改訂!! 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【アルコール中毒】:北大の学生が死亡 サークル懇親会で飲酒

2013-07-31 22:17:30 | 事故・災害
【アルコール中毒】:北大の学生が死亡 サークル懇親会で飲酒

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【アルコール中毒】:北大の学生が死亡 サークル懇親会で飲酒

 北海道大(札幌市北区)は31日、水産学部2年の男子学生(20)が19日夜から20日未明にあった学生団体の懇親会で飲酒し、急性アルコール中毒で死亡したと発表した。北大は「飲酒の強要やイッキ飲みはなかった」としている。事実関係を調査し、学生団体を処分する方針。北海道内では昨年5月、小樽商科大アメリカンフットボール部で男子学生1人が飲酒事故で死亡した。
 北大によると、死亡したのは武道サークルの躰道(たいどう)部員で、応援団や応援吹奏団との合同懇親会が大学近くであった。部員は2次会にも参加し、約30分後に深酔い状態となった。会場で休んだ後、学生会館の自室に仲間2人に付き添われて20日午前2時半に帰宅した。
 しかし、その後連絡が取れず、同じ学生会館に住む友人が同日夜になって確認したところ、死んでいたという。管理人から知らせを受けた札幌北署が調べたところ、死亡推定時刻は20日早朝だった。
 懇親会には1次会51人、2次会42人が参加し、半数近くは未成年だった。合わせてビール40本と焼酎18リットルが出されたが、死亡した学生の飲酒量は不明という。
 躰道は戦後生まれの新しい武道。北大躰道部は3日にヘルシンキで行われる世界大会に出場予定だったが、活動を自粛し、参加を見合わせた。
 事故についてサークル関係者からの連絡はなく、部員の父親からの連絡で大学が把握したのは2日後の22日月曜日で、緊急時の対応に不備があった。西田久美子学務部長は「前途ある学生がこのような形で亡くなり残念。飲酒事故防止対策にこれまでも取り組んできたが、今後、実効性ある中身に見直したい」としている。【千々部一好】
 ※(写真):飲酒で学生が死亡した経緯を説明する北大の西田久美子学務部長(左)=札幌市中央区で2013年7月31日午後3時54分、梅田麻衣子撮影
 元稿:毎日新聞社 ニュースセレクト 社会 【事故・災害】  2013年07月31日  22:17:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

【すばる望遠鏡】:アンドロメダ銀河 構成する星を鮮明に撮影

2013-07-31 20:26:30 | 学術・文学・アート・美術・古典
【すばる望遠鏡】:アンドロメダ銀河 構成する星を鮮明に撮影

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【すばる望遠鏡】:アンドロメダ銀河 構成する星を鮮明に撮影

 国立天文台(東京都三鷹市)は31日、すばる望遠鏡(米ハワイ島)に、世界で最も広い視野を持つ高性能巨大デジタルカメラ(HSC)を設置し、アンドロメダ銀河の全体と構成する星を鮮明に撮影することに世界で初めて成功したと発表した。
 カメラは全長約3メートル、重さ約3トン。満月9個分の広さを一度に撮影でき、画像を拡大しても銀河の一つ一つの星などもはっきりと見ることができる。今後、新しい宇宙地図の作製や、宇宙の大半の質量を占めるとされる暗黒物質(ダークマター)の謎解明に利用する。
 すばる望遠鏡は、標高約4200メートルのマウナケア山頂にあり、HSCは2012年8月に搭載された。【渡辺諒】
 ※(写真):すばる望遠鏡に搭載された超広視野主焦点カメラでアンドロメダ銀河を撮影したファーストライト画像=国立天文台提供
 元稿:毎日新聞社 ニュースセレクト 科学 【天文学】  2013年07月31日  20:26:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント

