改訂!! 乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:

 在野の政治研究家乾龍が『漂流日本の闇』を斬る! 日々の政治・経済等の時事ニュースの深層を探る。

【柔道五輪代表暴力問題】:「断固非難する」国際柔道連盟が声明

2013-01-31 23:45:50 | 事件・犯罪・疑惑
【柔道五輪代表暴力問題】:「断固非難する」国際柔道連盟が声明

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【柔道五輪代表暴力問題】:「断固非難する」国際柔道連盟が声明

 国際柔道連盟(IJF)は31日、女子日本代表チームでの暴力、パワーハラスメント問題を受けて「IJFはそのような行為に対しては断固非難することを強調する」との声明を発表した。
 ビゼール会長は「(暴力は)われわれのスポーツの礎を築いた嘉納治五郎師範が説いた精神と理念では決してない」と批判。倫理規定に反する行為は罰せられ、必要なあらゆる措置を講じると声明で述べた。
 IJFの広報担当者は「パリで開かれる大会(2月9、10日)に関係者が集まるので、それまでに情報を集めたい」と語った。(共同)
 ※(写真):会見を終え、頭を下げる柔道日本女子代表の園田隆二監督=31日午後、東京都文京区の講道館(大山実撮影)
 元稿:産経新聞社 主要ニュース スポーツ 【格闘・相撲】  2013年01月31日  23:45:50  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

【柔道五輪代表暴力問題】:園田監督が辞意を表明 

2013-01-31 23:45:40 | 事件・犯罪・疑惑
【柔道五輪代表暴力問題】:園田監督が辞意を表明 全柔連の上村会長はJOC強化本部長を辞任

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【柔道五輪代表暴力問題】:園田監督が辞意を表明 全柔連の上村会長はJOC強化本部長を辞任

 ロンドン五輪の代表を含む柔道女子の国内トップ選手15人が、園田隆二代表監督やコーチから暴力やパワーハラスメントを受けたと告発した問題で、園田監督は31日、東京都文京区の講道館で記者会見し、今回の問題を謝罪した上で、引責辞任する意向を表明した。近く全日本柔道連盟(全柔連)に進退伺を出し、全柔連は受理する。
 会見で園田監督は「私の言動により、選手をはじめ皆さまにご迷惑を掛けた。誠に申し訳ありません」と謝罪。自身が強化現場にいることが選手の不安をあおるとして、代表監督を辞任する考えを示した。今月の欧州遠征には同行しない。
 園田監督は、全柔連の調査で明らかになった2010年8月から12年2月までの5件の暴力行為を認めた上で「急いで強化しないといけないという焦りがあった。信頼関係が築けていなかった。私の指導力不足が一番の原因」と語った。
 北京五輪後の08年11月に就任した園田監督に対しては、昨年夏のロンドン五輪で女子柔道が低迷した責任を問う声も強かったが、全柔連は昨年11月に16年リオデジャネイロ五輪までの続投を発表。選手15人の告発により、強化合宿などでの暴力やパワハラが顕在化した同12月以降に聴き取り調査を行った結果、1月19日付で文書による戒告処分としたが、同30日に会見した小野沢弘史専務理事は続投させる方針を示していた。
 しかし、問題がマスコミで大々的に報じられ、暴力行為を伴う威圧的な指導をめぐる議論がスポーツ界全体に波及。大阪市立桜宮高校で、バスケットボール部主将が顧問教諭の体罰を受けた後に自殺した問題とも重なり、社会問題化した。続投に対して世間の批判が強まり、菅義偉官房長官も31日の記者会見で「(暴力は)決して認められる行為ではない。今回の事案は極めて遺憾だ」と述べ、日本オリンピック委員会(JOC)の意向もあって全柔連は一転して辞任を受け入れることになった。
 またJOCは31日、東京都内で理事らを集めた緊急の会議を開き、全柔連会長でもある上村春樹常務理事が申し出た選手強化本部長の辞任を了承した。
 ※(写真):記者会見し、辞意を表明した柔道日本女子代表の園田隆二監督=31日、東京都文京区の講道館(矢島康弘撮影)
 元稿:産経新聞社 主要ニュース スポーツ 【格闘・相撲】  2013年01月31日  22:28:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

