路地裏のバーのカウンターから見える「偽政者」たちに荒廃させられた空疎で虚飾の社会。漂流する日本。大丈夫かこの国は? 

 路地裏のバーのカウンターから見える「偽政者」たちに荒廃させられた空疎で虚飾の社会。漂流する日本。大丈夫かこの国は? 

【政界地獄耳】:開き直りの悪習だけ引き継いだ岸田政権/10.12

2021-10-17 06:48:10 | 【政治とカネ・政党交付金・政治資金・議員歳費・賄賂・後援会名による政治資金...

【政界地獄耳】:開き直りの悪習だけ引き継いだ岸田政権/10.12

 『漂流する日本の羅針盤を目指して』:【政界地獄耳】:開き直りの悪習だけ引き継いだ岸田政権/10.12 

 ★自民党のしつけの悪さが如実に出たのではないか。菅政権にまとわりつく政治とカネの払拭(ふっしょく)が岸田政権樹立の狙いではなかったのか。19年6月と20年6月の2度にわたってNTTの秘書室長から1人5万円の高額接待を受けていたと週刊誌に報じられたデジタル相・牧島かれんだが、8日の会見で「大臣就任前の一議員として政治活動を行ったものだ。一議員として、いろいろと意見交換をするのは、政治活動の中で大事なことだ」と述べた。接待を意見交換と言い換えることにもうんざりする。前任のデジタル相・平井卓也もIT民間業者との接待から業者選択に至る不規則発言までやり放題だったが、開き直るというあしき慣習だけは引き継いだようだ。

 ★首相・岸田文雄は一体誰に「聞く力」を発揮するのか。「寛容政治」は身内優しいだけなのか、「民主主義の危機」と言いながら安倍菅政治継承するという矛盾をはらむ。「政治とカネ」には一切メスを入れないようだが、牧島の口ぶりは新任の大臣の態度ではなく、まさに政治とカネは先輩にならってまねていくということなのか。民間業者からの高額接待が政治活動と言い張るのならば、最初から料金は政治家側が持つか、割り勘以外は認めない、議員会館に説明に来させればいい。自民党議員の勘違いした態度に閉口する。

 ★立憲民主党自民党に「政治カネ」の説明責任を求めているが、エラそうなことは言えない。岩手1区では党本部が現職優先を理由に階猛を公認予定だが、階は19年2月に自身が総支部長を務める旧国民県連1区総支部の口座に県連の資金4000万円を移し、同5月に3000万円を自分の政治団体に送金させたとし訴訟を立憲の岩手県連が起こしている。つまり身内にも政治カネの問題を抱えている。そのせいか代表質問で党代表・枝野幸男は経済政策に時間を割き、政治カネ問題には触れなかった。安倍菅政権以来の税金使い道不透明さとコロナ禍の大盤振る舞い整理をしない限り経済政策に駒を進めることはできない。(K)※敬称略

 ◆政界地獄耳

 政治の世界では日々どんなことが起きているのでしょう。表面だけではわからない政界の裏の裏まで情報を集めて、問題点に切り込む文字通り「地獄耳」のコラム。けして一般紙では読むことができません。きょうも話題騒然です。(文中は敬称略)

 元稿:日刊スポーツ社 主要ニュース 社会 【コラム・政界地獄耳】  2021年10月12日  07:57:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【政界地獄耳】:多様性の否... | トップ | 【福島県】:大熊町、原発事... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

【政治とカネ・政党交付金・政治資金・議員歳費・賄賂・後援会名による政治資金...」カテゴリの最新記事