【中東和平】:交渉再開 オバマ大統領 政権の命運かけ

2013-07-31 17:37:30 | 国際・欧州・中東・アフリカ・北米・南米
【中東和平】:交渉再開 オバマ大統領 政権の命運かけ

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【中東和平】:交渉再開 オバマ大統領 政権の命運かけ

 【ワシントン白戸圭一】イスラエルとパレスチナの和平交渉は30日、約3年ぶりの再開で正式合意した。今後9カ月以内の包括合意を目指すが、ケリー米国務長官が最優先で取り組む和平交渉が再び頓挫すれば、米国の中東への影響力と威信の低下は決定的だ。オバマ政権は中東の混乱の根源ともいえる和平問題に政権の命運をかけて取り組み、中東戦略の抜本的立て直しを図る覚悟のようだ。
 「今年初めの大統領の中東訪問が引き金になった」。カーニー米大統領報道官は30日、記者団に対し、今年3月のオバマ大統領のイスラエル・パレスチナ訪問が、交渉再開に向けた出発点になったとの考えを強調した。
 1期目のオバマ政権は2010年9月に交渉再開を宣言したが、1カ月で頓挫。同盟国イスラエルとの信頼関係が不十分なまま仲介に臨んだ見通しの甘さが原因だった。
 オバマ大統領はこの失敗を教訓とし、2期目最初の外遊でイスラエルを訪問。2国間の同盟関係を強調してイスラエル国民の信頼を得ることを優先し、この信頼を背にネタニヤフ政権に和平交渉での譲歩や妥協を促す戦略にかじを切った。
 30日に交渉再開を発表したケリー長官によると、交渉では聖地エルサレムの帰属やイスラエル・パレスチナの国境線、ユダヤ人入植地への対応など全ての中核的問題が議題だ。今後2週間以内にイスラエル国内かパレスチナ自治区内で次回協議を開催する。
 ケリー長官は交渉の行方が厳しいことを認めている。米国内では悲観論が支配的で、30日の米紙ニューヨーク・タイムズは「米国務省は交渉チームと、失敗した時の計画を立てるチームの二つを持った方がいい」との専門家の言葉を紹介した。
 一方、シブリー・テルハミ米メリーランド大教授は米外交専門誌で、中東和平を重視するオバマ外交は米国益に資すると分析した。
 交渉期限は来年4月末だが、オバマ政権は来年11月初旬に行われる中間選挙を念頭に、選挙前に外交的成果を上げることを意識した可能性もある。
 元稿:毎日新聞社 ニュースセレクト 国際 【中東・アフリカ】  2013年07月31日  17:37:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

「80人新党」12月にも誕生か!? 野党再編キーマンはやっぱりあの人

2013-07-31 17:24:50 | 政党・地域政党・政治団体他
「80人新党」12月にも誕生か!? 野党再編キーマンはやっぱりあの人

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:「80人新党」12月にも誕生か!? 野党再編キーマンはやっぱりあの人

 参院選後の政局の焦点は、民主党と、日本維新の会、みんなの党の3党が絡む、野党再編に絞られてきた。各党内には政界再編に慎重論も根強いが、民主党の細野豪志前幹事長、維新の橋下徹共同代表、みんなの江田憲司幹事長らは野党糾合に意欲的だ。現在の枠組みで新党が誕生すれば80人規模になるとの観測も浮上。最終的には200人新党という見方もあり、永田町地図が激変する可能性もある。
 新党構想をめぐっては、細野、江田両氏と、維新の松野頼久国会議員団幹事長の3人が近く勉強会を発足させる方針だ。維新の橋下氏は「新しい政党を作るなら国会議員が中心になる」と一歩引きながらも、「維新とか、みんなとか、民主党とかいう看板を無くさないとダメだ」と気勢を上げている。
 民主、維新、みんなの3党の衆参両院がすべて新党に参加すれば、214人。二大政党の一角として与党を脅かす勢力になる。
 しかし、民主、みんな両党のトップは新党構想に懐疑的だ。
 民主党の海江田万里代表は「もっと魅力のある野党にしなければならない」として、野党再編よりも党再建に重きを置く姿勢を鮮明にしている。みんなの渡辺喜美代表も「今すぐ政界再編を仕掛けるのは、あまりにも拙速だ。数合わせに終わる」といい、再編派である江田氏と深刻な対立に陥っている。
 各党の政策もバラバラで、消費税増税にはみんなが反対、憲法96条改正には民主党が反対している。維新も石原慎太郎共同代表を中心とした旧太陽の党系議員が、橋下氏としこりを抱えており、新党構想に追随するとはかぎらない。
 政界再編は分裂含みとなりそうだが、細野、橋下、江田各氏らを中心とした枠組みで、新党に参加するのは何人か。
 政治評論家の浅川博忠氏は「70人から80人になる」と見る。旧太陽系を除く維新は40~50人、みんなの江田系は約10人。民主党については「連合の支援なしでは当選できない議員が多い。離党する可能性があるのは細野氏や、前原誠司元代表らを中心とした20人前後」と分析する。
 早ければ、今年12月にも新党が誕生。3年後にもあるとみられる衆参ダブル選までには150人規模に膨れ上がる可能性もあるという。
 しかし、細野、橋下、江田各氏らによる政界再編には悲観論もある。
 政治評論家の小林吉弥氏は「細野氏や江田氏が新党に連れていける議員はほとんどいない」といい、現在の枠組みでは新党構想は頓挫するとの見方を示す。ただ、「衆参ダブル選に向けて、新党は作らざるを得ない」といい、政界再編自体には肯定的だ。
 昨年末の衆院選と、今月の参院選では、野党各党の候補が乱立し、共倒れの憂き目に遭った。維新とみんなも参院選直前まで選挙協力を進めていたが、橋下氏の慰安婦発言で協力は解消された。このため、いつ壊れるともしれない選挙協力ではなく、新党による選挙が不可避というわけだ。
 小林氏は、再編のキーマンに生活の党の小沢一郎代表を挙げ、「小沢氏は、民主党の海江田氏や、輿石東参院議員会長と近く、みんなの渡辺氏、維新の橋下氏とも関係が悪くない。新党の仕掛け人ができるのは小沢氏しかいない」という。
 民主、維新、みんなの3党プラス、生活、社民、みどりの風などの連合で「200人規模の新党も夢ではない」(小林氏)という読みだ。
 果たして、自民党に対抗し得る野党が誕生するのか。それとも、真夏の夜の夢で終わるのか。衆参ダブル選を見据えた虚々実々の駆け引きは、すでに始まっている。
 ※(写真):野党再編に向けた相関図
 ※(表):各党の勢力
 元稿:夕刊フジ 主要ニュース 政治・社会 【政治ニュース】  2013年07月31日  17:25:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