【柔道五輪代表暴力問題】:「なり手がいなくなる」 指導者の人材育成に影

2013-01-31 23:45:30 | 事件・犯罪・疑惑
【柔道五輪代表暴力問題】:「なり手がいなくなる」 指導者の人材育成に影

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【柔道五輪代表暴力問題】:「なり手がいなくなる」 指導者の人材育成に影

 集団告発という異例の手法でトップ選手が指導者に「ノー」を突きつけた今回の問題は、指導方法のあり方だけでなく、代表チームを指導する人材の育成に暗い影を落としかねない。
 代表監督の経験を持つある競技団体の指導者は、選手の声が強まる昨今の風潮に「暴力は論外だが、選手のわがままが通り放題だと選手強化が成り立たなくなる」と懸念する。
 プロスポーツと異なり、アマチュアで代表監督を生業とする指導者はほとんどいない。多くは公務員や会社員、大学教員などの肩書を持ち、本職にかかわる時間を削りながらトップアスリートを鍛えているのが実情だ。
 「指導」と「暴力」の境界線はあいまいで、柔道以外でも同種の事案が再発する恐れは少なくない。「代表監督は割に合わない“仕事”というのが今回の正直な印象。このままでは代表監督のなり手がいなくなる」と、この指導者は警鐘を鳴らす。スポーツ基本法では選手の競技力向上を「国の責務」とうたいながら、足場を“善意”で担う指導者の立場は守られているといいがたい。
 ※(写真):柔道女子日本代表への暴力で選手から告発され、記者会見する園田隆二監督(右端)=31日午後、東京都文京区の講道館
 元稿:産経新聞社 主要ニュース スポーツ 【格闘・相撲】  2013年01月31日  22:08:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

【柔道五輪代表暴力問題】:JOCが緊急会議 緊急調査実施へ 

2013-01-31 23:45:20 | 事件・犯罪・疑惑
【柔道五輪代表暴力問題】:JOCが緊急会議 緊急調査実施へ 相談窓口も設置準備

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【柔道五輪代表暴力問題】:JOCが緊急会議 緊急調査実施へ 相談窓口も設置準備

 日本オリンピック委員会(JOC)は31日、東京都内で理事らを集めた緊急の会議を開き、スポーツ現場から暴力を一掃する方針を改めて確認するとともに、選手たちから詳しく事情を聴くため、同日「緊急調査対策プロジェクト」を立ち上げた。メンバーは荒木田裕子氏ら理事4人と弁護士で構成する。竹田恒和会長は「全日本柔道連盟(全柔連)ではなく、JOCに訴えてきたことを重く受け止めている」と話した。
 プロジェクトでは、今後、選手たちが競技団体などに相談できない悩みなどを持ち込める機関を設置する準備も進める。文部科学相から要請された柔道以外の他競技への調査も早急に着手する方針で、竹田会長は各加盟競技団体に暴力行為の有無の確認を求める文書を近く送付し、早急に回答を求める考えも示した。
 また、全柔連を加盟団体審査委員会にかけて組織のあり方などを審査し、処分を検討することも決めた。上村春樹常務理事が務めていた強化本部長の後任は未定。
 ※(写真):園田隆二監督による柔道女子日本代表選手らへの暴力問題で開かれたJOCの緊急会議。左端は全日本柔道連盟の上村春樹会長=31日午後、東京都渋谷区
 元稿:産経新聞社 主要ニュース スポーツ 【格闘・相撲】  2013年01月31日  21:14:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

【柔道五輪代表暴力問題】:「暴力は絶対に許されない」と山下泰裕氏

2013-01-31 23:45:10 | 事件・犯罪・疑惑
【柔道五輪代表暴力問題】:「暴力は絶対に許されない」と山下泰裕氏

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【柔道五輪代表暴力問題】:「暴力は絶対に許されない」と山下泰裕氏

