工務店系塗装店ならではの外壁塗装工事

多摩建設㈱グループ アドバンスペイントDIV工事ブログ
塗装・屋根工事・リフォームを学ばれたい方 必見!!

門扉廻り塗装のカラー御決定-町田市内現場

2019年02月05日 | 6. 木/鉄部分塗装(6)

本部隊本年2棟目の町田市内の現場は屋根塗装-アレスクールの中塗りが行われ大詰めを

迎えています。

屋根の塗装はローラー施工でも飛散のリスクはあります。

近隣の車には養生シートを掛けさせて頂きます。

門扉廻りはアルミ鋳物製ですが粉体化が激しく白い粉を吹いています。

塗装は人形ハケと呼ばれる平ハケで擦るように薄く塗ります。

今日は御主人様と奥様が出て来られてカラーを決められました。

足場が取れた最後の方に施工を致します。

 

◎町田市施工例のページ

http://www.pojisan.com/3SF1/3SF.htm

 

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

 

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

 

    Pot3brg_5®


北側の破風板のケレン作業-町田市榛名坂ヒルズ現場

2018年11月01日 | 6. 木/鉄部分塗装(6)

町田市金井の榛名坂ヒルズの御客様現場では北側破風板のケレン作業が行われ

ました。

ほとんど日射の来ない北側の破風板は雨乾きも悪く、流水による浸食剥離が

起っていました。金属で擦って浮いている塗膜を落とす作業が行われました。

もう少しで白い部分の軒天にも流水浸食が起る手前の状態でした。

 

日射の来ない北側は、このような悪い雨乾き故の流水浸食が

起り易いのです。

逆に激しい日射の来る南東や南西側では日射による熱害損傷が

起るのです。

家屋は東西南北4面でそれぞれ異なった傷み方をします。

 

ここ数日、幸いにも雨は降らず各現場は順調に進んでいます。

 

◎町田市施工例のページ

 http://pojisan.com/3SF1/3SF.htm

 

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

 

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

 

    Pot3brg_5®


帯板第一種ケレン試験-木部を塗り過ぎの御客様-町田市金井

2018年07月28日 | 6. 木/鉄部分塗装(6)

5月の終わり頃だったと思いますが。町田市金井の御客様から外壁を含む塗装工事

の御見積り依頼を頂きました。

他の3面はかなり健全なのですが、強い日射の来る南西面のみ帯板が剥離を起こして

いる部分がありました。

帯板が頭から吸水をするのと、激しい日射熱で膨張してしまい剥離が起こっている

ようです。

過去に3回塗装工事

こちらの御客様は平成11年頃に当社で外壁を含む初回塗装を施工されました。

その後、現在まで2回、計3回の塗装をされています。

他社でもです。

 

あまり塗装をし過ぎて塗膜に厚みを付け過ぎると、このように最初の塗膜から全部

剥がれてしまうことがあります。

ここまで来ると総ケレン工事-第一種ケレンを施工して南西面の木部帯板は一度

塗膜を全部落とさないとダメです。

試験的に剥離剤を使って部分的に第一種ケレンを行いました。

 

剥離剤は余り使いたくないのですが、現在の剥離剤は水で即、中和して無力化

しますので昔のものほど危険度も高くはないのです。

 

他社のせいにするのは姑息な塗装屋の言うことですが。最後の3回目の塗装のときに

もう少し第二種ケレンで良いから念入りに旧塗膜落しを行って頂きたかったものです。

 

またこちらの御客様も先般に御紹介した横帯板頭にモルタル埋め込みの水切り板金を

塗装工事と同時に施工されることとなりました。

新築時には何故か付けられていないので横帯が頭から水を吸います。

埋め込み水切りがあるのと無いのとでは帯板の剥離阻止は大きく違います。

           横帯板-埋め込み水切り板金-当社後付け施工例

 

約20年振りに外壁塗装とヤネ塗装、木鉄塗装の御発注を頂きました。

 

 

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

 

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

 