【世界の雑記帳】:肥満対策のLサイズ飲料禁止、NY市が二審でも敗訴

2013-07-31 16:54:30 | 医療・病気・健康・医薬品
【世界の雑記帳】:肥満対策のLサイズ飲料禁止、NY市が二審でも敗訴

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【世界の雑記帳】:肥満対策のLサイズ飲料禁止、NY市が二審でも敗訴

 [ニューヨーク 30日 ロイター] - ニューヨーク市が肥満防止策として施行を決めたラージ(L)サイズの甘味飲料の販売禁止措置は違法だとして飲料業界などが差し止めを求めた裁判で、ニューヨーク州高裁は30日、市側が敗訴した一審判決を支持する判断を下した。
 規制はドリンクのカップサイズ上限を約470ミリリットルに定め、違反した場合は200ドル(約1万9000円)の罰金を科すというもので、施行が予定されていた今年3月12日の前日に州地裁が無効判断を下していた。
 高裁はこの日の判決で、市が決定した同措置が「三権分立という州の原則を逸脱した」と指摘した。判決を受け、ブルームバーグ市長は声明を出し、州最高裁に上告する考えを示した。
 ※(写真):7月30日、ニューヨーク市が肥満防止策として施行を決めたラージ(L)サイズの甘味飲料の販売禁止措置は違法だとして飲料業界などが差し止めを求めた裁判で、ニューヨーク州高裁は市側が敗訴した一審判決を支持する判断を下した。同市で昨年7月撮影(2013年 ロイター/Andrew Burton)
 元稿:毎日新聞社 ニュースセレクト 国際 【米国】  2013年07月31日  16:54:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

「ミヤネ屋」山本太郎の発言をCM中断 ■読売テレビ スポンサーが・・・

2013-07-31 14:55:50 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)
「ミヤネ屋」山本太郎の発言をCM中断 ■読売テレビ スポンサーが「説明文」出す異例事態に