 ■1984年ロサンゼルス五輪男子無差別級金メダリストの山下泰裕氏の話
 残念な気持ちと、被害に遭った女子選手に申し訳ない気持ちでいっぱい。全日本柔道連盟の理事として責任を感じている。この情報を(昨年)10月初めに聞いたときは信じられなかった。園田は選手として頑張り屋だったし、指導者としても情熱はある。でも暴力は絶対に許されない。「やめろ」「まずいぞ」と周りが言える雰囲気がなかったことに問題がある。確かに昔はそういうこと(体罰)もあった。ただ私は受けなかったし、間違っていると思っていた。そういう体質が柔道界に残っているのも事実。柔道は人づくり、人間教育だという嘉納治五郎先生の精神はどこへ行ってしまったのか。勝ち負けだけが全てではない。原点に戻るしかない。
 ※(写真):山下泰裕氏
 元稿:産経新聞社 主要ニュース スポーツ 【格闘・相撲】  2013年01月31日  20:05:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

【柔道五輪代表暴力問題】:告発したかったのは全柔連全体!? 

2013-01-31 23:44:50 | 事件・犯罪・疑惑
【柔道五輪代表暴力問題】:告発したかったのは全柔連全体!? 園田監督は責任を一身に背負ったが… 

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【柔道五輪代表暴力問題】:告発したかったのは全柔連全体!? 園田監督は責任を一身に背負ったが… 

 暴力行為や強い口調を伴った自身の指導について、園田監督は「私の指導力不足です」と一身に責任を背負った。選手に手を上げた行為の裏側にあった心理を問われ「選手に踏ん張ってほしい、壁を乗り越えてほしい」という自立や奮起を促す思いの表れと説明した。 しかし、選手の受け止め方は「暴力」だった。「気持ちが一方通行だったことを(告発文で)突きつけられ、大きな衝撃を受けた」と自戒した。
 柔道界も無為無策だったわけではない。昨年秋に暴力行為の存在を確認した全柔連は、指導法のあり方を改善しようと、トップ選手を含む女子約110人に無記名のアンケート調査を行った。その結果、複数の選手が「指導に威圧的なものを感じる」などと回答した。選手の相談窓口を全柔連強化部に開設したのは、従来の指導法を猛省した園田監督の発案だったとされる。
 それでも選手15人が反旗を翻したのはなぜか。告発文は監督個人に向けられたものではなく、「密室で解決を図ろうとした全柔連への体制批判ではないか」と自省を促す意見がある。
 ロンドン五輪で史上初の金メダルなしに終わった男子は篠原信一監督が引責辞任したのに対し、金1個と期待を裏切った女子は園田監督が留任。責任が棚上げされたまま新強化体制が発足し、昨年9月に持ち上がった選手への暴力問題も当事者間の“和解”で済ませようとした。旧態依然の全柔連執行部への面当てというのだ。
 トップスポーツの強化現場で持ち上がった「暴力」という重大な事案に接しながら、告発文の提出を受けたJOCは対応を全柔連に丸投げし、1カ月以上も“放置”した。全柔連は隠蔽(いんぺい)体質をさらけ出し、統括組織のJOCは当事者意識を欠いた。事はスポーツ界全体の信用を揺るがす問題に膨れあがった。
 全柔連の幹部は「これ(園田監督の辞任)で解決したとは思わない。(告発文の)問題の調査を早急に進めなければならない」と自戒する。事実関係の検証と再発防止策を急ぎたい。どこまでが「指導」で、どこからが「暴力」になるのか線引きの難しい指導法のあり方についても、スポーツ界全体で議論を深め、問題意識を共有する必要があろう。個人の「指導力不足」に罪をなすりつけて、幕を引くべき事案ではない。(森田景史)
 ※(写真):柔道女子日本代表への暴力で選手から告発され、記者会見の冒頭、頭を下げる園田隆二監督=31日午後、東京都文京区の講道館
 元稿:産経新聞社 主要ニュース スポーツ 【格闘・相撲】  2013年01月31日  19:55:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