    Pot3brg_5®


最高級軒天専用塗料-ビルデックで軒天を塗装-町田市野津田現場

2018年03月17日 | 6. 木/鉄部分塗装(6)

今日は天気は好天に恵まれていましたが花粉は多い日でした。

町田市野津田町の現場では養生マスキングも終わり軒天の塗装工程が進みました。

道路側近隣は二軒のお宅まで自動車に飛散付着防止のための養生マスキングを

させて頂いています。工事前に粗品タオル等をお配りして御理解を頂くのと、

毎日取り付け-取り外しを致します。

軒天は基本的にはツヤ消しホワイトになります。

外壁部分との見切り塗りはどうしてもローラーではなくハケで塗ります。

これが綺麗に出来て塗装は本当のプロなのです。

外壁の塗装のときも同じくこの部分はハケで塗ります。

根強い信仰力のビルデック軒天材

私共アドバンスペイントでは軒天塗料は大日本塗料のビルデックが標準です。

軒天専用塗料としてはグレード・御値段共に最高級クラスです。

 

この塗料は弱溶剤希釈です。

 

軒天材の使用にあたり関西ペイントや日本ペイントからも勿論、専用材は出て

はいますが。それらは水性ばかりです。

現在では水性反応硬化技術は大きく進歩していますので確かに使っても良いとは

思いますが、塗装の親方連中の間では軒天に関しては溶剤型のビルデック信仰に

は根強いものがあります。

 

溶剤型とは言ってもビルデックは第三種有機溶剤の一番弱いシンナー希釈です。

これは初回の塗り替えには勿論、既存塗膜が水性の場合でも一定年月が経っていれば

対応が可能なのです。

むしろ水性を何度も塗り重ねる方が剥離のリスクは高くなります。

こと軒天に関しては剥離を起こすと大変だからです。

 

       

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

 

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

  

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

    Pot3brg_5®

 


年明け工事の御客様の破風板の塗装-練馬区の御客様

2017年12月18日 | 6. 木/鉄部分塗装(6)

先月に年明け工事で御発注を頂いた練馬区の御客様のアパートの修繕部分の

破風板塗装に行って参りました。

当社に御見積依頼を頂く前に他の業者さんで修理をされたようですが、

応急処置のようです。

アパートですので年末から既に新規の賃借人候補の方々が見に来られますので

黒色ペイントで応急的にカムフラージュを・・・・、の御要望から、

地面から長柄を使って塗装を致しました。

2メートルほどの長柄を三本継ぎ足して施工です。

先端にローラーが取り付けられます。

一部に未だカスレもありますが、こんな感じにカムフラージュされました。

年初に足場が掛かれば大工が入って綺麗に仕上げ直しを致します。

勿論、塗装もです。

 

師走も後半に入り慌ただしくなって来ました。

工事完了の御客様にお伺いをしたり、年明けスタートの御客様にお伺いを

したり、慌ただしいです。

 

各現場の工事完了目安はイブの前日23日を目指しています。

御見積依頼は28日まで受け付けています。

 

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

 

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

 

    Pot3brg_5®


塗装工事と屋根葺き替え工事が横浜市瀬谷区でスタート

2017年11月13日 | 6. 木/鉄部分塗装(6)

横浜市瀬谷区では先月にネツトで弊社ページを見られて御見積依頼から頂いた

御客様の屋根葺き替え工事と木鉄部分の塗装工事がスタートしています。

今までのコロニアル瓦を降ろして防水シートも交換をしてその上に構造合板

を増す張りしているところです。

この上に更に防水シートを張ってヨコダンガルバと呼ばれる汎用ガルバニウム

板金瓦を葺きます。裏には2センチ断熱が付いています。

御客様の御要望、御予算等から各種瓦を御提案しています。

下屋根はこれから瓦を剥ぐところでした。

実験的にタスペーサーを入れて瓦を踏んでみますと、

御覧のように簡単にパーンと割れてしまいました。

これから剥いで廃材処理にする瓦ですので実験で割ってもかまわない

のですが・・・・・、

超厳密に言えばアスベスト関連の特定化学物質法には若干ですが触れます。

古い窯業材は割るとアスベストは若干でも飛散するからです。

本瓦はこの後、割った割れ目素地を覆ってただちに降ろされて専門廃材業者が

即回収をしました。

コロニアル瓦を剥ぐところの写真です。

写真ほぼ真ん中ラインよりやや下の緑色コケのラインが一枚上の瓦が被っていた

部分であり固定釘が見えます。

固定釘部分は一枚上の瓦で隠れていて保護されているわけです。

 