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:「ミヤネ屋」山本太郎の発言をCM中断 

 ■読売テレビ スポンサーが「説明文」出す異例事態に

 大阪の「読売テレビ」が赤っ恥だ。参院選で初当選した俳優・山本太郎(38)のインタビューが途中で打ち切られたことに激怒した視聴者が番組スポンサーに苦情を寄せ、困り果てたスポンサーが、読売テレビに「公平な番組作り」を要請する事態になっているのだ。
 スポンサーに“ダメ出し”されたのは、22日に放送された「情報ライブ ミヤネ屋」。番組では「反原発 山本太郎氏に聞く」と題したコーナーに山本が生中継で登場。山本が「1分」の中継時間を確認した上で、〈テレビとスポンサーの関係〉について発言した途端、画面がCMに切り替わってしまったのである。
 この事態にネットユーザーはすぐに反応。掲示板には、〈読売テレビが報道規制〉〈読売テレビが山本に意地悪〉との書き込みが殺到した。と、ここまではよくある話だが、視聴者の怒りの矛先は番組提供スポンサーの「再春館製薬所」にも“飛び火”。「再春館製薬所」の公式ツイッターには消費者から「不買運動」をうかがわせる書き込みが相次いだ。
 頭を抱えた「再春館」はとうとう、26日には社長室長名で、〈「ミヤネ屋」の放送内容について、お声を寄せていただいた皆様へ〉と題し、〈番組内での発言や進め方については、私どもも違和感を覚えたのも事実〉〈テレビ局に対して公平な番組作りを行っていただけるよう申し入れを行いました〉と表明せざるを得なくなった。
 「スポンサーに配慮してインタビューを打ち切ったのに、逆にスポンサーに迷惑をかけているのだから皮肉な話です。イメージを重要視する化粧品会社にとって、今回の放送に対する苦情の声を無視できないと判断したのでしょう」(放送ジャーナリスト)
 あらためて「再春館製薬所」に聞くと、「ネットや電話で『司会者の発言が不適切』といった意見を寄せた方々に対し、真摯にお答えさせていただきました」(広報)という。
 一方、読売テレビは、コトの経緯を確認する日刊ゲンダイ本紙の質問書に対し、「回答します」(広報担当)としながら、締め切りまでに回答はなかった。残念ながら、スポンサーの忠告は届いていなかったらしい。
 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・経済 【政治ニュース】  2013年07月30日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント

富士登山で「高山病」続出、診療所には3日間で70人

2013-07-31 14:55:40 | 医療・病気・健康・医薬品
富士登山で「高山病」続出、診療所には3日間で70人

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:富士登山で「高山病」続出、診療所には3日間で70人

 ■世界遺産ブームで初心者急増

 <行きの貸し切りバスで酒盛り>
 世界遺産ブームに沸く富士山だが、案の定、高山病に苦しむにわかクライマーが続出している。富士山に3つある診療所のひとつ「富士山衛生センター」(標高3250メートル)は、“日本一標高が高い診療所”として先週26日に開所。開所した途端、例年を上回るペースで高山病の人が訪れている。同センターの医師が言う。
「29日までの3日間で78人が受診していますが、そのうち、高山病は10代と中高年を中心に9割に上る。例年は7割ほどですから、今年は多い。高山病は、体が高地の低酸素状態に対応できず生じるもので、頭痛や吐き気、食欲不振などが主な症状。下山しないと治らないので、酸素吸入後は下山をお勧めします。鎮痛剤は対症療法に過ぎません」
「富士山衛生センター」は、毎年7月下旬から8月20日前後まで25日間開かれている。例年、総受診者は400人ほど。今年は1日30人近くと、全体数も最高になりそうだ。
 ほかの2つの診療所も大体同じ規模だから、富士山全体の患者は2000人に上る可能性も。9割が高山病とすれば、実に1800人だ。
 重症化すると、命を落とす恐れもある厄介な病気だが、“とりあえず富士山”を目指す初心者はお構いなし。ブログやツイッターで、「行きは貸し切りバスで酒盛りだ!」とアピールするツワモノもいる。
「高山病を起こす方の特徴は、薄手のシャツにジーンズ、スニーカー姿といった軽装の方、登り下り含めて8時間という超弾丸ツアーの方です」(前出の医師)
 同センターがある富士宮ルートは、10時間ほどの登山計画を立てるのが一般的。シロウトが2時間も短縮するのは無謀だ。
 かくして、高山病の人が膨れ上がっているのだが、準備が十分でも危ない人がいる。東京都健康長寿医療センターの桑島巌顧問が言う。
「呼吸機能が悪い喫煙者や運動不足の人です。そういう人が集団で登るのは単独登山より危ない。周りの目を気にして、無理しがちなのです」
 そんな登山者のために、24時間、無料で診察する医師も大変だ。
 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・社会 【社会ニュース】  2013年07月30日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

45億円不正引き出し ルーマニア人3人を国際手配

2013-07-31 14:55:30 | 金融・財政ニュース
45億円不正引き出し ルーマニア人3人を国際手配

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:45億円不正引き出し ルーマニア人3人を国際手配

 警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は30日までに、偽造カードを使って、ゆうちょ銀やセブン銀行など都内220カ所のATMから約9億円を引き出したとして、ルーマニア国籍の男3人を国際手配した。直接の逮捕容疑は、今年2月20日、東京都内のコンビニのATMからオマーンの銀行が発行したクレジットカードの偽造カードを使い、1150万円を引き出した疑い。 この事件は、日本など20カ国以上の金融機関のATMから約45億円を不整に引き出した事件の一部。男らはすでに日本を出国している。
 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・社会 【社会ニュース】  2013年07月30日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