【柔道五輪代表暴力問題】:全柔連の上村会長はJOC強化本部長を辞任

2013-01-31 23:44:40 | 事件・犯罪・疑惑
【柔道五輪代表暴力問題】:全柔連の上村会長はJOC強化本部長を辞任

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【柔道五輪代表暴力問題】:全柔連の上村会長はJOC強化本部長を辞任
 
 日本オリンピック委員会(JOC)は31日、都内で緊急の理事報告会を開き、全柔連会長でもある上村春樹常務理事が申し出た選手強化本部長の辞任を了承した。
 ※(写真):緊急開催された理事・幹事報告会に出席する上村春樹・JOC常務理事(全日本柔道連盟会長)。カメラのフラッシュに思わず苦笑いを浮かべる場面も=31日午後、岸記念体育会館(大橋純人撮影)
 元稿:産経新聞社 主要ニュース スポーツ 【格闘・相撲】  2013年01月31日  19:39:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

【柔道五輪代表暴力問題】:「決して認められない」 官房長官が遺憾表明

2013-01-31 23:44:30 | 事件・犯罪・疑惑
【柔道五輪代表暴力問題】:「決して認められない」 官房長官が遺憾表明

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【柔道五輪代表暴力問題】:「決して認められない」 官房長官が遺憾表明

 菅義偉官房長官は31日午後の記者会見で、柔道女子日本代表監督による選手への暴力行為に関し「決して認められない行為だ。今回の事案は極めて遺憾だ」と述べた。
 東京都が2020年五輪の招致を目指していることを踏まえ「国際オリンピック委員会(IOC)の評価委員会が3月に東京に来た際に懸念を持たれないよう日本オリンピック委員会(JOC)は迅速に対応すべきだ」と指摘した。
 ※(写真):菅義偉官房長官
 元稿:産経新聞社 主要ニュース スポーツ 【格闘・相撲】  2013年01月31日  18:47:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

【柔道五輪代表暴力問題】:「一方的な信頼関係だった」 園田監督会見

2013-01-31 23:44:20 | 事件・犯罪・疑惑
【柔道五輪代表暴力問題】:「一方的な信頼関係だった」 園田監督会見

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【柔道五輪代表暴力問題】:「一方的な信頼関係だった」 園田監督会見