コロニアル瓦の引き抜き部分交換は御法度

そして怖ろしいのは電気屋とか塗装屋は瓦を踏んで割ると、美観のみを

繕おうとして割れた瓦を治具で引き抜くのです。

そしてホームセンターレベルで買ってきた瓦を無理矢理差し込んで外観

のみを整えて塗装をします。

コロニアル瓦の部分交換です。

 

これを行うと当然のことながら固定の釘部分を引っ張ってしまい、

その下の防水シートをたいていの場合破いてしまいます。

防水シートは内部で滅茶苦茶になります。

外から見た外観は塗装をして色を揃えてしまえば綺麗には見えます。

しかし・・・・・、

防水シートを破損して破いた時点でコロニアル屋根は雨漏りリスクが

大きく上がり駄目になります。生命線は防水シートだからです。

2本の固定釘の上写真を見て頂ければわかると思います。

瓦を動かすと釘部分も引っ張りますよね。

コロニアル瓦の単枚での部分交換は絶対にやってはいけないのです。

また固定釘で固定されている瓦を無理矢理に治具で引っ張って破損

した瓦を専門廃材業者抜きの塗装屋レペルで自前で現場で持ち歩い

たり処理したりする行為も特化物法上はヤバイ行為なのです。

 

東京土建組合で安全衛生教育も受けず、ネットを見ていると不法性

の行為ばかりの塗装屋も居ます。

 

コロニアル瓦の部分的欠損やズレの対策は工務店系塗装店の私共、

アドバンスペイントにお任せ下さい。

 

屋根の御相談は屋根を知り尽くした専門大工がベスト

 大手ハウスメーカーの新築経験は勿論、二ヶ月に1棟の割合で

屋根葺き替え工事を行っている経験豊富な大工棟梁が御相談を

承りアドバイスを致します。

  

◎コロニアル瓦屋根-本当のところ のページ 

http://pojisan.com/2advpYNE/2advpYNE.htm

 

  

◎後悔の無い高完成度 屋根葺き替え-複層コンパネ断熱通気層工法TM

http://pojisan.com/4YNDNGB/4YNDNGB.htm   

  

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

 

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

  

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

    Pot3brg_5®

 


木部破風板を綺麗に仕上げる-町田市金井現場

2017年03月12日 | 6. 木/鉄部分塗装(6)

町田市金井の数棟御一緒施工現場では昨年12月に最初の1棟目の御客様を

施工してから、今月に入り同並び4棟目の御客様からも御発注を頂きました。

現在は3棟目の御客様を施工中です。

好評を頂く同住宅街は今年に入り6棟を外壁塗装施工致しました。

    

同住宅街の中には勿論、私共以外にも様々な塗装業者さんは入っています。

初回塗り替えではない2回目塗り替えの御客様は、基本商売道:アキナイドウ

を外す類の業者さんは、やはり敬遠をされるようではあります。

塗装業者である前にビジネス常識は、・・・・・・やはり・・・・・です。

      

アドバンスペイントの対顧客窓口担当は皆80~90年代には大手メーカー開発技術者が

商売相手だったハイテク業界出身者です。

ヤマハ製ピアノ表面加工の玄関ドアも御隣-前現場と同様に吹き付け仕上げを

行います。外壁や破風/軒天の塗装中は養生をしておきます。

    

