは御客様が約40枚近くの関西ペイント発行のA4版塗り板で決められ

ました。

「ここまで塗り分けができるならクリアーコートにしなくて良かった」、

の御言葉が御客様からは出ました。

御客様も御満足をされています。

  

ボリューム感の溢れる仕上がり

意匠美観の治りもさることながら、膜厚みボリューム感が豊かなのも

大きな特徴です。

        ↓

クリアーコートでは膜厚みは貧相

関西ペイントの本格サイディング専用塗装工法ならではのボリューム感

溢れる仕上がりです。基本防水耐候力もそれだけ優れている、と言うことです。

建築作業系塗装職とアート感覚系塗装職

クリアーコートの施工でも地味な下地調整はあり、苦労はそれなりにあります。

ただ塗装職人と言うのは単に建築作業職の範疇のみの次元の人と、ワンランク

もツーランクも意匠美観方向性に踏み込んだ創造力をも持ち合わせている、

アート系塗装職も中には居ます。比較的、若い人に多い傾向 !!

そのような塗装職は付き合いがある同輩塗装職にも、やはり同じレベルの

アート系塗装職が多い傾向で、似たようなレベルの塗装職が応援等で集まって

も来ます。またユニークなアイデアは御客様の思考から出されることもあります。

塗装意匠美観創造を具現化できるアドバンスペイントにお任せ下さい。

    

    

◎サイディング外壁塗装のページ

http://pojisan.com/3SDING/3SDNG.htm

◎サイディング意匠編のページ

http://pojisan.com/5SDMJWK/5SDMJWK.htm

       

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

 

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

  

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

    Pot3brg_5®

 

 

 


リフォームの風景-町田市西成瀬現場

2017年06月22日 | 8. 増改等、他、リフォーム工事(22)

町田市西成瀬の現場では内装リフォームの進行も先が見えて来ました。

壁そのものの雨漏り損傷が三カ所ほどありました。

壁紙の張り替えや床の張り替えも、それらの雨漏りが修繕されて初めて

取り掛かれます。外壁塗装も然りです。

脱衣所等の一部では床にフロアー材の貼り付けも始まりました。

パナソニック製のフローリング材も搬入されました。

我が家の物と同じ物のようです。

壁紙はクロス職が入って既存の物をハガす作業が行われています。

サンゲツ社やリリカラー社の最新のサンプル見本をお持ちしてデザインを選んで

頂いています。

また天井等の白色の物はコストパーフォマンスの良いスタンダードな製品の

ご紹介から致しています。

   

外壁部分や風呂場廻り、台所廻りには漏水腐食もあり、修理に時間も掛かりましたが、

そろそろ外壁塗装も視野に入る時期に来ました。

壁紙等の内装もここ一週間で見違える程になります。

   

   

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

 

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

  

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

    Pot3brg_5®


塗膜厚み8ミリスーパー断熱 Zウォール工法が横浜市戸塚区でスタート

2017年06月20日 | 3. 断熱系外壁塗装(24)

5月に御発注を頂いた横浜市戸塚区の御客様で、業界最高峰断熱外壁塗装-

関西ペイントの Zウォール工法がスタート致しました。

     

ネットで弊社ページを見られ、「Zウォール工法を頼む」と御指定で御見積り依頼を下さった

御客様です。Zウォール工法を施工される御客様は皆様、そのように最初から材料御指定

での傾向が強いです。地域的には広範囲から御見積り依頼を頂きます。

   

専門度の高い提携塗装工事店もあります

アドバンスペイントの本部所在地は町田市ですが。埼玉県南西部、千葉県千葉市、

山梨県、静岡県、神奈川県南東部等にも同じ関西ペイント専門店系の、

提携塗装工事店があります。 ( 営業訪問会社ではなく工事店です )

関ペ特殊材料系の塗装施工は町田市から遠くても御心配無く、御見積りを御申し付け下さい。

御客様家屋は築年数も比較的、浅いですが。リシン面に Zウォールは相性の良い

御選択です。共に高い性能の透湿塗膜だからです。

Zウォール工法を夏場に施工されると、暑さの緩和が実体感できます。

御客様家屋の日射条件を良く検証して暑さが来る面には2ミリほど、スペックよりも

厚く吹き付けます。

    