【二木啓孝の一服一話】:ゲスト 高野孟さん(下)

2013-07-31 14:55:20 | 学術・文学・アート・美術・古典
【二木啓孝の一服一話】:ゲスト 高野孟さん(下)

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【二木啓孝の一服一話】:ゲスト 高野孟さん(下)
 
 ■たばこは書き物をするときの“踏ん切り”

 <一日の始まりは朝刊のチェックから>
 二木 高野さんの一日は何をすることから始まりますか。
 高野 鳥のさえずりで目が覚めると、配達されたばかりの朝刊をお気に入りの木製テーブルに広げて各紙に目を通すことです。
 このとき欠かせないものが、コーヒーと赤のサインペン、カッター、そして、たばこ。これが“四種の神器”。このうち、一つでも欠けると調子が悪くなるの。中でも、たばこはボクにとってとても大切。おととし、喫煙を“悪”と決めつける国に反発して“抗議の禁煙”を続けていたんです。しばらくすると、すっかり気力が失われて不安な気持ちになってね。結局、仕事をしなくなっちゃった。心配した妻が「あなた、たばこをのんだら」と勧めてくれたおかげで立ち直ることができたんです。
 ボクにとって、たばこは、書き物をするときの“踏ん切り”であり、精神的な“ゆとり”を与えてくれるものです。
<自分のことは自分で決める“成熟社会”の到来>
 高野 厚生労働省は喫煙を“悪”と一つの物差しで決めつけて禁煙キャンペーンを張っているが、これはおかしい。しかも根拠は一部の知見でしかない。私は、かねがねWHO (世界保健機関)も信用できないと疑っていまして。間接喫煙のキャンペーンでは、パッケージにあえてオドロオドロしいシールを使っている。勝手な推測ですが、WHOの事務局長が代わるたびにネガティブキャンペーンを張っている印象が強い。WHOを輝かしい歴史にするためのものじゃないかと、うがった見方をしたくなったくらいです。
 二木 安倍首相は参議院選で勝利し、消費税増税に踏み切るとみられています。わたしは、増税は日本経済に打撃を与えることになりはしないか懸念しています。当初、耳目を集めた金融緩和、財政政策、成長戦略の“3本の矢”はかみ合わないまま時間だけが過ぎ去りました。
 高野 ボクは日本社会はすでに“量”より“質”を高める“成熟社会”に入っているとみています。人々は自分が納得する有意義な人生を送ろうと考えている。お酒やたばこを楽しむのは、個人のたしなみ。国が規制することは慎むべきです。まして「禁煙すれば1年で15万円もトクになる」などというキャンペーンは、国民の意識をまったく分かっていない証しといえるでしょう。
 ▽高野孟(たかの・はじめ)1944年生まれ。東京都出身。早稲田大学第一文学部卒。「インサイダー」編集長。早大客員教授。
 ▽二木啓孝(ふたつき・ひろたか)1949年生まれ。鹿児島県出身。明治大学中退。元日刊現代ニュース編集部長、日本BS放送取締役・解説委員。
 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・社会 【社会ニュース】  2013年07月30日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

【二木啓孝の一服一話】:ゲスト 高野孟さん(上)

2013-07-31 14:55:10 | 学術・文学・アート・美術・古典
【二木啓孝の一服一話】:ゲスト 高野孟さん(上)

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【二木啓孝の一服一話】:ゲスト 高野孟さん(上)