 ロンドン五輪の代表を含む柔道女子の国内トップ選手15人が、園田隆二代表監督やコーチから暴力やパワーハラスメントを受けたと告発した問題で、園田監督が31日、東京都文京区の講道館で記者会見し、辞意を表明した。会見の様子と一問一答は以下の通り。
 (数多くのカメラのフラッシュがたかれるなか、園田監督が会見場に登場。頭を下げたのち、用意した文書を手に話し始めた)
 「このたびは私の言動により、選手をはじめ皆様方にご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。今回の件で、これ以上強化にたずさわっていくのは難しいと思う。進退伺を出したいと思っている」
 「日本オリンピック委員会(JOC)、全日本柔道連盟が説明している件について、事実経緯はほぼ間違いありません。選手への暴力、暴言で、自分の意図と違う点はあるが、おおむねそういうことがあり、私自身強く責任を感じている。日頃より、選手に対して信頼関係をもってやっていこうと考えていたが、15人の選手が(告発文を)出したということで、一方的な信頼関係だったと深く反省している」
 「来週からの欧州遠征は、こういう立場で選手をみていくことは不安な部分もでてくるので、行きません」
 --2010年8月から12年2月までに5件の暴力があったというのは事実か
 「事実です。ただ、私自身は暴力という観点で選手に手を挙げたという認識は全くなかった。選手に対して、あとひと踏ん張りしてほしい、ここで頑張ってほしい、一つ壁を乗り越えてもらいたいという精神的な部分で手を挙げてしまった」
 --コミュニケーションという部分で、選手との溝はいつごろからできたのか
 「選手とのコミュニケーションについては、練習で厳しくやっている分、どこかで抜いてあげるために合宿中は1回は食事会をして、そこで選手からも要望を出してもらえるようにと思っていた。食事会の席では、選手をリラックスさせ、柔道に対しての思いについても話してくれていると思っていたが、それが一方的な部分だった。一方的な解釈をしていたということだった」
 --辞任しようと思ったのはなぜか
 「一番は選手がどう戦うかであり、どう強くなっていくかが大事だ。それを考えた場合には、お騒がせしている中で私自身がこれ以上続けていくことは、選手にも不安を与え、負担にもなると思った」
 --暴力を受けた選手には、なんと言いたいか
 「本当に申し訳ないと思っている。できれば、直接話したい」
 --どういう状況で暴力をふるったのか
 「力があるけど、練習の中で超えられない壁を自分自身でつくっている選手がいた。そこを何とかしたいという部分で、会話でコミュニケーションを取ろうとしたが、時間が経過するにつれて、自分自身も焦ってしまった。急いで強化しないといけないという焦りの中で、たたくという方向性になってしまった」
 --カッとなって手を出したということではないのか
 「私自身はカッとなって、というよりも、柔道にはタイミングでここだという場面がある。そこで、感情的にたたいているのではなく、このタイミングで鍛えたいという部分のほうが強かった」
 --暴力と“愛のムチの境界をどう考えるか
 「そこらへんの認識がここ数カ月で、選手たちの声を聞いて大きく変えさせられた。たたいてしまうという行為は、暴力になると現在は感じている」
 「指導の中で、選手が恐怖を感じている部分もあるなと気付く部分もあった。ただ、指導者として友達じゃないと一線を引きたい部分と、離れすぎないというところで、指導者が言えば、全部そうだということではないというラインを、自分なりに考えながらやってきたつもりだった」
 --暴力を使わずに指導できなかった原因は
 「私の指導力不足が一番の原因。伝える力というか、どう伝えれば選手はわかってくれるのか、伝える力をもっと持っていればと思う」
 ※(写真):柔道女子代表への暴力で選手から告発され、記者会見で目を閉じて言葉を選ぶ園田隆二監督=31日午後、東京都文京区の講道館
 元稿:産経新聞社 主要ニュース スポーツ 【格闘・相撲】  2013年01月31日  17:48:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。 

コメント

報道の自由度、日本は低下 原発事故「透明性欠く」

2013-01-31 23:38:00 | 国際・欧州・中東・アフリカ・北米・南米
報道の自由度、日本は低下 原発事故「透明性欠く」

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:報道の自由度、日本は低下 原発事故「透明性欠く」

 国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」(本部パリ)は30日、世界各国の報道の自由度ランキングを発表、日本は東京電力福島第1原発事故に関する情報の透明性が欠けるなどとして昨年の22位から大幅に順位を下げ53位とされた。
 リポートは日本について「福島(原発)事故に関わる情報へのアクセスが極端に制限され、透明性を欠いている」と指摘。また「閉鎖的な記者クラブ制度の存在が日本のランキング上位進出を阻んでいる」とした。(共同)
 元稿:産経新聞社 主要ニュース 国際 【欧州・ロシア】  2013年01月31日  23:38:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

【桜宮高2自殺】:生活指導「体罰認めるか、出席停止を」 橋下氏が発言

2013-01-31 23:37:00 | 事件・犯罪・疑惑
【桜宮高2自殺】:生活指導「体罰認めるか、出席停止を」 橋下氏が発言

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【桜宮高2自殺】:生活指導「体罰認めるか、出席停止を」 橋下氏が発言

 大阪市立桜宮高の体罰問題に絡み、橋下徹市長は31日の定例会見で、生活指導の現場での体罰について、「ある程度の有形力の行使を認めるか、それとも一切禁止の代わりに生徒を出席停止とするのか、どちらかの大きな方向性に行かないといけない」と述べた。
 橋下市長はスポーツ指導での体罰は絶対禁止とする一方、全市立学校の調査を行い実態解明が終わるまでは生活指導での体罰について判断を保留しているが、具体的な方策を例示したのは初めて。
 橋下市長は生活指導での体罰の必要性について「何が許されて何がだめなのかは、正直、僕もわからない」と述べた。ただ、桜宮高の体罰問題が発覚して以降、「小中学校の生徒が調子に乗って(何かあったら)『体罰だ』『体罰だ』と言っており、クラス運営で先生が相当悩んでいる」とも指摘。実態調査を踏まえ、学校現場で教員をサポートするためのガイドラインを提示する意向を示した。
 体罰を一切認めない場合には「出席停止やクラスから放り出すような措置をやったらいいじゃないか」と話した。
 橋下市長は過去にいじめ対策として加害者の出席停止や特別施設での更正の必要性に言及したことがある。
 ※(写真):橋下徹大阪市長
 元稿:産経新聞社 主要ニュース ライフ 【教育】  2013年01月31日  23:37:00  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

