路地裏のバーのカウンターから見える「偽政者」たちに荒廃させられた空疎で虚飾の社会。漂流する日本。大丈夫かこの国は? 

 路地裏のバーのカウンターから見える「偽政者」たちに荒廃させられた空疎で虚飾の社会。漂流する日本。大丈夫かこの国は? 

【永田町川柳「政界を嗤う」・11.19】:「二階から 古い目薬 効く不思議」

2022-12-03 07:15:30 | 【社説・解説・論説・コラム・連載】

【永田町川柳「政界を嗤う」・11.19】:「二階から 古い目薬 効く不思議」

 『漂流する日本の羅針盤を目指して』:【永田町川柳「政界を嗤う」・11.19】:「二階から 古い目薬 効く不思議」

 ▼二階俊博。83歳。かつて「二階のGNP」といわれた。「義理と人情とプレゼント」。地元・和歌山のミカンを自ら配って恩を売って歩いた。そうやって幹事長まで上り詰めた。

<picture></picture>

 ▼岸田は総裁選で二階を幹事長から降ろしたが、これは二階を煙たがった安倍や麻生の差し金。「二階は終わった」といわれたものの、岸田は支持率低迷の中で再び、二階頼りにかじを切った

 ▼10月末、二階が仲間と中華料理を囲んでいるところに岸田が現れた。表向きには情報交換をしたといわれるが、二階は何もしゃべらず。退席した岸田をさしてボソッと「何しに来たんだ」

 ▼再び隠然たる存在として岸田をコントロールしている。妖怪は死なず。

 元稿:日刊ゲンダイ DIGITAL 主要ニュース 政治・社会 【政治ニュース・連載「永田町川柳「政界を嗤う」」】  2022年11月19日  06:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【永田町川柳「政界を嗤う」... | トップ | 【永田町川柳「政界を嗤う」... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

【社説・解説・論説・コラム・連載】」カテゴリの最新記事