横浜市戸塚区での施工は昨年9月以来、約9ケ月ぶりです。

都内に通う東海道線が走っている典型的なベッドタウンです。

    

Zウォール工法は知る人ぞ知る、外壁塗装で出来る断熱としては最高峰の物です。

冬場の冷気も遮断します。

横浜市南部の戸塚区、港南区、金沢区、また、横須賀市や三浦市、藤沢市、茅ケ崎市、

平塚市等は藤沢市の三班合同置き場からサボートをしています。

Zウォール吹き付けが得意な塗装監督も居ます。

関西ペイントのスペシャル外壁塗装-Zウォール工法はアドバンスペイントに御任せ下さい。

関ペ正式認定工事店です。

   

断熱外壁塗装のホンモノは関西ペイントの Zウォール工法です。

   

 

◎知る人ぞ知る 8ミリ厚みスーパー断熱外壁塗装-Zウォール工法

http://pojisan.com/2advpZWAll/2advpZwall.htm

   

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

 

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

  

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

    Pot3brg_5®

 

    

 


深刻なサイディング-メクレ浮きを再固定で治める-町田市下小山田現場

2017年06月18日 | 2.サイディング外壁塗装(66)

町田市下小山田町で施工中のサイディング外壁塗装の現場では、南向き正面の

ベランダ下部の深刻な浮きをサイディング固定専門の大工が見事に治めました。

施工前はこのような状態でした。ベランダ上部の笠木からの流水が最下部には

壁を伝って集まって来てサイディング板の底から出張っている内側にも廻り込みます。

   

吸水をしたところに日射が当たって加熱をして、それらを繰り返すと上写真のように

反りが酷くなります。

このように元の通りに一直線に治まりました。

約150本の新規の固定釘が増強されて再固定が成されました。

大手ハウスメーカーの中でも最も緻密性の高いサイディング固定で定評のメーカーの

新築施工経験が豊富な大工が再固定施工を致しました。

吸水と反りの酷い一部の部分は切削も致しました。

外観良く見切り切削施工を致しています。

   

サイデイング外壁に圧倒的に多いドウブチ固定方式は、ある意味、欠陥性の固定方式

とも言われています。

これらは施工されたのは主に昭和末期から平成一桁時代にかけてですが、

日射熱や冷却で固定がどうしても動いてしまいます。

   

欠陥性が指摘され出したのは主に平成17年前後の頃からです。

   

ドウブチ固定方式で完璧性の高い固定を行っているのはハウスメーカーの中でも

数えるほどの数社しかありません。

  

工務店系塗装店-アドバンスペイントでは塗装前にそれらハウスメーカー家屋の

サイディングにも精通した専門大工が僅か2万円から足場全周を歩いて固定釘

点検増設施工を致しています。

これらを怠って塗装やコーキングのみの施工をしても砂上の楼閣の防水塗装工事です。

    

◎サイディング外壁塗装のページ

http://pojisan.com/3SDING/3SDNG.htm

◎サイディング意匠編のページ

http://pojisan.com/5SDMJWK/5SDMJWK.htm

       

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

 

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

  

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

    Pot3brg_5®


最新ガルバ板金瓦-スーパーガルテクトで仕上げ葺き-八王子市南陽台現場

2017年06月16日 | 5. 屋根塗装・葺き替え工事等(40)

八王子市南陽台のスーパー断熱屋根フキカエ改造工事-複層コンパネ断熱通気層工法TM

は最終仕上げ葺き瓦のスーパーガルテクト-ガルバニウム板金瓦も葺かれ、

ほぼ完成間近になりました。

このスーパーガルテクト瓦の下には2センチ通気層、2センチ断熱層が居ます。

雪止めも専用の物が取り付けられました。

スーパーガルテクト-ガルバニウム板金瓦は表面は遮熱加工が成されていて、

裏側には1センチ断熱が付いています。

表面がフッ素加工のバージヨンもあります。

現在、最新且つ最高級クラスのガルバニウム板金瓦です。

シルバー色の部分が1センチ断熱部分です。

軽量瓦の変遷

かってはフキカエでも使われていたコロニアル瓦は平成7年以降は20%前後の

アスベスト混入が禁止されたため、平成8年以降の物は日射熱に弱くなり、

脆弱化で敬遠されるようになりましたが、新築業者の多くはコストの関係から

未だに新築時にはコロニアル瓦を葺いている業者が多いのです。

( コロニアル瓦は既に陳腐化しているのでコストは安価 )

      

中には気の廻る新築業者も居て、新築時からガルバニウム板金瓦を葺くケース

も最近ではあります。最大手ハウスメーカーなどでは瓦型のソーラパネルを

新築時には葺いています。

屋根瓦の葺き替えはガルバニウム板金瓦が当たり前の時代

多くのリフォーム業者、まぁリフォーム業者と言ってみても様々な業者が存在

してはいますが、まず言えるのは、基本的に新築時コロニアル瓦を葺き替える

際に、同じコロニアル瓦をまた葺く業者は現在ではほとんど居ません。

  

現在ではフキカエに用いられる瓦はほとんどが軽量ガルバニウム板金瓦です。

それも裏に1センチ、もしくは2センチ断熱の付いた物です。

屋根専門リフォーム店等でも現在ではそれがスタンダードです。

  

体感可能な断熱は 2.5センチ厚みから

表面遮熱加工程度のコロニアル瓦を葺いたところで夏場ではほとんど涼しくはなりません。

熾烈な真夏日射下での断熱必要厚みの最小スペックは2.5センチから、と大手ハウスメーカー

等では言われています。

私共の複層コンパネ断熱通気層工法TM のプレミアム仕様では断熱はトータル 3センチです。

( 別途に通気分離層も 2センチ在ります )、ここまでやって頂ければ断熱体感は劇的

です。夏場に二階に行く階段の中頃から暑さが顔に当たり始めますが、これが無くなります。

    

また航空機のような気密与圧構造の無い断熱オンリー次元の話ですと、

断熱は厚過ぎてもダメです。

5センチ以上などと言った厚過ぎる断熱は内側の高温も放出し難くなりますから冬場

に問題化もします。また無意味に厚いだけですと断熱材コストパーフォマンスも悪い

のです。ハウスメーカーに拠っては㎡単価コスト10円差勝負の会社もあります。

   

またガルバニウム板金瓦の 1センチ厚み断熱のみに依存した屋根フキカエを行う業者も

居ますが、その程度でも劇的には涼しくはなりません。

酷いのは断熱力の優れている焼き物日本瓦を降ろして、「耐震上良い」と謳ってそのような

葺き替えをやると、二階は間違いなく、たちまち灼熱地獄と化します。

塗装にしろ表面工場加工にしろ、遮熱だのはせいぜい 0.4ミリ程度 ですので、

とても体感出来る涼しさには届きません。屋根遮熱塗料もほんの気休め程度です。

  

シロウトに毛の生えた程度の屋根葺き替えを提案施工する業者が巷には溢れています。

屋根の葺き替えは40年クラス経験の大工が居る、塗装も大工棟梁-直主導のアドバンス

ペイントにお任せ下さい。

八王子市川町でも複層コンパネ断熱通気層工法TM

外壁塗装-関ペ最新ダイナミックトップ の施工がスタートしました

八王子市高尾の奥となりの元八王子にも近い川町は田舎の雰囲気です。

10月になりますと少し奥に行くとリンゴ園なども在りリンゴ狩りも出来ます。

初日の昨日は足場構築が成されました。

梅雨入り宣言は出ましたが雨はほとんど降らない日が続いています。

    

   

◎後悔の無い高完成度 屋根葺き替え-複層コンパネ断熱通気層工法TM

http://pojisan.com/4YNDNGB/4YNDNGB.htm   

  

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

 

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

  

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

    Pot3brg_5®

 


昔の湘南電車のような配色-茅ヶ崎市現場

2017年06月14日 | 1.外壁塗装&特徴的カラー御紹介(136)