有害濃霧で高速鉄道停止 中国、「閃光」発生か

2013-01-31 23:02:50 | 外交・中国・台湾・尖閣国有化
有害濃霧で高速鉄道停止 中国、「閃光」発生か

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:有害濃霧で高速鉄道停止 中国、「閃光」発生か

 北京と広東省広州を結ぶ高速鉄道(中国版新幹線)が通る河南省信陽市の信陽東駅周辺で30日、有害物質を含んだ濃霧が原因の故障が発生し、高速鉄道が上下線とも運行を一時停止するトラブルがあった。国営中央テレビなどが31日伝えた。
 乗客は列車の外で「閃光が発生した」などと証言。有害濃霧に含まれる帯電した微粒子が原因で電気系統が故障し、火花などで強い光が発生したもようだ。現場周辺では有害濃霧が原因とみられる光がたびたび目撃されているという。
 北京-広州高速鉄道は昨年12月に全線開通したばかりで、列車が停止したトラブルは初めて。上下計14本の列車に最大約1時間の遅れが出た。
 鉄道当局は故障について「濃霧の影響」と認め、同様のトラブルを防止するため、設備の点検を強化する方針を示した。(共同)
 ※(写真):有害物質を含んだ濃霧に包まれる北京の天壇公園=31日(共同)
 ■大気汚染で屋外活動中止 最大級の上海日本人学校
 元稿:産経新聞社 主要ニュース 国際 【中国・台湾】  2013年01月31日  23:02:50  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

【写真劇場】:中国 大気汚染 マスク必需品 当局は口閉ざす

2013-01-31 23:02:40 | 外交・中国・台湾・尖閣国有化
【写真劇場】:中国 大気汚染 マスク必需品 当局は口閉ざす

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【写真劇場】:中国 大気汚染 マスク必需品 当局は口閉ざす

 天安門に掲げられた毛沢東の肖像がスモッグにかすみ、口元から鼻までをマスクで覆う完全防護スタイルの人々が街を歩く-。
 中国では今、有害物質を含む濃霧の発生が深刻化している。その正体は、自動車の排ガスなどに含まれる微小粒子状物質「PM2.5」。中国環境保護省は1月29日、この有害物質を含む濃霧が日本の国土の3倍以上に当たる約130万平方キロを包み込んでいると発表。「PM2.5」などによる汚染度合を6段階で判定する「大気汚染指数」が、北京、天津、河北省、山東省の都市部を中心に最悪の「深刻な汚染」を記録し、吉林、遼寧両省など東北地方や河南、湖北、陝西(せんせい)、四川各省などの内陸部でも、2番目に悪い「重度の汚染」となった。
 深刻な大気汚染を受け、北京市当局は「外出を控えるなどの自衛」を住民に呼び掛けている。外出しなければならない人にとって今やマスクは必需品で、本格的な防護マスクを着用する実用志向もいれば、洋服とコーディネートしたデザインのものを着用する人も目立つ。
 ぜんそくなどの健康被害が懸念されるが、共同通信によると北京の病院は大気汚染を原因とする患者に関する取材を拒否、上部機関から指示があったと明らかにしたという。
 ≪有害濃霧 街の将来もかすむ≫
 北京では1月29日、街全体がかすんで50メートル先も見えにくい状態になった。薄暗いため車両は日中も点灯。視界不良による空港や高速道路の閉鎖が相次いだ。
 大気汚染の原因は、暖房のための石炭燃焼や自動車の排ガス、工場から排出される煙などが指摘されている。特に自動車の排ガスとの関係が深いとみられる直径2.5マイクロメートル以下の微小粒子状物質「PM2.5」は、肺がんやぜんそくにつながると懸念されている。
 1月29日付の中国紙、中国青年報は全国約7000人を対象に実施した調査結果を掲載、91.4%が「大気汚染が生活に影響を及ぼしている」と回答した。中国青年報は「利益追求を優先する企業が環境対策を怠るケースが依然多く、当局の取り締まりも不十分」と指摘。自家用車の利用を減らすなどの努力も必要と訴えた。
 春節(旧正月)を2月9日に控え、大気汚染が深刻化するとして、春節恒例の爆竹や花火の使用を控えるべきだという意見も出ている。(EX編集部/撮影:ロイター、AP/SANKEI EXPRESS)
 ※(写真):SANKEI_EXPRESS__2013(平成25)年1月31日付EX(16、17面(見開き))
 元稿:産経新聞社 主要ニュース 国際 【中国・台湾】  2013年01月31日  15:41:40  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。

