工務店系塗装店ならではの外壁塗装工事

多摩建設㈱グループ アドバンスペイントDIV工事ブログ
塗装・屋根工事・リフォームを学ばれたい方 必見!!

ヤネ遮熱塗料-アレスクールのフッ素について

2018年12月27日 | 5. 屋根塗装・葺き替え工事等(40)

最近の御見積りで御客様の中にヤネ遮熱塗料-アレスクールのフッ素バージョンに

御興味の方が多いようですので御説明を致します。

 

少し以前ではアレスクール-フッ素には施工性の良い1液タイプがありましたが、

現在では2液タイプのみになっています。

フッ素を塗ると20年楽勝で持つ、の説

コロニアル瓦屋根の塗装はそう頻繁に行うものでもありません。

フッ素なら防水力は確かにシリコンよりも長く持ちます。

この場合の「持つ」のニュアンスが抽象的で微妙です。

これは主に塗装職らが唱えます。

瓦表面に塗膜で防水力を付与すると雨水流水は早く円滑にはなりますが・・・

コロニアル瓦自体が一枚数百円の物ですので瓦を守ることよりも・・・

瓦のみの防水よりもヤネは防水シートと野地板の健全性が重要、の説

これは主に伝統瓦職や大工棟梁らが唱える説です。

ヤネ健全性本質論ですが。

フッ素でもシリコンでもそれほど変わらない、の説に行き付きます。

 

日射による色あせを遅らせたいのならばフッ素を選ぶのも選択肢です。

また物珍しさからフッ素を塗られたい、の方もいらっしゃいます。

 

関ペ認定店アドバンスペイントならば40坪家屋-2缶使用でアレスクールシリコン

よりも6万円高でアレスクール2液フッ素は施工出来ます。

 

 

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

 

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

 

    Pot3brg_5®

ジャンル:
リフォーム
この記事についてブログを書く
« 凹凸色分けを施工したい-横浜... | トップ | 本年ラスト現場の足場も取れ... »