吾妻小舎(あづまごや)オフィシャルブログ 吾妻山便り

吾妻山の四季の移ろいや登山道の様子、吾妻小舎の宿泊情報、交通情報などをお知らせします

浄土平・鎌沼周辺の開花情報

2018-06-15 22:08:43 | 季節の移ろい(夏)

                              ©郡川正次


いよいよ梅雨入り。
天気予報を眺めながら、山に行こうか行くまいか、悩む季節がやって来ました。
吾妻小舎は標高が約1580m。
かつては梅雨に入っても、山も小舎も雲の上。
下界は雨でも山に登れば、からりと晴れた上天気を請け負えるくらい
梅雨時の雨とは無縁な場所でした。
しかし、近年は気候変動の影響か
吾妻小舎の標高でも梅雨時はしとしとと雨が続き
寒さでストーブを焚く日も珍しくないほど、気候が変わってきています。


それでも、東北の6月は、高山植物が咲き乱れる最も山が華やかな時季です。
運良く晴れた日には、絶景が待っています

©pukupukuman
<誰もが魅入られる絶景・五色沼>


春の盛りは桃色の花、夏に移ると白い花、秋は黄色と青い花が増えますが
今は白い花の真っ盛り。
浄土平や登山道・桶沼歩道では、ツマトリソウ・マイヅルソウ・イソツツジ・チングルマが咲き
浄土平湿原はワタスゲの果穂が愛らしく風に揺れています。



©松井孝郎
<ツマトリソウ>



©松井孝郎
<イソツツジ>



©松井孝郎
<チングルマ>



©松井孝郎
<風に揺れるワタスゲの果穂>


そして、今年は期待の白い花の大群落出現なるか
いまからドキドキして待っているのがコバイケイソウです。
コバイケイソウは、6、7年の周期で花の当たり年が巡ってきて
当たり年には一面白い花で埋め尽くされるほどです。
コバイケイソウは、鎌沼周辺や鳥子平でも咲きますが
栂平の大群落は見事ですので、ぜひ栂平までお出かけ下さい。
栂平園地へは、吾妻小舎から往復約40分の散歩コースです
小舎からも駐車場からも近いのですが、クマ対策をお願いします




<栂平のコバイケイソウ(2013年)>


前回の当たり年は2013年でしたので、期待しつつ、見守りたいと思います。

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
« ラクダ山~一切経山~鎌沼の... | トップ | 高山植物真っ盛り! ~和名... »
最近の画像もっと見る

季節の移ろい(夏)」カテゴリの最新記事