コメント

中国の有害濃霧、日本面積の3倍に 病院取材を制限

2013-01-31 23:02:30 | 外交・中国・台湾・尖閣国有化
中国の有害濃霧、日本面積の3倍に 病院取材を制限

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:中国の有害濃霧、日本面積の3倍に 病院取材を制限

 中国環境保護省は29日、中国で深刻化している有害物質を含んだ濃霧が日本の国土の3倍以上に当たる約130万平方キロを包み込んでいると発表した。北京の病院は大気汚染を原因とする患者に関する取材を拒否、上部機関から指示があったと明らかにした。
 同省によると、北京、天津と河北、山東両省で、6段階の大気汚染指数で最悪の「深刻な汚染」を記録。吉林省など東北地方や河南、湖北、陝西、四川各省など内陸部では2番目に悪い「重度の汚染」となった。
 大気汚染の主要原因となっている車の排ガスなどに含まれる直径2・5マイクロメートル以下の微小粒子状物質「PM2・5」の数値について環境保護省は「28日よりも明らかに悪化している」とした。(共同)
 ※(写真):有害物質含んだ濃霧のため、北京市内の公園でマスクをしながら太極拳をする人たち=29日(共同)
 元稿:産経新聞社 主要ニュース 国際 【中国・台湾】  2013年01月29日  18:16:30  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント

中国、連日有害物質含んだ濃霧 呼吸器系疾患が急増

2013-01-31 23:02:20 | 外交・中国・台湾・尖閣国有化
中国、連日有害物質含んだ濃霧 呼吸器系疾患が急増

 ●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:中国、連日有害物質含んだ濃霧 呼吸器系疾患が急増

 中国各都市で連日、有害物質を含んだ霧が立ち込めている。12日付の中国紙によると、北京市の大気汚染を調べる全ての観測地点で、6段階の大気汚染指数で最悪の「深刻な汚染」を記録した。病院では呼吸器系疾患の外来患者が急増、市当局は住民に外出を控えるよう呼び掛けた。
 北京市は12日も朝から濃霧となり、数百メートル先のビルがかすんで見えない状態。中国メディアによると、河北、河南、湖北3省や天津市でも霧が立ち込め、深刻な大気汚染が続いている。
 専門家によると、霧には多くの有害物質のほか病原菌も付着。気管支炎やのどの炎症、結膜炎などのほか、お年寄りや疾患を抱えた人だと高血圧や脳疾患を誘発する危険があると指摘した。
 北京市の小中学校は11日に体育など戸外活動を中止。外出する際は交通機関を利用するなどした上マスクを着用するようメディアを通じて呼び掛けた。(共同)
 ※(写真):大気汚染で日中でも見通しが悪い北京市内の道路=12日(共同)
 元稿:産経新聞社 主要ニュース 国際 【中国・台湾】  2013年01月13日  00:54:30  これは参考資料です。 転載等は各自で判断下さい。
コメント