茅ヶ崎市松が丘の現場では屋根-アレスクールの塗装、外壁-ダイナミックトップ

共に仕上げ塗り1回目の中塗りが施工されました。

アレスクール-テラコッタ色中塗り塗装の様子です。

白い部分は下塗りのクールプライマーです。

テラコッタ色とはオレンジ色系統のカラーで欧州-地中海地方の屋根で多用

されているカラーです。某社ガルバニウム板金瓦にも標準カラーがあります。

たまたま私が車の中にガルバニウム板金瓦の同色サンプルを持ち合わせて

居ました。御客様ご主人様にそれをお見せしましたら、アレスクール見本帳

の中にもテラコッタ色( 遮熱反射力4レベル )がありましたので、そちらを

御選択されました。

外壁の方はやや濃い目のグリーンを御選択されました。

外壁の方もダイナミックトップの最初の仕上げである中塗り:1回目が塗られ

ました。・・・・・・・、そして、緑とオレンジ系の配色と言いますと・・・・

思い出すのは昔の東海道線の湘南電車です。

茅ヶ崎ですから、・・・・・・・・・、

写真のはやや露出が暗いですが、昭和30年代に走っていた初代の湘南電車です。

私がずっと昔にプラで作って塗装をした物です。未だ家にあります。

  

私は一度だけ、この初代の湘南電車を見たことがありました。

昭和46年に横浜の戸塚に用事で親に連れられて行ったとき、近くを東海道・横須賀線

が頻繁に通っていましたので線路沿いで見ていると、流線型ライクのこの初代湘南電車

が走って来ました。モーター音は昔横浜線や南部線を走っていた63系旧型国電のような

茶色カリント色国電と同じ釣り掛けモーターの古い音を出して走っていたのを覚えてい

ます。当時でさえもう廃止の電車で、回送かなんかで走っていたようでした。

今から40年以上前の小学生の頃の話です。

  

オレンジ色と緑色は、小田原や熱海方向でのミカンとお茶の色を表しているそうです。

   

今のスマートでモダンなステンレスの電車は表情に乏しく無味ですが・・・・・

高度経済成長前の昭和30年代後半は夢々しかった常呂もありました。

バスなんかでも1950年代スタイルはカーブが付いていて表情がありました。

80年代以降からです。スマートだけど画一的で温もりも無くなったのは、

電車の中もこの頃は木製で出来ていて温もりがありました。

    

       

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

 

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

  

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

    Pot3brg_5®


町田市内でサイディング外壁塗装-2現場がスタート

2017年06月12日 | 2.サイディング外壁塗装(66)

地元エリア-町田市野津田町ではサイディング外壁塗装が一昨日、

スタートを致しました。

数ある業者の相見積もりの中からアドバンスペイントを選んで

頂きました。

関西ペイントのサイディング専用塗装工法-セラMシリコンⅢ仕上げで

凹凸3色分けを施工致します。追って本ブログにてレポートを致します。

     

施工が簡単な某社のクリアーコート如きとは基本耐候力、仕上がり美観

は雲泥です。また、クリアーは現在、黄色化問題でメーカーと塗装業者

やユーザーが揉めています。

サイディング凹凸色分けの得意な関西ペイント専門塗装店のアドバンス

に御任せ下さい。

町田市下小山田町でも明日からサイディング外壁塗装工事が

スタート致します。

御発注を頂いて一週間ほどですが、丁度タイミング良くトップ

クラスの一級塗装技能士部隊が開きましたのでスタートです。

御客様にも現在の天候状況を御理解頂きました。

梅雨期の穴場期間

現在、関東・甲信越も梅雨入り宣言は出ましたが、

未だ毎日が雨の本格梅雨期はしばらく先と見られます。

むしろ雲は出て日射は隠れても雨は降らない日々がしばらくは

続きます。また4~5月の毎日降る木の芽菜種梅雨期のシトシト雨

の期間よりも天候は安定します。

この期間は涼しくて塗装工事もはかどる穴場の期間です。

プロの職人は工事のやり方も知っています。

夕方の通り雨はありますが、予報に留意していればタイミング良く

治まります。

  

明日からは他に2現場も町田市近郊ではスタートを致します。

    

  

◎町田市内-施工例のページ

http://pojisan.com/3SF1/3SF.htm

◎関西ペイント-サイディング専用塗装工法

http://pojisan.com/SBDBR/SBD1.htm

◎サイディング外壁塗装のページ

http://pojisan.com/3SDING/3SDNG.htm

◎サイディング意匠編のページ

http://pojisan.com/5SDMJWK/5SDMJWK.htm

       

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

 

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

  

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

    Pot3brg_5®