ちなみに私は85年頃、浜松のヤマハに半導体ICを売り込みに行ったことがあります。

楽器の部門にです。ウナギが美味しい浜松は楽しみでした。

名古屋から私鉄に乗り換えて行くローランド社にも売り込みに行ったことがあります。

楽器のメーカーです。今はメーカーも研究開発すら・・・、生産も日本ではあまり行い

ません。新興国メーカーと張り合って最後までフラッシュメモリー生産で頑張っていた

東芝までもが現在は左前ですね・・・・・

いよいよ日本の半導体生産はおしまいですかね。

ハイテクや半導体業界からリフォーム業界に転身した人は意外に多く居ます。

破風板部分の塗装は入り済みの部分はローラーも入りませんのでハケで塗装を

します。この種の塗装を塗装業界用語で「ダメ込み」と呼びます。

仕上げ塗りは、やはりローラーでないと綺麗には仕上がりません。

特に破風板は目立つ部分ですので均一感が必要となります。

ローラーでないと均一感は出せません。

同じ町田市金井( 多数棟連続施工の住宅街ではない ) からもネットで弊社の

ページを見られた方から御見積り御依頼を頂き、正式御発注を頂きました。

    

漏水によるベランダ床腐食の御相談も頂き、ツーバイフォー合板を防水シート

でくるんで増す張りする最新ベランダ床工法で修理を致します。

豊富な大手ハウスメーカー新築経験を持つ大工棟梁ならではの-御提案&施工

が可能な修繕工法です。 

     

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

 

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

 ※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

 ※.スパムメール等は自動削除しています。

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

    Pot3brg_5®

   

 


木目は残してムラは消す-難解な玄関ドア塗装-町田市金井現場

2017年03月02日 | 6. 木/鉄部分塗装(6)

町田市金井の現場では玄関ドアの再生塗装が行われました。

          施工前-玄関ドア-加工膜が削げ落ちています

築年数15年を過ぎた御宅では南向き玄関ドアはたいていの場合荒れています。

45度傾斜角度で台風等の海水を含んだ雨水が当たりますので、下部ほど荒れ

ます。特にアイカ工業とヤマハ製のドアは表面加工をピアノ加工等の技術で

製造していますので玄関ドアだけで60万円以上したりします。

   

代替えドアを付けて既存ドアを外して浜松のヤマハの工場に運んでカセイソーダ

で白木に戻してピアノ加工技術で再塗装したりすると、これまた60万円は掛ります

が、6年位経つと再び雨水や日射に当たり同じように荒れて来ます。

  

メンテナンス性やコストパーフォマンスを考えて、且つ美しく仕上がる方法は無いものか?

ピアノ加工よりは美しくなくても現実的レベルで再生出来ないものか?

 

出来ます。

木目は残してムラは消す

以下、完成写真です。

ニスのみの塗装では透明故に木目は残りますがムラも残ります。

ペンキのみですとムラは消えますが風合いの良い木目も一緒に消えてしまいます。

  

私共アドバンスペイントではニス6、調色顔料4 配合を混ぜ合わせて玄関ドアを

塗装致します。それもハケやローラーではなく均一吹き付けで致します。

玄関ドア塗装はハケやローラーではダメです。

吹き付けコンプレッサーを自在に操れる親方が在籍しています。

ニス吹き付け仕上げの性格から鏡のように写真を撮る私の影が写っています。

ヤマハ工場でのピアノ表面加工ほどにはなりませんが、ムラも消えて木目は

ある程度は生きている仕上がりになります。

吹き付けは1工程が完全に乾いてから3~4回行います。

   

御客様からも御満足を頂きました。

玄関ドア塗装を別途で請求は致しません。

外壁、木鉄部分、屋根塗装施工の場合は込みで一緒に致しています。

  

玄関ドア美観再生で御悩みの方はアドバンスペイントに御任せ下さい。

  

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

 http://www.pojisan.com/

 

 ◎御見積り依頼

  http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

 

関西ペイント専門塗装店として20年実績の弊社に御任せ下さい

アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

各地に施工サテライトを設けています。

  

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、   

 フリーダイアル 0120-819098

 Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

 ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

    Pot3brg_5®

 

 


横浜市青葉区100坪家屋塗り替え工事が遂に完成

2015年03月27日 | 6. 木/鉄部分塗装(6)

外壁は断熱塗料ドリームコートを施工

3月6日のブログでも御伝えした横浜市青葉区の100坪豪邸の

御客様家屋の塗り替え工事は足場が取れて完成しました。

外壁部分はベタ面積が大きく各部位温度差が激しくなる特徴

ですのでシームレス優先で断熱塗料ドリームコートを御勧め

致しました。

   

断熱塗料を単に夏場に涼しくなるだの、省エネ効果のみで

論ずるのは稚劣な業者です。

東西南北4面での内壁の温度差や1面での上下での温度差

が均一であるほど家屋は長持ちするのです。

それ故、こちらの御客様のような1面の面積が大きい家屋

では断熱塗料の効果は大きいのです。

ハウスメーカー新築で家屋最新技術に触れている大工が多数在籍で

家屋特徴を見抜き、最新技術を理解して塗装工事にも率先導入をする

アドバンスペイントに外壁塗装は御任せ下さい。

車庫アトリウム部分の鉄骨も全サビを下塗りで入れて関西ペイントの

最新弱溶剤型シリコンであるパワーマイルドシリコンを2回塗りです。

落ち着いたツヤのパワーマイルドシリコンです。

  

本現場は1級塗装技能士2名体制での施工です。

横浜市青葉区は私共の本部の在る町田市原町田からも近く、

平成7年から鴨志田だけで約50棟、若草台、すみよし台、桂台等でも

約120棟前後の施工実績を頂く地元エリアです 

       

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

http://www.pojisan.com/

 

◎御見積り依頼

http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

    

関西ペイント塗料 / 塗装工法を熟知した弊社に御任せ下さい。

※. アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

  埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

  各地に施工サテライトを設けています。

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

御質問・お見積り依頼等は、   

フリーダイアル 0120-819098

 

Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

 

ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108        

  Pot3brg_5®

 


横浜市青葉区 豪邸現場 鉄骨部にサビ止め施工

2015年03月06日 | 6. 木/鉄部分塗装(6)

3月に入り雨の日が多いですが、横浜市青葉区の現場では

1級塗装技能士2名体制で晴れの合間に工事が続きます。

外壁部分は関西ペイントの断熱塗料ドリームコートの施工が

ほぼ完成しました。下部水切り部分には下塗りの関ペ・ザウルス

錆止めが塗られたところです。ザウルスは施工性も良い1液型

エポキシ系錆止め材で関西ペイントの自信作です。

玄関前から車庫に掛けての鉄骨部分にもザウルス錆び止めが

下塗りとして入りました。

   

鉄部の塗装は下塗り:錆止め1回、中・上塗り:弱溶剤シリコン2回の

塗装工事を現実問題として2回以上施工しますと厚みが付き過ぎて

最下層塗膜から全部剥がれてしまうリスクが上がります。

同施工を3回しますと危ういのです。

3回目の場合は旧塗膜除去等のケレン作業に手間的重点が

置かれます。

  

今回施工の鉄骨部は初回の塗り替えですので錆止めも

ドップリと入れられます。

    

◎高級外壁塗り替え量販店 アドバンスペイント-トップページ

http://www.pojisan.com/

 

◎御見積り依頼

http://pojisan.com/2advpMITSUMORI/2advpMITSUMORI.htm

 

関西ペイント塗料 / 塗装工法を熟知した弊社に御任せ下さい。

 

※. アドバンスペイントは東京都内/多摩地区は勿論、神奈川県全域、

  埼玉県南部、千葉県東部南部、山梨県、静岡県東部迄が施工範囲です。

  各地に施工サテライトを設けています。

※.本ブログ並びに本サイトのコンテンツ権利は当方に帰属しています。

※.スパムメール等は自動削除しています。

 

御質問・お見積り依頼等は、 

フリーダイアル 0120-819098

Eメール: advp8190@mint.ocn.ne.jp

ペイント工事部門 技術本部:東京都町田市原町田2-16-8-108

 ®