 <“半農半筆”の生活を送る>

 今回のゲストは、1980年代からテレビやラジオ番組などで活躍しているフリーランスジャーナリストの高野孟さん。深夜の「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系)のコメンテーターとして出演。冷静沈着な発言が印象的だった。6年前、拠点を東京都世田谷区から千葉県鴨川市に移して、地元に根づいた活動をしている。
  <町内会の行事に率先して参加。いまは地域の顔役>
 二木 東京育ちの高野さんが都会を離れて鴨川に来られたのはなぜですか。
 高野 実は、鴨川に通いはじめてもう30年になります。こちらには毎月通っていましてね。学生運動のリーダーで「鴨川自然王国」を設立した藤本敏夫さんとの交流がきっかけです。その縁で夫人であり歌手の加藤登紀子さんら仲間の方々と田植えをしたり、木を植えたりして楽しんでいました。大都会とはまったく違う生活に触れるうちに、里山の風景にだんだん惚れ込んでいったわけです。還暦を迎えたころ、鴨川で生活したいと思うようになって、6年前、こちらに引っ越してきました。
 二木 高野さんは、地元の寄り合いに率先して顔を出していますよね。町内会の道普請や草刈り、U字溝、簡易タンクなどの掃除、さらに夏祭りなど各種行事に加わって、地域に溶け込んだ付き合いを続けています。
 高野 ええ、大学の授業やテレビ、ラジオ、講演などで東京に出ても、必ずその日のうちに自宅に戻ります。生活は東京にいた頃と百八十度変わりました。翌日に町内会の用事があったりしますからね、ワッハッハッハ。
──農作業用の服を着た高野さんは、近所の農家のおじさんと見まがうほど周りの風景に溶け込んでいることに驚いた。
 高野 昨年4月から「大山村塾」を始めて座会を開いています。テーマは産廃処理から遺伝子組み換えまでさまざま。著名人を招いた講演会も開いています。いま力を入れているのは、地元・大山千枚田の保存。ここ大山地区は大小375枚の田んぼが見事なまでの景観を保っています。地元の保存会の方々の取り組みが棚田の保全、自然の保全を支えている。棚田に来ると美しい景観を守ることが自然を守ることにつながると痛感します。
 大山千枚田は東京から一番近い棚田として知られ、最近は都会の参加者が増えている。現在、137組の都会の人たちがオーナーとなって貴重な棚田を守る活動に携わっています。これからは、千枚田のような身近な問題で多くの人々を巻き込んだプロジェクトにつなげていきたいですね。
 ▽高野孟(たかの・はじめ)1944年4月17日生まれ。東京都出身。早稲田大学第一文学部卒。「インサイダー」編集長。早大客員教授。
 ▽二木啓孝(ふたつき・ひろたか)1949年生まれ。鹿児島県出身。明治大学中退。元日刊現代ニュース編集部長、日本BS放送取締役・解説委員。
 元稿:日刊ゲンダイ 主要ニュース 政治・社会 【社会ニュース】  2013年07月30日  15:00:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

【熱血!与良政談】:結局わかっちゃいない=与良正男

2013-07-31 13:33:30 | 社説・解説・コラム
【熱血!与良政談】:結局わかっちゃいない=与良正男

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【熱血!与良政談】:結局わかっちゃいない=与良正男

 わかっちゃいるけどやめられないのか。それとも自分たちの置かれている危機的状況が本当にわかっていないのか。参院選に惨敗した民主党のあぜんとする光景が続く。
 なぜ、海江田万里代表は即座に代表辞任を表明しなかったのだろう。有力な後継候補がいないとか、誰がなっても苦境は変わらないとか、誰も手をあげないとか。理由はあろうが、いずれも国民には無関係の党内事情だ。かねて民主党は失敗しても誰も責任を取らない政党だと言われてきたのだ。ここでけじめをつけないことには到底次には進めない。
 細野豪志氏もひとり幹事長を辞めるのではなく体を張って執行部総退陣に持ち込むべきだった。おかげで党内からは「細野氏だけがいいかっこうをしている」といった見当違いの声が出る始末だ。
 選挙中、各地を回って私も感じたのは「民主党にだけは投票しない」というすさまじいばかりの有権者の怒りだった。もはや一種の「嫌悪政党」「忌避政党」になっているといっていい。政権運営への失望だけではない。どうしてうまくいかなかったのか。その後も心底から反省し、謝罪する声が民主党から聞こえず、責任をほおかぶりしていることが大きな要因だと私には思える。
 参院選の東京選挙区で公認を取り消した無所属候補を支援した菅直人元首相に対する処分も党内から異論が出て中途半端に終わった。
 それにしても、現生活の党代表の小沢一郎氏といい、鳩山由紀夫元首相といい、代表経験者が次々と離党や造反行為をする政党とは一体何だろう。かつてトロイカと呼ばれた小沢、鳩山、菅の3氏に輿石東参院議員会長を加えた4人の責任、というより罪は極めて重いと思うのだが、どうやら本人たちはそうは感じていない様子である。
 党内では輿石氏を参院副議長に推す動きがあるそうだ。まさかの「引責昇格」? これまた普通の感覚ではおよそ理解できない。
 所属議員が自分の生き残りでなく党の再生を本気で考えるのなら、かつて英労働党が長い年月をかけてブレア元首相を育てたように、思い切った若返りを図るしかなかろうに。そんな意見も聞こえてこないところをみると、やはり、わかっちゃいないという結論になる。(論説委員)
 元稿:毎日新聞社 東京夕刊 ニュースセレクト 社説・解説・コラム 【熱血!与良政談】  2013年07月31日  13:33:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント

【サンデー時評】:「病室」という空間から見えたこと

2013-07-31 13:31:30 | 社説・解説・コラム
【サンデー時評】:「病室」という空間から見えたこと

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【サンデー時評】:「病室」という空間から見えたこと

 ◇岩見隆夫(いわみ・たかお=毎日新聞客員編集委員)
 七月の某日、炎熱の週末だった。私は都心のK病院で退院手続きをすませ、女房の付き添いでタクシーに乗り、東京駅日本橋口に着いた。杖(つえ)を支えに改札口までゆっくり歩き、
 「車イスを」
 とお願いする。JRの車イス・サービスが完璧なことは、三年前足を骨折した時にお世話になっているので、承知していた。初老の駅員が車イスを押しながら走ってきて、
 「どうぞ」
 と足置きを開いてくれる。イスに腰を沈めた瞬間、やれやれ、これで家に戻れる、格別の気持ちである。
 五月末、末期の肝臓がんを告知され緊急入院した時は、
 〈生きて病院を出ることはないかもしれないな〉
 と腹を括(くく)ったこともあった。医師は、
 「重症だけど、いろいろ(治療の)方法はある」
 と言うだけで、先のことにはあまり触れようとしないから、残された時間ははかりようがない。
 がんの先輩は何人もいるが、なかでも読売新聞グループ会長、渡邉恒雄さんから聞かされた生々しい体験談を思い出す。一九九七(平成九)年三月、渡邉さんは前立腺がんの告知を受けた。のちに出版した『私の履歴書』(日本経済新聞出版社・二〇〇七年刊)のなかに、〈死と向き合う〉の一文がある。
 〈がんとわかって動揺したわけではない。しかし、軍隊から生きて還って、初めての死との対峙だった。……〉
 と書いている。国立がんセンター中央病院での手術を決め、巨人軍オーナーでもあったため入院に先立ち記者会見し、スポーツ紙に手術に至る手記を載せた。
 全摘手術は完全に成功し、担当医の一人は、「五年間は再発しない」と約束、もう一人は「十年後はわからない」と言ったという。渡邉さんはがんセンター中央病院の垣添忠生院長(当時)に問うている。
 「十年後は再発の恐れがあるのですか」
 「がん医療は十年もたてば画期的に進歩するものです。その時には新たな治療法が開発されているでしょう」
 と院長は笑いながら答えたそうだ。
 〈私はがん退治の前途に楽観的だ〉
 と渡邉さんは一文を締め括っていた。現に告知から十六年たったいまも、すこぶるお元気だ。しかし、生命力だけは人それぞれなのだろう。
 ◇部屋に「面会謝絶」の紙 効果は…ほとんどない
 話は変わるが、五十二日間に及んだ入院生活は、初体験ということもあって、相当にこたえた。設備も病院側の対応も申し分ないのだが、次第に閉じ込められている気分に陥っていく。朝、目覚めると、
 「きょうも一日この部屋か」
 と滅(め)入(い)る。退院日が確定した時はうれしかった。
 退院といっても、病状が特に好転したわけではなく、八月末には再入院して再手術が予定されている。それでも、いったん帰宅はありがたい。医師側も〈わがままな患者〉の心理状態を見抜いて、これは帰したほうが治療上もいいと判断したのかもしれない。
 入院生活には意外な面がある。医師は、
 「安静にしてください」
 と言うが、病室の出入りの激しさは、とても安静とはいかない。
 私の場合、まず一日四回の血糖値測定とそのあとのインスリン注射で計八回、一日二回の血圧測定・検温、食事の配膳と引き下げで計六回、食後と就寝前の投薬が計四回、週二回の採血、掃除、ベッドシーツの取り替え、新聞・手紙の配達……そして医師団交代の診察、週に一度は、映画「白い巨塔」で初めて知った、あの教授を先頭にした集団による通称〈回診〉も経験することができた。
 とにかく、看護師を中心に一日三十回前後の出入りがある。各種検査、リハビリの時は、私の方が車イスで部屋を出ていくことになる。
 病院側はそれぞれのスタッフが責任を果たしているのだろうし、患者側も必要なことなら文句のつけようがないが、出入りの回数について病院側が把握しているかどうかは疑問だった。次第に食事もノドを通らなくなる。以前に〈どんぶりめし〉のことを書いたが(第765回)、それだけでもなく、要するに気分が普通でないのだ。
 「病院病にかかったみたい」
 と女房と笑い合った。
 看護師たちの出入りが多いうえに、見舞客が何組か重なったりすると、患者は当然くたびれる。となると治療上まずいのではないか。病院側に相談してみた。原則面会謝絶は続いているのだが、病院側は、
 「それでは、部屋の入り口に『面会謝絶』の紙を貼りましょう」
 と言って、そうしてくれた。しかし、効果はほとんどない。親しい人は平気で入ってくるし、楽しい雑談ができたことも何度もあった。見舞いは患者に余裕があり、客との微妙なイキが合わないと、うまくいかない。私はそれを予感したから、たくさんの方に事前にケイタイで遠慮願った。ご好意に沿わないようで申し訳ないことだが、仕方ない。
 作家の司馬遼太郎さんに〈病気見舞い〉というエッセーがある。
 〈私は、病院にひとを見舞うのがきらいで、ほとんど行ったためしがない。おつらいでしょうとか、お熱はどのくらいです、などというのが、どうもわれながらみえすいているようで、いやなのである。どうせ、病気のつらさは病人にしかわからないと思っている。だからこんども、その人の病院のそばまで所用できていながら、寄らなかった。……〉
 司馬さんのように割り切ればことは簡単だが、私たち凡人の人情はそう単純ではない。ひと目顔を、ひと言お見舞いを、と思うのが普通である。なかには、どんな具合か見てやろう、というヤジ馬根性もあるかもしれないが、それもこれも初めて患者側から体験できて新鮮だった。
 病室という特異な空間、好悪は別にして、なかなか奥が深い。
 <今週のひと言>
 わが郷里・山口の五人殺人鬼、身が細る。
 (サンデー毎日2013年8月11日号)
 元稿:毎日新聞社 東京夕刊 ニュースセレクト 社説・解説・コラム 【サンデー時評】  2013年07月31日  13:31:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント

【大震災】:復興費3兆4270億円、12年度内に使われず

2013-07-31 11:54:30 | 災害・地震・津波・台風・竜巻・地滑り
【大震災】:復興費3兆4270億円、12年度内に使われず

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【大震災】:復興費3兆4270億円、12年度内に使われず

 復興庁は31日、2012年度の東日本大震災復興費9兆7402億円のうち、35・2%にあたる3兆4270億円が同年度内に使われなかった、と発表した。
 同庁によると、未執行割合は11年度(39・4%)より改善されたが、12年度も引き続き30%を超えた。
 残った復興費のうち、既に事業契約が結ばれるなどした2兆2030億円は13年度に繰り越し、予定していた復興事業に充てた。復興計画の策定の遅れや業者不足などで実施が困難になった「不用額」1兆2240億円は、今後の復興特別会計の財源とする。
 12年度予算の主な事業では、がれき処理を行う「災害廃棄物等処理事業費」として7384億円が計上されたが、受け入れ先の選定などに時間がかかり、半分近くの3810億円を13年度予算に繰り越した。
 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 政治 【政策・行政】  2013年07月31日  11:54:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

【参院選】:堀内恒夫氏、参院繰り上げ当選資格…中村氏死去

2013-07-31 11:50:30 | 選挙(衆院・参院・地方首長・議会)
【参院選】:堀内恒夫氏、参院繰り上げ当選資格…中村氏死去

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【参院選】:堀内恒夫氏、参院繰り上げ当選資格…中村氏死去

 中村博彦参院議員の死去に伴い、2010年参院選の自民党比例選名簿で次点のプロ野球・読売巨人軍前監督の堀内恒夫氏(65)が繰り上げ当選の資格を得る。
 ■堀内ほりうち 恒夫つねお 65 自新《1》(元)プロ野球監督▽甲府商高▽甲府市
 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 政治 【政局・選挙・参院選】  2013年07月31日  11:50:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

韓国人遭難、心肺停止の男性をヘリで収容

2013-07-31 11:46:30 | 事故・災害
韓国人遭難、心肺停止の男性をヘリで収容

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:韓国人遭難、心肺停止の男性をヘリで収容

 長野県の中央アルプス・檜尾岳ひのきおだけ(2728メートル)付近を登山中の韓国人パーティーが行方不明になった遭難事故で、長野県警は31日午前8時頃、宝剣岳(2931メートル)西側の沢で30日に発見した心肺停止状態の男性を県警ヘリで収容した。
県警は、パーティーのメンバーとみて男性の身元確認を進めている。
 パーティーは、28日に同県駒ヶ根市側から入山した40~70歳代の男女20人。メンバーとみられる男性3人が低体温症で死亡した。
 元稿:讀賣新聞社 主要ニュース 社会 【事故・災害】  2013年07月31日  11:46:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント